558件中 91 - 100件表示
  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た田原総一朗

    田原総一朗)『トットちゃんとソウくんの戦争』(講談社、2016年7月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た連続テレビ小説

    そのうち、黒柳が最後に紅組司会を務めた第34回では、当初紅組司会に当時放送中で高視聴率(最高60%)を記録していた連続テレビ小説『おしん』の出演者である田中裕子(ヒロイン)か泉ピン子(ヒロインの母親役)を据える計画があったという。しかし最終的には1度は完全にリストから消えていた黒柳が続投することとなった(4年連続起用)。黒柳は司会発表会見で「週刊誌では『気くばり先生』(鈴木健二。当時NHKアナウンサー)と『おしん』と書かれていたようで…。新鮮味に欠ける私で申し訳ありません」と述べた。一方、『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラー(この時点で563万部)になっていた黒柳と、『気くばりのすすめ』が300万部突破のベストセラーを記録していた鈴木のベストセラー作家同士の両組司会として話題にもなった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た文学座

    テレビ放送の開始を翌月に控えた1953年(昭和28年)1月にテレビ女優第一号の一人として日本放送協会に入局し、NHK放送劇団の一員となる。当初はラジオやテレビの通行人として出演しつつ、テレビの現場を学ぶ。NHK放送劇団、文学座研究所を経てテレビ女優の第一号としてデビューし、放送劇団入社時の面接では「親に言ったらこんなみっともない仕事を(するのはやめろと言われた)…」「こういう世界は騙す人が多いから気をつけろという話を聞く」などの失言を繰り返したのにもかかわらず、合格できたという。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た国際連合児童基金

    1984年より、国際連合傘下のユニセフ(国際連合児童基金)親善大使を務めており、現在でも精力的に活動している(詳細は後述)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たマリー・アントワネット

    その形状から「タマネギ頭」と称される髪型もよく知られているが、大好きなマリー・アントワネットの髪型をモデルにしていると話している。なお、ヘアースタイルの考案者は当時ニューヨークで活躍中だった須賀勇介である。芸能界七不思議の1つと言われるこの髪型については理由があり、毎日髪形を変えると、視聴者の関心が黒柳の髪に集中してしまってゲストの方へ行かない、また襟足が出るので、黒柳の斜め後ろからの画像になっても「ふんふん」と頷く時に髪ばっかり揺れているという絵にならず、首が見えるので少しは人間味がでる、あるいは和装でも洋装でもちょっとアレンジすれば済むなどの理由で固定していると言う。また、髪の毛を小物入れとして活用している。『徹子の部屋』で青山テルマが出演した時に髪の毛の中から飴玉を取り出し、その際に「いつもはお煎餅も入れているんですけど、今日はないわ」とも発言している。また、黒柳に近い関係者によると、黒柳はかなり前から髪の毛をポケットとして使っており、海外に行く時はパスポートや大事な書類も髪の毛の中に入れることもあるという。髪の毛に小物を入れる理由は、子供たちに会った時にプレゼントするためと話す。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た豊嶋花

    清野菜名(子役:豊嶋花) - テレビドラマ『トットちゃん!』(2017年 、テレビ朝日)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た春香クリスティーン

    (徳永進・中川翔子・永江朗・伊勢崎賢治・木村草太・香山リカ・ヨシタケシンスケ・田中優・島田裕巳・小島慶子・春香クリスティーン・辛酸なめ子・竹内薫・最果タヒ・山本敏晴・山極寿一・上坂すみれ・文月悠光・サヘル・ローズ・池澤春菜・加古里子)『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社、2015年5月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た2009年

    池内淳子は、テレビドラマ『甘柿しぶ柿つるし柿』(1969 - 70年 TBS)で共演したことがきっかけで友人となり、同じくこのドラマで競演していた山岡久乃らと共に「老後は同じ老人ホームへ入ろう」と(冗談混じりで)約束する仲となる。二人は同年生まれで、池内もトモエ学園の幼稚園へ通っていた(ただし、黒柳がトモエ学園へ入園するのは小学校入学後なので池内と同時期にトモエへ通っていた訳ではない)共通点もあった。池内は亡くなる前年の2009年まで、『徹子の部屋』へ12回出演する常連ゲストの1人だった。このため没後も、池内のことが『徹子の部屋』で時々話題に上ることがある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た山岡久乃

    池内淳子は、テレビドラマ『甘柿しぶ柿つるし柿』(1969 - 70年 TBS)で共演したことがきっかけで友人となり、同じくこのドラマで競演していた山岡久乃らと共に「老後は同じ老人ホームへ入ろう」と(冗談混じりで)約束する仲となる。二人は同年生まれで、池内もトモエ学園の幼稚園へ通っていた(ただし、黒柳がトモエ学園へ入園するのは小学校入学後なので池内と同時期にトモエへ通っていた訳ではない)共通点もあった。池内は亡くなる前年の2009年まで、『徹子の部屋』へ12回出演する常連ゲストの1人だった。このため没後も、池内のことが『徹子の部屋』で時々話題に上ることがある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た南田洋子

    沢村貞子を母さんと呼んで慕っており、よく自宅を訪れる間柄であった。彼女の甥である津川雅彦や長門裕之、長門の妻である南田洋子らとも交流が深い。2011年5月24日の長門裕之の葬儀告別式では弔辞を読んでいる。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

558件中 91 - 100件表示