558件中 11 - 20件表示
  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た長門裕之

    沢村貞子を母さんと呼んで慕っており、よく自宅を訪れる間柄であった。彼女の甥である津川雅彦や長門裕之、長門の妻である南田洋子らとも交流が深い。2011年5月24日の長門裕之の葬儀告別式では弔辞を読んでいる。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た小川宏

    同じく元NHKアナウンサーの小川宏とは『ジェスチャー』(1955?64年)の頃から知り合いで、黒柳は小川の司会ぶりについて「さらさら流れるから『春の小川』じゃないの」とキャッチフレーズを命名し、その後、小川の代名詞となった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た辛酸なめ子

    (井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子)『憲法を変えて戦争に行こう―という世の中にしないための18人の発言』(岩波書店[岩波ブックレット]、2005年8月、ISBN 4000093576)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た和田アキ子

    番組では、黒柳への信頼などからゲストがそれまで公にしていなかった自身に関する重大事を告白することもある。和田アキ子は「黒柳さんだから申し上げるんですけれど」と、自身の病気が子宮癌だったことを告白し、2003年には大空眞弓が癌に罹患していることを公表している。また、2009年には赤木春恵が乳癌であったことを告白したほか、大山のぶ代が脳梗塞を患っていたことも告白している。さらに、武田鉄矢が初めて鬱病体験を語ったほか、小川宏が自らの自殺未遂・鬱病体験を初めて告白したのも『徹子の部屋』である。2001年には伊原剛志が在日朝鮮人であること、2009年には長門裕之が妻・南田洋子の認知症を告白した。こうした告白は、翌日以降の新聞や雑誌などにニュースとして取り上げられることもある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た飯沢匡

    1954年、NHKラジオ第1で放送され、自身初の主演となったラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』(1954年 - 1957年)が開始した。同番組は日本のラジオドラマ史上初めて大人の女性が子供の声を演じた番組である。「大人でも子どもの声を出せるはずだ」との劇作家・飯沢匡の発案により、NHK始まって以来のオーディションを経て、三男・トン坊役を演じて一躍有名になる。以降も『チロリン村とくるみの木』(1956年 - 1964年)、『ブーフーウー』(1960年 - 1967年)などに出演し、さまざまなキャラクターの声を演じる。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たフジテレビジョン

    1984年3月14日放送のフジテレビ『笑っていいとも!』の名物コーナー「テレフォンショッキング」に出演した際に、「43分間喋り続ける」という伝説を残した(これは、後述する2014年1月14日放送まで最長記録だった)。そのため放送時間がなくなり、「テレフォンショッキング」の後に予定されていたレギュラーコーナー2つのうち1つを潰さなければならなくなり、双方の司会担当者がじゃんけんをして、潰す方を決めた。2005年12月16日には21年ぶりに登場し、またも放送時間内で39分間喋り続けた。2011年7月25日と2014年3月28日にも出演したが、普通のゲストよりやや長い時間程度で終了した。2014年1月14日に出演したとんねるずは48分となり、黒柳が30年間守ってきた記録を更新した。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た讀賣テレビ放送

    過去のテレビ番組で1番好きだったのは、『世界・ふしぎ発見!』の共演者である草野仁が司会を務めた『ザ・ワイド』(読売テレビ・日本テレビ、1993年4月 - 2007年9月)である。開始当初から毎日欠かさず観ていたという。スケジュールの都合上、昼間に自宅に帰れない時は必ずビデオに撮って後で観ており、最終回のVTRコメント出演では「一番の熱心なファンと思って頂いていいと思います」と語っていた。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た日立 世界・ふしぎ発見!

    1986年にはTBS『世界・ふしぎ発見!』が放送を開始し、こちらも長寿番組になっており、黒柳は初回から毎回出演している。また、初回から毎回出演している人物は黒柳の他には司会の草野仁のみである(野々村真、板東英二は最初準レギュラーであった。なお、板東は2012年に降板している)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た泉ピン子

    そのうち、黒柳が最後に紅組司会を務めた第34回では、当初紅組司会に当時放送中で高視聴率(最高60%)を記録していた連続テレビ小説『おしん』の出演者である田中裕子(ヒロイン)か泉ピン子(ヒロインの母親役)を据える計画があったという。しかし最終的には1度は完全にリストから消えていた黒柳が続投することとなった(4年連続起用)。黒柳は司会発表会見で「週刊誌では『気くばり先生』(鈴木健二。当時NHKアナウンサー)と『おしん』と書かれていたようで…。新鮮味に欠ける私で申し訳ありません」と述べた。一方、『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラー(この時点で563万部)になっていた黒柳と、『気くばりのすすめ』が300万部突破のベストセラーを記録していた鈴木のベストセラー作家同士の両組司会として話題にもなった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た野際陽子

    元NHKアナウンサーで女優の野際陽子とは、NHK専属女優時代からの友人。20代の頃から、一緒に飯沢匡主催のフランス語のレッスンに参加したり、同じデザイナーに服を作ってもらったり、プライベートでの時間を沢山共有していた。2000年代以降でも時々一緒に食事に出かけており、年に1度のタモリ宅での食事会に同行したりしている。また、黒柳と親しいことから、『徹子の部屋』にも草創期からゲスト出演しており、2000年代以降、節目・特別版などに招かれている。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

558件中 11 - 20件表示