前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
558件中 1 - 10件表示
  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たテレビ朝日

    テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者、ユニセフ親善大使として知られる。所属事務所は(有)吉田名保美事務所。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た東宝

    舞台出身の俳優との間に演技力の差を感じていたことから、劇団に入りたいと杉村春子に文学座への入団を相談し、1961年に開設された文学座附属演劇研究所に3期生として入所し演技を学ぶ。さらに1970年に出演した東宝のミュージカル『スカーレット』(帝国劇場)でブロードウェイのスタッフとともに仕事をしたことで、もっと勉強したいとニューヨークへの留学を決意する。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たタモリ

    元NHKアナウンサーで女優の野際陽子とは、NHK専属女優時代からの友人。20代の頃から、一緒に飯沢匡主催のフランス語のレッスンに参加したり、同じデザイナーに服を作ってもらったり、プライベートでの時間を沢山共有していた。2000年代以降でも時々一緒に食事に出かけており、年に1度のタモリ宅での食事会に同行したりしている。また、黒柳と親しいことから、『徹子の部屋』にも草創期からゲスト出演しており、2000年代以降、節目・特別版などに招かれている。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た徹子の部屋

    テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者、ユニセフ親善大使として知られる。所属事務所は(有)吉田名保美事務所。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た斉藤由貴

    本人の談によると、東京都世田谷区砧にあるNHK放送技術研究所でのNHKの試験放送で顔の左右を青白に塗り分けて撮影されたという。当時実験段階であったカラー放送の試験撮影のためであり、その様子は斉藤由貴主演の映画『トットチャンネル』(1987年)でも再現された。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た草野仁

    1986年にはTBS『世界・ふしぎ発見!』が放送を開始し、こちらも長寿番組になっており、黒柳は初回から毎回出演している。また、初回から毎回出演している人物は黒柳の他には司会の草野仁のみである(野々村真、板東英二は最初準レギュラーであった。なお、板東は2012年に降板している)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た日本テレビ放送網

    過去のテレビ番組で1番好きだったのは、『世界・ふしぎ発見!』の共演者である草野仁が司会を務めた『ザ・ワイド』(読売テレビ・日本テレビ、1993年4月 - 2007年9月)である。開始当初から毎日欠かさず観ていたという。スケジュールの都合上、昼間に自宅に帰れない時は必ずビデオに撮って後で観ており、最終回のVTRコメント出演では「一番の熱心なファンと思って頂いていいと思います」と語っていた。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た野々村真

    1986年にはTBS『世界・ふしぎ発見!』が放送を開始し、こちらも長寿番組になっており、黒柳は初回から毎回出演している。また、初回から毎回出演している人物は黒柳の他には司会の草野仁のみである(野々村真、板東英二は最初準レギュラーであった。なお、板東は2012年に降板している)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た板東英二

    1986年にはTBS『世界・ふしぎ発見!』が放送を開始し、こちらも長寿番組になっており、黒柳は初回から毎回出演している。また、初回から毎回出演している人物は黒柳の他には司会の草野仁のみである(野々村真、板東英二は最初準レギュラーであった。なお、板東は2012年に降板している)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た満島ひかり

    『トットチャンネル』(新潮社、1984年10月)のち文庫 - 1987年に東宝配給で劇場映画化(主演:斉藤由貴)、2016年にNHKでドラマ化(『トットてれび』、主演:満島ひかり黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
558件中 1 - 10件表示