前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 栃ノ心剛

    栃ノ心剛から見た黒海太黒海太

    相撲を始める前は柔道とサンボを経験し、サンボではヨーロッパ王者になったこともある。世界ジュニア相撲選手権大会重量級準優勝などの実績を残し、同郷の黒海に憧れて入門。レスリング出身者が多い欧州勢の中で、相撲エリートとしての実績や恵まれた体躯、優れた身体能力から、入門時より将来の角界を担う力士として期待された。栃ノ心剛 フレッシュアイペディアより)

  • レヴァン・ツァグリア

    レヴァン・ツァグリアから見た黒海太黒海太

    レヴァン・ツァグリア フレッシュアイペディアより)

  • 首捻り

    首捻りから見た黒海太黒海太

    滅多に出ず、「幻の技」の一つに数えられていたが、平成に入り1996年11月場所6日目、土佐ノ海が貴闘力に対して決めたのを皮切りに、近年では、2005年9月場所13日目に朝青龍が琴欧州を、2006年1月場所5日目に黒海が琴欧州を、2007年5月場所13日目に朝赤龍が安美錦をこの技で下している。また、琴欧洲はこの技で2度敗れた経験を持つ、数少ない力士である。首捻り フレッシュアイペディアより)

  • 大翔山直樹

    大翔山直樹から見た黒海太黒海太

    この年には追手風親方(元前頭6・追風山)の長女と結婚し、引退にあたっては清惠波から名跡を譲られ年寄・中川を襲名した。1997年には義父(追風山)とともに友綱部屋に移籍し、1998年に義父の所属部屋(追手風部屋)再興のため名跡を交換し、年寄・追手風として友綱部屋から独立して追手風部屋を33年ぶりに復興した。師匠としては、巨漢だった自身(身長182cm・体重186kg)とは対照的に均整の取れた体格の力士を中心に育てており、現在まで幕内力士を3人輩出している。小学生時代の作文に実業家としての夢を書いていたことがTV番組で明かされたことがある。現在は審判委員を務めている。部屋復興後に小結黒海太を育てた。大翔山直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年9月場所

    大相撲平成20年9月場所から見た黒海太黒海太

    7日目の時点では白鵬、琴光喜、関脇の安馬、平幕の豪栄道ら4人が1敗でその下の朝青龍、平幕の鶴竜、北勝力、普天王、黒海、垣添ら6人が追いかける展開となった。中日に1敗の琴光喜が敗れまた、2敗の朝青龍、鶴竜、北勝力、垣添らも敗れたため1敗は白鵬ら3人2敗は琴光喜ら3人となった。大相撲平成20年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た黒海太黒海太

    週刊ポスト2012年8月17・24日号にて数名の力士が八百長に関わったと匿名で告白し、時天空・朝赤龍・黒海との取り組みで自らも八百長をしたと告白。大相撲八百長騒動では中盆として話題を集めた恵那司との関係も赤裸々に告白している。 山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た黒海太黒海太

    東十両12枚目でこの場所3日目から途中休場していた、元小結の黒海が12日目に引退届を提出し、現役を引退した。日本国籍を取得しなかったこともあり、引退後は協会に残らないこととなった。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た黒海太黒海太

    3月10日 - 黒海太(グルジア、相撲)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • つきひざ

    つきひざから見た黒海太黒海太

    十両では2003年7月場所4日目の増健(後の柳川)-北桜戦(増健●)、幕内では2004年9月場所3日目の旭天鵬-栃東戦(栃東●;栃東は右膝を痛め、翌日から休場)で初めて適用された。この他、2008年1月場所2日目の豊真将-北勝力戦(北勝力●)、2009年1月場所14日目の白鵬-千代大海戦(千代大海●)、2009年3月場所5日目の翔天狼-黒海戦(翔天狼●)、2010年7月場所12日目の徳瀬川-豪風(豪風●)、2011年1月場所12日目の白鵬-日馬富士戦(日馬富士●)、2012年1月場所3日目の天鎧鵬-芳東(芳東●)、2012年7月場所中日の旭天鵬-碧山(旭天鵬●)、2013年1月場所中日の若の里-千代大龍(千代大龍●)、14日目の豊ノ島-妙義龍(妙義龍●)などでも記録されている。つきひざ フレッシュアイペディアより)

  • 秋乃峰將司

    秋乃峰將司から見た黒海太黒海太

    三段目でやや苦労したが、2000年7月場所で幕下に昇進。峰崎部屋からは3人目の幕下力士となった。以降は幕下と三段目を往復することが続いた。東三段目58枚目だった2002年1月場所は1番相撲から6連勝とし三段目の優勝争いをしていたが、7番相撲で同じく全勝であった黒海に敗れ、三段目優勝を逃した。西幕下52枚目であった2003年5月場所では5番相撲で負傷、6番相撲以降は人生初の休場(6番相撲の若ノ城戦は不戦敗)。翌7月場所も怪我が治らず公傷休場した。秋乃峰將司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「黒海太」のニューストピックワード