558件中 21 - 30件表示
  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た中川翔子

    (徳永進・中川翔子・永江朗・伊勢崎賢治・木村草太・香山リカ・ヨシタケシンスケ・田中優・島田裕巳・小島慶子・春香クリスティーン・辛酸なめ子・竹内薫・最果タヒ・山本敏晴・山極寿一・上坂すみれ・文月悠光・サヘル・ローズ・池澤春菜・加古里子)『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社、2015年5月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たジャニー喜多川

    近藤真彦のファンであり、親子のような関係だと自認している。ある時、近藤が「車を欲しいんだけど、タイヤだけでいいから買ってくれないか」と頼まれたんです。タイヤは4つ必要じゃないですか。だから、私がジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん、メリー喜多川さんと久米さんに頼んで4人で買ってあげることにしたんです。久米さんは「何で俺が…」って言っていたけど。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た北大路欣也

    北大路欣也のことを「欣也ちゃん」と呼ぶ。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た楠トシエ

    1958年の『第9回NHK紅白歌合戦』で、紅組司会を初めて務めた。現存している映像の中から、江利チエミと淡谷のり子の歌の音声の紹介の時には、黒柳の曲紹介の音声も一緒に紹介された(後の声と比べると高い声をしている)。当初、番組側は当時常連出場歌手の楠トシエを紅組司会に起用する予定だったが、当時は歌手兼司会が認められておらず、歌手としての出場を希望した楠が紅組司会の打診を断った。楠に続いて打診を受けた黒柳は「歌手の方と付き合いが乏しい」と拒否したが、番組側の説得に応じる形で最終的に引き受けた。なお、この時の黒柳の年齢は25歳であり、当時の紅白における最年少司会記録であった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た大空眞弓

    番組では、黒柳への信頼などからゲストがそれまで公にしていなかった自身に関する重大事を告白することもある。和田アキ子は「黒柳さんだから申し上げるんですけれど」と、自身の病気が子宮癌だったことを告白し、2003年には大空眞弓が癌に罹患していることを公表している。また、2009年には赤木春恵が乳癌であったことを告白したほか、大山のぶ代が脳梗塞を患っていたことも告白している。さらに、武田鉄矢が初めて鬱病体験を語ったほか、小川宏が自らの自殺未遂・鬱病体験を初めて告白したのも『徹子の部屋』である。2001年には伊原剛志が在日朝鮮人であること、2009年には長門裕之が妻・南田洋子の認知症を告白した。こうした告白は、翌日以降の新聞や雑誌などにニュースとして取り上げられることもある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た芳村真理

    1980年代までは、黒柳が司会を担当していた『ザ・ベストテン』と並ぶ音楽番組であったフジテレビ『夜のヒットスタジオ』の芳村真理とは犬猿の仲では、と伝えられていたが、実際はこの2人も1960年代頃からの親友である。芳村は『ヒットスタジオ』司会時に身につける毎回派手な服装が話題になっていた頃、「あなた、いいわねー。必ずカメラにターン(下から上に向かってカメラの角度を変えながら出演者の全影を撮影する手法)してもらえるんだもの。」と黒柳に番組収録で顔を合わせる度に羨ましがれたという(『ミッツ・マングローブの歌声デート』(CS・歌謡ポップスチャンネル)出演時の芳村の発言より)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た森光子

    1984年の『第35回NHK紅白歌合戦』も当初は引き続き黒柳の紅組司会起用で決定しかけていたが、この年9月に黒柳が「もう今年が引き時では」と辞退を申し入れる。結局、白組司会の鈴木は続投したが、紅組司会はこの年紫綬褒章を受章し、黒柳とも親交がある森光子に交代となった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た池澤春菜

    (徳永進・中川翔子・永江朗・伊勢崎賢治・木村草太・香山リカ・ヨシタケシンスケ・田中優・島田裕巳・小島慶子・春香クリスティーン・辛酸なめ子・竹内薫・最果タヒ・山本敏晴・山極寿一・上坂すみれ・文月悠光・サヘル・ローズ・池澤春菜・加古里子)『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社、2015年5月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見たメリー喜多川

    近藤真彦のファンであり、親子のような関係だと自認している。ある時、近藤が「車を欲しいんだけど、タイヤだけでいいから買ってくれないか」と頼まれたんです。タイヤは4つ必要じゃないですか。だから、私がジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん、メリー喜多川さんと久米さんに頼んで4人で買ってあげることにしたんです。久米さんは「何で俺が…」って言っていたけど。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た伊原剛志

    番組では、黒柳への信頼などからゲストがそれまで公にしていなかった自身に関する重大事を告白することもある。和田アキ子は「黒柳さんだから申し上げるんですけれど」と、自身の病気が子宮癌だったことを告白し、2003年には大空眞弓が癌に罹患していることを公表している。また、2009年には赤木春恵が乳癌であったことを告白したほか、大山のぶ代が脳梗塞を患っていたことも告白している。さらに、武田鉄矢が初めて鬱病体験を語ったほか、小川宏が自らの自殺未遂・鬱病体験を初めて告白したのも『徹子の部屋』である。2001年には伊原剛志が在日朝鮮人であること、2009年には長門裕之が妻・南田洋子の認知症を告白した。こうした告白は、翌日以降の新聞や雑誌などにニュースとして取り上げられることもある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

558件中 21 - 30件表示