364件中 21 - 30件表示
  • なだぎ武

    なだぎ武から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    ちょうどこの様子をTVで見た黒柳徹子は、彼のディラン・マッケイの物まねに魅了され、自身の番組「徹子の部屋」になだぎを友近と共に招いた。黒柳は「長年番組をやっているが、自分の呼びたいゲストを番組スタッフに伝えて出演してもらった事は今まで1度か2度しかした事がない。念願が叶った」と公言。そしてなだぎの芸を絶賛した。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清

    渥美清から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    芸能界の関係者ともプライベートで交際することはほとんどなく「男はつらいよ」シリーズで長年一緒だった山田洋次や、黒柳徹子、関敬六、谷幹一でさえ渥美の自宅も個人的な連絡先も知らず、仕事仲間は告別式まで渥美の家族との面識はなかった。これは渥美が生前、私生活を徹底的に秘匿し、「渥美清=寅さん」のイメージを壊さないためであった。このきっかけは、街を歩いていた時に、見知らぬ男性から「よお、寅」と声をかけられてからの事だと語っている。実生活では質素な生活を送っていたようで、車は一台も所有しておらず、仕事での食事も店を選ばずに適当な蕎麦屋で済ませていたという。渥美清 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    NHKの若者向け音楽番組の先駆け的存在。毎週若手歌手が「ヤング101」として出演、ステージを繰り広げた。司会は関口宏、黒柳徹子ら。中村八大らが音楽監督を務めた。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 向田邦子

    向田邦子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    当時珍しかった留守番電話を早い時期に導入していた。機械に慣れない人々が面白いメッセージを多く残したが、中でも秀逸は黒柳徹子で、一分/一通話のシステムでは足りなかったらしく特有の早口で九通話連続で吹き込まれていたというものであった。しかし用件には全く触れられておらず「後で直に会って話すわね。」という楽しいオチであったため、消去せずに保存して来客に聞かせて、もてなしの一つにした。向田邦子 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・チャップリン

    チャールズ・チャップリンから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2006年に日本チャップリン協会が設立された。名誉会長は黒柳徹子、最高顧問にジョゼフィン・チャップリン、名誉顧問に山口淑子、会長に大野裕之が就任、本部は京都大学にある。2006年3月25日から4月2日まで、「チャップリンの日本」と題して、高野虎市遺品展と国際シンポジウムが京都市で開催され、大きな話題を呼んだ。国際シンポジウムではジョゼフィン・チャップリン、黒柳徹子、チャップリン研究の権威デイヴィッド・ロビンソン、大野裕之、ハリウッドの日系人俳優クライド・クサツらが講演した。2007年3月には、京都市で日本チャップリン協会の主催で、「チャップリンと戦争」と題して、第二回チャップリン国際シンポジウムが開催され、チャップリンの孫のチャーリー・シストヴァリス、市川染五郎、大野裕之らが講演した。第三回にあたる2009年3月には、次男のユージーンが招かれ、父親との思い出を語った。チャールズ・チャップリン フレッシュアイペディアより)

  • 森繁久彌

    森繁久彌から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    記念すべき『徹子の部屋』第1回(1976年2月2日)放送分のゲストである。放送中に突然黒柳徹子の胸を触り、ハプニングシーンとなった。この時の映像は、バラエティ番組で『徹子の部屋』第1回放送シーンが流れるたびに使われる。森繁久彌 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2月2日 - 黒柳徹子司会のトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)放送開始。1976年 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災における放送関連の動き

    東日本大震災における放送関連の動きから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子司会の長寿トーク番組『徹子の部屋』では、2011年7月8日に「被災地ハイチと東北」と題し、ユニセフ親善大使を務める黒柳が東北地方を視察する企画を放送。また、10日の『サンデープレゼント』枠で「大災害の中にも子どもの笑顔〜黒柳徹子のハイチ・東北報告」と題した特別番組を放送した。東日本大震災における放送関連の動き フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    ハイテンション企画のパターンは2通りに大別される。過去13回放送されているハイテンション・ザ・ベストテンは、「ザ・ベストテン」をモチーフにパロディ化したカウントダウン形式によって芸人達のハイテンション芸を楽しむ。司会は浜田(黒タキシード姿)と松本(黒柳徹子の格好をしている)。もう1つはお笑い芸人ドラフト・ハイテンションバトル。松本・浜田チームに分かれ、それぞれのチームのメンバーがハイテンション芸を競う対戦形式によるもの。同様の紅白ハイテンション合戦と合わせ、過去2回放送されている。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

364件中 21 - 30件表示