28件中 11 - 20件表示
  • 追手風部屋

    追手風部屋から見た黒海太黒海太

    学生相撲出身者や東欧出身者をスカウトし、現在までに関脇・追風海や小結・黒海など5人の関取を輩出している。師匠の現役時の四股名から取った「大翔」という字が四股名に付いた力士が多い。2005年7月場所以降は所属関取が黒海のみという状況が続いていたが、2008年11月場所で大翔湖が2003年5月場所の黒海以来5年半ぶりとなる十両昇進を果たした。2011年11月場所前に大翔湖が引退し、2012年2月に濵錦が引退し、唯一の関取であった黒海は同年9月場所中に引退したため、現在は関取経験者は在籍していない。追手風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 普天王水

    普天王水から見た黒海太黒海太

    2003年1月場所、幕下15枚目格の幕下付出で初土俵。デビュー場所、12日目を終えたところで6戦全勝とし、7番相撲に勝てば大相撲史上初の「初土俵から1場所で十両昇進」の快挙を果たすところだったが、もう1人の6戦全勝が同部屋の出羽乃富士だった為、7番相撲は筆頭(東)で3勝3敗、内田と同じく十両昇進の懸かる元十両琴乃峰と13日目に組まれた。当たって直ぐに内田得意の左四つとなり速攻で攻め込むが、土俵際に詰まった琴乃峰が捨て身の左下手投げを打つと内田は赤房下に横転、十両入りとなる7戦全勝を逃し史上初の快挙は成らなかった。翌14日目に幕下唯一の全勝力士となっていた兄弟子出羽乃富士の7番相撲があり、その出羽乃富士が十両の五剣山に敗れた為、千秋楽に1敗力士7人による幕下優勝決定戦に出場した。準決勝で物言いが付く微妙な相撲の末惜しくも敗れた(優勝は黒海)。西4枚目迄上がった翌3月場所も6勝1敗の好成績を挙げ、デビューから僅か2場所で十両に昇進し、四股名を本名の内田から普天王に改める。実力者犇く中で揉まれるが1年掛けて新入幕を果たす。頭髪の伸びが追い付かず入幕後4場所は大銀杏が結えずちょんまげで取った。普天王水 フレッシュアイペディアより)

  • 在日ロシア人

    在日ロシア人から見た黒海太黒海太

    大相撲でも、南樺太出身でウクライナ人の父(ボリシコ)を持つ元横綱、大鵬の下に弟子入りした露鵬(ロシア人幕内力士第一号)とその弟の白露山など北オセチア共和国の首都ウラジカフカス出身のロシア人力士の台頭が目立ったが、同兄弟と若ノ鵬の3人の関取は大相撲ロシア人力士大麻問題により解雇され、この際に白露山の師匠であった北の湖が日本相撲協会理事長を辞任する大事件となった。しかし、2010年9月場所では若ノ鵬の従弟である阿覧が関脇に昇進し、唯一のロシア国籍幕内力士として土俵に登っている。旧ソ連地域出身者としてはグルジアから2006年に小結に昇進した黒海や、その後輩の栃ノ心と臥牙丸が活躍している。また、エストニアから来日した把瑠都は2010年5月場所で大関に昇進した。在日ロシア人 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た黒海太黒海太

    2009年5月末に、緊迫する対ロシア情勢の中、徴兵検査を受け、1ヶ月ほどの軍事訓練を受けるために帰国、7月に再入国した(栃ノ心、黒海も同様)。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 翔天狼大士

    翔天狼大士から見た黒海太黒海太

    2009年(平成21年)7月場所を東前頭10枚目で迎え、初日から好調で14日目終了時点で10勝4敗。勝てば敢闘賞受賞の一番で黒海を下して11勝4敗、敢闘賞受賞を決めた。翌9月場所は東前頭2枚目。初日から5連敗の後6日目に横綱白鵬と初対戦し引き落としで勝利を上げ初金星を手にしたものの、この場所はわずか2勝に終ってしまった。だが、この金星が高く評価され(この年の白鵬は本割で年間86勝4敗という朝青龍の84勝6敗を上回る驚異的な新記録を達成したが、関脇以下の力士で白鵬から勝利を挙げたのは翔天狼ただ1人であった)、年末には財団法人日本プロスポーツ協会による「2009年日本プロスポーツ大賞新人賞」を福岡ソフトバンクホークスの攝津正らと共に受賞した。翔天狼大士 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た黒海太黒海太

    常陸山、對馬洋、栃木山、能代潟、武藏山、名寄岩、羽黒山、安藝ノ海、佐賀ノ花、三重ノ海、大文字、琉王、霧島、栃乃和歌、土佐ノ海、岩木山、戦闘竜、黒海、把瑠都、琴欧洲、白露山/露鵬、隠岐の海など。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • トビリシ

    トビリシから見た黒海太黒海太

    黒海太:力士(四股名:黒海)トビリシ フレッシュアイペディアより)

  • 慶天海孔晴

    慶天海孔晴から見た黒海太黒海太

    新十両であった2012年9月場所は、初日に黒海を破ったものの、2日目に?真鵬に敗れた際に膝を負傷し、3日目から途中休場。右膝前十字靱帯断裂(当初は靱帯損傷)と診断され同年10月に手術し、復帰には1年を要すると発表された。現在は三段目まで降下している。慶天海孔晴 フレッシュアイペディアより)

  • 小結

    小結から見た黒海太黒海太

    関脇に比べると小結の地位で3人以上(以前の張出)が出ることは少ない。近年の番付では東前頭筆頭の勝ち越しが昇進として最優先される傾向が強くなり、昇進枠が少ない場合、それより下の番付で単純計算で東前頭筆頭の力士を上回る成績を挙げたとしても、小結に昇進できない事例が見られるようになった。2008年3月場所では黒海が西前頭5枚目の位置で12勝3敗の成績を挙げたが、東前頭筆頭の位置で8勝7敗の成績を挙げた朝赤龍の昇進が優先され、翌5月場所では黒海は東前頭筆頭に留まった。平幕から優勝や優勝同点の力士が出たとしても例外ではなく、2010年11月場所に西前頭9枚目の位置で14勝1敗という優勝同点の成績を挙げた豊ノ島や、2012年5月場所に西前頭7枚目の位置で12勝3敗の成績を挙げて優勝した旭天鵬は、いずれの三役の枠も空かなかったため、翌場所では東前頭筆頭までの昇進に留まっている。小結 フレッシュアイペディアより)

  • 十両

    十両から見た黒海太黒海太

    黒海太(2003年11月場所)十両 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「黒海太」のニューストピックワード