528件中 21 - 30件表示
  • 田沼武能

    田沼武能から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    東京都台東区浅草出身。主に世界の現状、子供達の姿を撮影する。東京都立江北高等学校から東京写真工業専門学校に進学。1949年に同校を卒業し、サンニュースフォトスに入社。入社後は木村伊兵衛に師事。翌1950年に日本写真家協会の設立に参加。1953年にサン通信社へ移籍。1959年にフリーランスとなる。1965年から世界の子供達の姿を撮影し始める。1974年5月31日、師匠であった木村伊兵衛が死去。この際、木村のデスマスクを撮影した。1984年から2014年現在まで、黒柳徹子のユニセフ親善大使就任後の親善訪問に毎回同行し、様々な子供達の姿を撮影している。1990年には長年の功績が認められ紫綬褒章を受章。1995年に日本写真家協会会長、東京工芸大学芸術学部写真学科教授にそれぞれ就任。2003年には文化功労者に選ばれている。2015年に日本写真家協会会長を退任。田沼武能 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ユニセフ協会

    日本ユニセフ協会から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    1990年代はじめまで数名しか存在しなかったUNICEF親善大使は、すべてユニセフ本部(ニューヨーク)が任命しその活動をサポートしていた。1984年に任命された黒柳徹子はこの一人だったため、現在もユニセフ本部の一つであるユニセフ東京事務所がその活動をサポートしている。しかしユニセフの事業規模の拡大にともない、途上国にあるユニセフの地域事務所(Regional Office)や現地事務所(Country Office)、そして先進国にあるユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が、本部の承認のもと、それぞれの立場でユニセフ親善大使を任命できるようにした。日本ユニセフ協会 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回NHK紅白歌合戦

    第9回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    紅組司会:黒柳徹子 - 女優第9回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回NHK紅白歌合戦

    第20回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子 - 紅組司会経験者。第20回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • トットチャンネル

    トットチャンネルから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    『トットチャンネル』は、黒柳徹子の自伝エッセイである。1984年10月に新潮社より刊行された。トットチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 夢であいましょう

    夢であいましょうから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    初代ホステスの中嶋弘子が番組冒頭で上半身を右に傾けてお辞儀をするテレビ用の挨拶は、視聴者の話題になった。番組オープニングタイトルは繊維会社で宣伝部に在籍していた吉村祥が担当し、毎回趣向を凝らしていた。中嶋はその後、結婚の為に1965年3月をもって番組を降板。番組が終了するまでの1年間は、レギュラーの黒柳徹子が替わって司会を務めた。そして1966年、番組はフランキー堺をホスト役に据えた『夢をあなたに』に衣替えする形で終了した。夢であいましょう フレッシュアイペディアより)

  • 豊嶋 花

    豊嶋花から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2017年にはテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』で黒柳徹子(清野菜名)の幼少期を演じる。豊嶋花 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    前半部分の「昭和の紅白」では、開始時に出場歌手一同で「東京ブギウギ」を歌い、ピンク・レディーとザ・タイガースが再結成、和田弘とマヒナスターズの再出場、第35回(1984年)への出場を機に歌手業を引退していた都はるみの復活(この年デビュー25周年。この日のみの復帰と発表していたが、翌1990年、歌手活動を完全再開)、この年亡くなった美空ひばりの大親友・雪村いづみが、ひばりの「愛燦燦」を歌うなど様々な話題があった。また、歴代司会者である黒柳徹子・中村メイコ・森光子・藤倉修一・山川静夫・鈴木健二らが紅白についてスピーチをするコーナーも設けられた。松平からスピーチの時間につき「1分間でお願いします」と何度も放送中念を押されたものの、誰1人これを守らず、時間が大幅に押す結果となってしまった。第1部については松平中心に進行がされた。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 向田邦子

    向田邦子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    当時珍しかった留守番電話を早い時期に導入していた。機械に慣れない人々が面白いメッセージを多く残したが、中でも秀逸は黒柳徹子で、一分/一通話のシステムでは足りなかったらしく、特有の早口で九通話連続で吹き込まれていたというものであった。しかし用件には全く触れられておらず「後で直に会って話すわね。」という楽しいオチであったため、消去せずに保存して来客に聞かせて、もてなしの一つとしていた。向田邦子 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    離婚後、新しい挑戦として社会福祉活動「じゃがいもの会」を設立した。デビュー当時より面識があり、社会福祉活動に力を注ぎその前年からユニセフ親善大使の職を拝命されていた黒柳徹子がこれに賛同した。さらに歌手仲間である原田直之、小林幸子、森昌子らが参加した。この「じゃがいもの会」での活動により歌手以外の社会的活動家としての「森内一寛(本名)」の一面が開花し、1998年(平成10年)の長野オリンピックの委員会理事、カンボジア地雷除去キャンペーン活動の発起人、在日外国人を支援援助する社会福祉法人「さぽうと21」の理事など、以後数多くの福祉・社会的活動に参画している。この活動には独立当初の騒動で迷惑を掛けた人々への感謝と贖罪の意味があったと言う。この活動は新しい出会いを作るきっかけともなり、約1年半の交際を経て、1986年(昭和61年)10月1日に昌子と結婚した。昌子はこれを機に歌手を一旦引退。3児を授かり非常に仲睦まじい夫妻の在り方は、一般に理想的な家庭像・夫婦像のイメージとして広く認知されるようになった。森進一 フレッシュアイペディアより)

528件中 21 - 30件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード