528件中 51 - 60件表示
  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日系列で平日正午に放送されている長寿トーク番組である。前身の日本教育テレビ(NET)時代の1976年2月2日から、2018年現在、放送43年目を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組である。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤 由貴

    斉藤由貴から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    1987年1月、ドラマ『あまえないでヨ!』(フジテレビ)に主演。スペシャル版が同年9月に放送された。同年8月黒柳徹子の自伝エッセイを映画化した『トットチャンネル』に主演。監督・脚本の大森一樹とは『恋する女たち』(1986年)および『「さよなら」の女たち』(1987年)でもタッグを組んでいる。斉藤は『トットチャンネル』と『恋する女たち』により第11回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。斉藤由貴 フレッシュアイペディアより)

  • 第65回NHK紅白歌合戦

    第65回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子とタモリが第34回(1983年)当時の思い出を語ってスタート。第65回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 探偵!ナイトスクープ

    探偵!ナイトスクープから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子も絶賛した程の名作で、第3回探偵!ナイトスクープアカデミー大賞 主演女優賞作品にも選ばれている。DVD Vol.3に収録。探偵!ナイトスクープ フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    ハイテンション企画のパターンは2通りに大別される。過去16回放送されているハイテンション・ザ・ベストテンは、「ザ・ベストテン」をモチーフにパロディ化したカウントダウン形式によって芸人達のハイテンション芸を楽しむ。司会は浜田(黒タキシード姿)と松本(黒柳徹子の格好をしている)。もう1つはお笑い芸人ドラフト・ハイテンションバトル。松本・浜田チームに分かれ、それぞれのチームのメンバーがハイテンション芸を競う対戦形式によるもの。同様の紅白ハイテンション合戦と合わせ、過去2回放送されている。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • こむぞう

    こむぞうから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    こむぞう内で演じる主なキャラクターに、高松外郎(ういろう)、ロースター秋田、砂肝・アンディ・一郎(ミドリムシ)、うむこ、稲川ウム次、心霊、中野の死神、石田根純一、石坂の浩二、やおいうむいち、日野ウム、ウムどん、ウム西トオル監督、ウム小西、五郎ウム、ウム嶋茂雄、ウム柳徹子、ウムジョージ、所ウムジ、うむっち、ディーン・ウムオカ、アルフレッド・ウムラー、アイドラーウム、佐野屋敷、バブルウム、ハイパーウム、プロフェッショナルウム、ムロさん(渋谷のラジオ公式Twitterより)、ED鬱バブル男爵、射精虫、バブルウムブラザーズ、ウムミリガン、うむこ、ウム沢悠里、ウムヤマひでちゃん、産屋敷ねつたか、ウム(有無)なしき、よかったねーおじさん、ひげアクセル、あってないもんブラザーズ(ヒゲ)、ウム柳徹子、ウムカイ、ウム橋貴明、ロックさま、パクリ王子ぽんぽこ、腰社長、ウング、UMA、Uシェパード、ウム犬、日にちのウム、日付けのウム、SAKURA産フーズ、妖怪照れ隠し、中野の舐め太郎、アニマル舐め太郎、3P舐め太郎、チンコに噛み付いたウム、サンタウム、チンコかじ太郎、高松二郎、駅前おばさん、曲名おじさん、おくちゃん大好き、すいません王子、(隣の)しゃもじ男、ウム肇、ウムスネ夫、こむネットウム太、ウム乙女、サイコウム、ヤジウム、額縁職人、ど真ん中評論家、えせカレー評論家、季節ウム、デブのウム、産後デブ、ノロのウム、黒金玉のウム、こむネットウム太、シラスくん、ウムダンス、うむもとあや、ぶんぶーんウム、ヤム、UMU麻呂、彦、落語家U、ミシュランズのウッシュ、2酒乱ズのウッシュ、加賀屋兄弟のヒゲのほう、門汁消防団のギター(慶三と結成)などがある。こむぞう フレッシュアイペディアより)

  • 山田修爾

    山田修爾から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    代々木西原生まれ。ラジオで育ち、夕食後の家族団らんは六畳の居間にラジオを囲んで、落語やクイズをよく聴いて、落語は覚えてしまうくらいだったという。学校放送では春・夏・冬休みのほうが大好きであり、中でも『マイクさんこんにちは』が大好きだった。『笛吹童子』に『ヤン坊ニン坊トン坊』での黒柳徹子の小猿のトン坊はかわいかったと評価していた。山田にとってラジオとは「想像の世界をよりかき立ててくれる最高の玉手箱だった。」という。ステレオ実験放送では、兄弟先を争って中心の位置を取り合ったが、これがステレオ立体音なのか!?よくわからなかったという。『こども音楽コンクール』に出場した事があり、放送当日は家族が顔をつきあわせて聴いたという。主催は後に入社するTBSであったが、この局に入社するとは思わなかったが、いつも家族の真ん中にラジオがあった時代は決して派手ではないが実のある平穏でいい時代だったような気がすると振り返っている。小学校高学年の頃には、テレビが話題になってきたときに好きだった番組は『デン助劇場』『ひょっこりひょうたん島』『シャボン玉ホリデー』『ピンク・ムード・ショー』。『デン助劇場』では大宮デン助の気っぷが良くて人情家、早とちりでいつも大混乱、ハゲ頭にドロボーひげ、いつも首を振っているところが大好きとなりサインまでもらったことがある。山田にとってテレビとは「娯楽を与えてくれる最高の玉手箱」だったという。大病により小学校6年生の2・3学期を全休する。山田修爾 フレッシュアイペディアより)

  • 静かな緊急事態

    静かな緊急事態から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    ユニセフ親善大使黒柳徹子は、1997年11月、「静かな緊急事態」にあるモーリタニア・イスラム共和国を訪れ、首都ヌアクショット、南部のアレグ、ボーゲ地方を視察している。静かな緊急事態 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子

    徹子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    徹子 フレッシュアイペディアより)

  • MAKE ME HAPPY

    MAKE ME HAPPYから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    シングルの収益は黒柳徹子を通じてユニセフに寄付された。MAKE ME HAPPY フレッシュアイペディアより)

528件中 51 - 60件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード