558件中 71 - 80件表示
  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た福山雅治

    2016年9月には『徹子の部屋』(同月22日放送分)にゲスト出演した福山雅治の勧めで、自身のInstagramを開始、1週間で10万人以上がフォローをする反響ぶりとなった。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た群ようこ

    (池波正太郎・入江相政・色川武大・大河内昭爾・太田愛人・尾辻克彦・川上弘美・川上未映子・川本三郎・神吉拓郎・小池昌代・佐多稲子・獅子文六・島田雅彦・東海林さだお・杉浦日向子・立原正秋・立松和平・田中小実昌・タモリ・檀一雄・中島らも・荷宮和子・平松洋子・福原義春・町田康・松浦弥太郎・丸木俊・みなみらんぼう・村松友視・群ようこ・山口瞳・山下洋輔・吉村昭・吉行淳之介・五代 柳亭燕路・渡辺喜恵子)『アンソロジー そば』(パルコ、2014年12月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た川上未映子

    (池波正太郎・入江相政・色川武大・大河内昭爾・太田愛人・尾辻克彦・川上弘美・川上未映子・川本三郎・神吉拓郎・小池昌代・佐多稲子・獅子文六・島田雅彦・東海林さだお・杉浦日向子・立原正秋・立松和平・田中小実昌・タモリ・檀一雄・中島らも・荷宮和子・平松洋子・福原義春・町田康・松浦弥太郎・丸木俊・みなみらんぼう・村松友視・群ようこ・山口瞳・山下洋輔・吉村昭・吉行淳之介・五代 柳亭燕路・渡辺喜恵子)『アンソロジー そば』(パルコ、2014年12月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た生島ヒロシ

    出演する歌手が地方や海外に行っていてスタジオに来られない場合でも、「追いかけます、お出かけならばどこまでも」を売りに、当時TBSアナウンサーだった松宮一彦や生島ヒロシ、JNN各局のアナウンサーが「追っかけマン」「追っかけウーマン」として登場し、TBS系列各局の協力を得て、現地からの歌唱を中継披露するのも恒例行事であったが、追っかけの対象は歌手だけでなく司会である黒柳にも及んだ。これは番組開始時に、黒柳が司会に就任する条件の一つとして「毎年海外旅行に行くので2 - 3週間の夏季休暇が取れること」を挙げ、番組側がこれを受諾したことが遠因である。しかし、番組制作側としては要の一人である黒柳を3週間も欠くことは大きな痛手であると考えたため、結局黒柳の旅行先である海外までスタッフを派遣し衛星生中継で黒柳を出演させた。黒柳を追いかけての衛星生中継は1978年のニューヨークに始まりオスロ、パリなど毎年夏の恒例となり、1984年には遂に久米も一緒に海外に飛び出してミュンヘンからの生中継を行った。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た爆笑問題

    日本エレキテル連合のファンであり、特に、細貝さんのメイクがちゃんとおじさんに見えるところに感心している。二人が出演していないタイタンの社長・太田光代や先輩の爆笑問題・田中裕二、同じ事務所の辻仁成の出演時にも、好きであることをアピールしている。さらには、同じ事務所でもなければ2人と接点もない長谷川博己の出演時にも、人間観察の話から、「未亡人朱美ちゃん3号」のネタが生まれた時のエピソードを披露する程である。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た阿川佐和子

    『週刊文春』の「阿川佐和子のこの人に会いたい」で一番インタビュー時間が長かったのは黒柳の4時間。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た淀川長治

    『徹子と淀川おじさん人生おもしろ談義』(NTT出版、2002年7月)(『徹子の部屋』内での淀川長治との対談を纏めた本)のち光文社知恵の森文庫 黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た井筒和幸

    井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子)『憲法を変えて戦争に行こう―という世の中にしないための18人の発言』(岩波書店[岩波ブックレット]、2005年8月、ISBN 4000093576)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た赤塚不二夫

    タモリが赤塚不二夫に連れられ、テレビ朝日(NET)の生放送番組『マンガ大行進 赤塚不二夫ショー』(1975年8月30日放映)に出演し、インチキ牧師を演じていたところを、放送を見ていた黒柳が興味を持ち、「今の人、誰? すごいじゃない」とテレビ朝日にいる赤塚宛に電話を入れ、是非『徹子の部屋』に出て欲しいと出演依頼を行った事が縁である。(タモリの初出演は1977年8月11日)これ以来、タモリは『徹子の部屋』の年末最後の放送にゲスト出演するのが2013年までは恒例となっていた。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た佐良直美

    1958年の『第9回NHK紅白歌合戦』では、自身初となるNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めた。それから22年の月日が経った1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』で紅組司会に復帰し、1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』まで4年連続、通算5回紅組司会を務めた。4年連続、通算5回の紅組司会という記録は、いずれも佐良直美に並び史上最多である。その32年後である2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』では、総合司会として再度紅白の司会に復帰した。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

558件中 71 - 80件表示