528件中 31 - 40件表示
  • ミリオンセラー

    ミリオンセラーから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    日本において、第二次世界大戦後で最多の発行部数を持つ一般書籍(辞典・受験参考書等を除く)は『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子)で、単行本・文庫本を合わせて750万部以上を発行。辞典・受験参考書を含めると、『広辞苑』(新村出)や『新明解国語辞典』(山田忠雄)、『試験にでる英単語』(森一郎)など、1000万部を超える発行部数を記録する書籍もいくつか存在する。ミリオンセラー フレッシュアイペディアより)

  • 三宅右近

    三宅右近から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    手話狂言は、日本ろう者劇団(社会福祉法人トット基金付帯劇団)において、「時間が短くて世界に通じる笑いを」というトット基金理事長・黒柳徹子の発案で企画されたもの。能楽にも造詣の深い黒柳徹子は、右近が中学生の頃からの舞台を観ており、その後の和泉家の問題など右近の苦労をよく知っていた。黒柳は、「人の辛さ、苦しさが分かる人。指導者として、素晴らしい人」と、右近に協力を依頼した。三宅右近 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回NHK紅白歌合戦

    第34回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    紅組司会については、当初当時放送中で高視聴率(最高60%)を記録していた連続テレビ小説『おしん』の出演者である田中裕子(ヒロイン)か泉ピン子(ヒロインの母親役)を据える計画があったという(60%の『おしん』、40%の『クイズ面白ゼミナール』で合計100%構想)。しかし最終的には1度はリストから完全に消えていた黒柳徹子が続投することとなった(4年連続起用)。黒柳は司会発表会見で「週刊誌では『気くばり先生』と『おしん』と書かれていたようで…。新鮮味に欠ける私で申し訳ありません」と述べた。一方、黒柳の著書『窓ぎわのトットちゃん』がこの時点で563万部を突破しており、ベストセラー作家同士の両組司会として話題にもなった。黒柳の4年連続、通算5回の紅組司会はいずれも佐良直美に並び史上最多記録である(ただし、黒柳は通算5回の紅組司会に加えて総合司会にも1回起用(第66回)されている)。第34回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回NHK紅白歌合戦

    第67回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    前半ラストはいきものがかりとゆずという共に神奈川県の「路上」から出発したグループの対戦となった。ゆずが歌唱した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は、永六輔(2016年7月7日に逝去)が作詞した坂本九の「見上げてごらん夜の星を」に北川悠仁が詩とメロディを加筆した楽曲。永の追悼企画として、永と親交の深かった黒柳徹子とゆずが対談したVTRが流された。坂本が過去の紅白歌合戦でこの楽曲を歌唱する映像も紹介された。第67回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田有希子

    岡田有希子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    5月31日、音楽番組『ザ・ベストテン』のスポットライト・コーナーに菊池桃子とともに初出演。この時の邦楽ランキングは21位だった(菊池は22位)。岡田が登場していきなり、司会の久米宏はデビュー曲「ファースト・デイト」を「ファースト・レディ」と間違えて紹介し、黒柳徹子も芸名「おかだゆきこ」を「おかだうきこ」と呼び間違えている。7月29日、サンミュージック公設ファンクラブ結成。京王線新宿駅で一日駅長を務めた後、8両編成の特別列車「リトルプリンセス号」で、ファン2,500人と会場のよみうりランドに移動。会場では4,000人のファンと結成式を行った。9月24日に大阪(大阪厚生年金会館)、9月30日に東京(日本青年館)で、岡田自身初のコンサート『恋はじめまして』が開催される。10月8日から翌1985年10月7日まで、ラジオ番組『ちょっとおあずけ』(ニッポン放送)が放送される。この番組は、多くの投稿を紹介したい岡田の希望により、コーナーは設けられていなかった。また、アイドルがパーソナリティを務める番組には珍しく、楽曲選定も岡田自身が全て行なっていた。10月15日に音楽番組『ザ・トップテン』(日本テレビ系列局)で8位、10月18日に音楽番組『ザ・ベストテン』で10位となる。これらの番組に10位以内で出演する事は、岡田が歌手になっての一番の目標だった。岡田有希子 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏 ラジオなんですけど

    久米宏 ラジオなんですけどから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    4月のスペシャルウィークには黒柳徹子が2時間全部を通してゲスト出演していた時期もあった。久米宏 ラジオなんですけど フレッシュアイペディアより)

  • 里見京子

    里見京子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    アナウンサーを志望し、大学在学中の1953年に東京放送劇団の5期生になる。同期に黒柳徹子、横山道代、新道乃里子、幸田弘子、八木光生、木下秀雄、桜井英一、関根信昭、三田松五郎らがいる。里見京子 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    NHKの若者向け音楽番組の先駆け的存在。毎週若手歌手が「ヤング101」として出演、ステージを繰り広げた。司会は関口宏、黒柳徹子ら。中村八大らが音楽監督を務めた。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回NHK紅白歌合戦

    第33回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    両軍司会は3年連続で黒柳徹子・山川静夫(9年連続)が担当。第33回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 旅の香り

    旅の香りから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    出演…野際陽子、中井美穂、氷川きよし、黒柳徹子、萩本欽一、前川清、沢村一樹、ギャル曽根旅の香り フレッシュアイペディアより)

528件中 31 - 40件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード