528件中 61 - 70件表示
  • 井上頌一

    井上頌一から見た黒柳徹子黒柳徹子

    1978年からは芥川也寸志、黒柳徹子が司会のクラシック音楽番組『音楽の広場』に参加。また、この番組以降もこのコンビは各地のコンサートホールで、ガラコンサートを手がけている。井上頌一 フレッシュアイペディアより)

  • 小島清文

    小島清文から見た黒柳徹子黒柳徹子

    メディアにおいては、NHKや民放などのテレビに出演。1991年(平成3年)には、NHKで小島と盟友オーテス・ケーリを主人公とした特集番組『終戦を早めた一枚のビラ』が放映された。1993年(平成5年)には、小島らの戦地での体験を綴った中国放送のラジオ番組『サレンダー 海軍予備中尉小島清文の不戦』が日本民間放送連盟賞の番組部門・ラジオ報道の最優秀賞を受賞した。1995年(平成7年)には『徹子の部屋』に出演し、フィリピン戦線での惨劇を語り、司会の黒柳徹子の涙を誘った。朝日新聞、山陰中央新聞、中国新聞などの終戦記念日特集でも多く取り上げられた。小島清文 フレッシュアイペディアより)

  • 榎木田智子

    榎木田智子から見た黒柳徹子黒柳徹子

    K-MIX時代、昼の番組では落ち着いた語りだが、深夜番組の静岡100マイル倶楽部ではアントニオ猪木や黒柳徹子などの物真似や歌を披露するなど、意外な面を見せている。榎木田智子 フレッシュアイペディアより)

  • うちのざしきわらしが

    うちのざしきわらしがから見た黒柳徹子黒柳徹子

    黒柳徹子のように髪の中にお菓子を入れている。うちのざしきわらしが フレッシュアイペディアより)

  • いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜

    いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜から見た黒柳徹子黒柳徹子

    黒柳徹子のベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』の挿絵でも知られ、死後もなお世代を越えて愛され続けている絵本作家いわさきちひろ。子どもの心の内面を描き続けた55年の生涯は波乱の連続であった。前夫との死別、戦争、病との戦い。27歳で画家として身を立てる決意をしてからその死まで、知人、関係者らの証言を基にその人生を追う。いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜 フレッシュアイペディアより)

  • 善人の条件

    善人の条件から見た黒柳徹子黒柳徹子

    出前のおばさん:黒柳徹子善人の条件 フレッシュアイペディアより)

  • 山田かおり

    山田かおりから見た黒柳徹子黒柳徹子

    2009年2月2日、当日が「徹子の部屋」第1回放送記念日だったことに因んで、メール・FAXのテーマを「りんこの部屋」に設定。りんりん扮する「りんこ」はMC役を務め、黒柳徹子よろしく淡々とした早口を駆使してゲスト役の近藤と“対談”。近藤に対する質問やリクエストを寄せたリスナーの悪ノリもあいまって、近藤を矢継ぎ早の難問奇問と無茶振りで3時間にわたって責め上げた。常套句は「いろいろとご活躍のようで…」。山田かおり フレッシュアイペディアより)

  • ちんぐろ

    ちんぐろから見た黒柳徹子黒柳徹子

    ジャケット撮影はテレビ朝日系「徹子の部屋」のセットで行われ、番組MCの黒柳徹子とメンバー3人が一緒に写っている。ちんぐろ フレッシュアイペディアより)

  • バカの壁

    バカの壁から見た黒柳徹子黒柳徹子

    2006年8月時点での発行部数は419万部。出版科学研究所調べで黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』、J・K・ローリング(松岡佑子訳)の『ハリー・ポッターと賢者の石』、乙武洋匡の『五体不満足』に次ぎ、戦後日本の歴代ベストセラー4位である。教養系新書でこれまでの日本のベストセラーだった永六輔の『大往生』(1994年刊行、岩波新書)の230万部を超えたばかりか、新書全体でもこれまでの日本のベストセラーだった塩月弥栄子の『冠婚葬祭入門』(1970年刊行、光文社カッパホームズ)の308万部をも上回った。バカの壁 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野邦夫

    牧野邦夫から見た黒柳徹子黒柳徹子

    師の伊原宇三郎より「一日十二時間以上描かなければ歴史に残る画家にはなれない」といわれ、生涯教えを守った。だが生前は抽象画の勢いが強い時代のうえ、美術団体に所属せず個展も開かなかったため実力の割に知名度は低かった。そんな折に「芸術新潮」で牧野の作品を知った黒柳徹子が牧野に自分の肖像画を依頼している。むしろ死後に個展やテレビ番組で知名度が上がるようになった。牧野邦夫 フレッシュアイペディアより)

528件中 61 - 70件表示