前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 2005年の相撲

    2005年の相撲から見た黒海太黒海太

    敢闘賞 - 黒海太(追手風部屋 ジョージア・トビリシ出身)(初受賞) - 9勝6敗2005年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア国のスポーツ

    ジョージア国のスポーツから見た黒海太黒海太

    日本の国技である相撲にもジョージアの人びとが進出している。黒海太(レヴァン・ツァグリア)はアブハジアのスフミ生まれだが内戦によりジョージアに避難してきた経歴をもつ。四股名は故郷ジョージアが黒海に面していることにちなむ。史上初のヨーロッパ出身の関取として勇名をはせた。臥牙丸勝(ジュゲリ・ティムラズ)はトビリシ出身で小結まで、栃ノ心剛(レヴァニ・ゴルガゼ)はムツヘタ出身で関脇まで進んだ実績をもつ。黒海は引退したが、臥牙丸と栃ノ心は2016年7月現在、現役の大相撲力士として活躍している。ジョージア国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛史

    栃ノ心剛史から見た黒海太黒海太

    相撲を始める前は柔道とヨーロッパ王者になったこともあるサンボを経験ししている。小学生に入るころに柔道とチダオバと呼ばれるジョージアの伝統格闘技を始めた。自身も柔道と相撲の強豪選手であった弟のラシャ・ゴルカゼが「兄は真面目で、いつも練習ばかりしていた。私は真似できなかったなあ」と振り返るのを筆頭に、複数の証言者がレヴァニの練習熱心さを語っている。2004年の世界ジュニア相撲選手権大会に全く相撲の稽古をしないまま出場したのが初めての相撲経験であり、この時に3位入賞を果たした。世界ジュニア大会ではほかにも重量級準優勝などの実績を残している。柔道が好きであったので角界入りについては迷っていたが、同郷の黒海に話を聞いたり家族に相談したりした末に入門。本人は後年「相撲に入っていなかったら多分、柔道でオリンピックに出ていたでしょうね。ジョージア代表で出ていた選手には一度も負けたことがなかったからね」と話している。レスリング出身者が多い欧州勢の中で、相撲エリートとしての実績や恵まれた体躯、優れた身体能力から、入門時より将来の角界を担う力士として期待された。木村山とは十両昇進後も設備上の理由で同じ個室で生活していた時期があり、木村山が結婚して夫人とともにマンション暮らしをするようになるまで相部屋生活は続いた。栃ノ心剛史 フレッシュアイペディアより)

  • レヴァン・ツァグリア

    レヴァン・ツァグリアから見た黒海太黒海太

    レヴァン・ツァグリア フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た黒海太黒海太

    東十両12枚目でこの場所3日目から途中休場していた、元小結の黒海が12日目に引退届を提出し、現役を引退した。日本国籍を取得しなかったこともあり、引退後は協会に残らないこととなった。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 秋乃峰將司

    秋乃峰將司から見た黒海太黒海太

    三段目でやや苦労したが、2000年7月場所で幕下に昇進。峰崎部屋からは3人目の幕下力士となった。以降は幕下と三段目を往復することが続いた。東三段目58枚目だった2002年1月場所は1番相撲から6連勝とし三段目の優勝争いをしていたが、7番相撲で同じく全勝であった黒海に敗れ、三段目優勝を逃した。西幕下52枚目であった2003年5月場所では5番相撲で負傷、6番相撲以降は人生初の休場(6番相撲の若ノ城戦は不戦敗)。翌7月場所も怪我が治らず公傷休場した。秋乃峰將司 フレッシュアイペディアより)

  • つきひざ

    つきひざから見た黒海太黒海太

    十両では2003年7月場所4日目の増健(後の柳川)-北桜戦(増健●)、幕内では2004年9月場所3日目の旭天鵬-栃東戦(栃東●;栃東は右膝を痛め、翌日から休場)で初めて適用された。この他、2008年1月場所2日目の豊真将-北勝力戦(北勝力●)、2009年1月場所14日目の白鵬-千代大海戦(千代大海●)、2009年3月場所5日目の翔天狼-黒海戦(翔天狼●)、2010年7月場所12日目の徳瀬川-豪風(豪風●)、2011年1月場所12日目の白鵬-日馬富士戦(日馬富士●)、2012年1月場所3日目の天鎧鵬-芳東(芳東●)、2012年7月場所中日の旭天鵬-碧山(旭天鵬●)、2013年1月場所中日の若の里-千代大龍(千代大龍●)、14日目の豊ノ島-妙義龍(妙義龍●)、2013年5月場所12日目の豪栄道-松鳳山(松鳳山●)、2014年9月場所千秋楽の常幸龍-豊響(常幸龍●)、2014年11月場所12日目の千代大龍-誉富士(千代大龍●)などでも記録されている。つきひざ フレッシュアイペディアより)

  • 首捻り

    首捻りから見た黒海太黒海太

    滅多に出ず、「幻の技」の一つに数えられていたが、平成に入り1996年11月場所6日目、土佐ノ海が貴闘力に対して決めたのを皮切りに、近年では、2005年9月場所13日目に朝青龍が琴欧州を、2006年1月場所5日目に黒海が琴欧州を、2007年5月場所13日目に朝赤龍が安美錦を、2014年9月場所12日目(十両の取組)に徳真鵬が旭大星を、それぞれこの技で下している。また、琴欧洲はこの技で2度敗れた経験を持つ、数少ない力士である。首捻り フレッシュアイペディアより)

  • 五城楼勝洋

    五城楼勝洋から見た黒海太黒海太

    2003年11月場所4日目の取組において黒海を叩き込んだ際に指が髷に入ってしまい反則負けを喫し、さらにその2日後の6日目にも潮丸を叩き込んだ際に指が髷に入って反則負けとなった。「1場所に2度の反則負け」は史上初のこととなった。五城楼勝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年9月場所

    大相撲平成20年9月場所から見た黒海太黒海太

    7日目の時点では白鵬、琴光喜、関脇の安馬、平幕の豪栄道ら4人が1敗でその下の朝青龍、平幕の鶴竜、北勝力、普天王、黒海、垣添ら6人が追いかける展開となった。中日に1敗の琴光喜が敗れまた、2敗の朝青龍、鶴竜、北勝力、垣添らも敗れたため1敗は白鵬ら3人2敗は琴光喜ら3人となった。大相撲平成20年9月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「黒海太」のニューストピックワード