1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • 2003年のスポーツ

    2003年のスポーツから見た黒海太黒海太

    十両優勝 : 黒海太(10勝5敗)2003年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 慶天海孔晴

    慶天海孔晴から見た黒海太黒海太

    新十両であった2012年9月場所は、初日に黒海を破ったものの、2日目に?真鵬に敗れた際に膝を負傷し、3日目から途中休場。右膝前十字靱帯断裂(当初は靱帯損傷)と診断され同年10月に手術し、復帰には1年を要すると発表された。その後は5場所連続全休し、序ノ口まで降下した2013年9月場所で6場所ぶりに土俵に復帰して復活の全勝優勝を果たした。直後の11月場所でも序二段で全勝優勝を果たした。2014年1月場所は4番相撲で敗れたことで復帰以来続いていた連勝が17で打ち止めとなったものの6番相撲で勝ち越しを確定させて5勝2敗で場所を終えた。翌3月場所で幕下に復帰して以降も勝ち越し続けると、2015年1月場所で関取復帰目前の東幕下2枚目まで番付を戻したが、十両復帰をかけた千秋楽の希善龍戦に敗れ、3勝4敗と復帰後初めての負け越しに終わる。その後も負け越しを続けて幕下下位に落ちた9月場所では5場所ぶりに勝ち越した。その後は幕下上位をうかがいつつも中位の番付に定着していたが、2016年9月場所は古傷のある右膝のクリーニング手術を受けて全休となった。慶天海孔晴 フレッシュアイペディアより)

  • 大翔湖友樹

    大翔湖友樹から見た黒海太黒海太

    引退後はインターネットショップを開業し、引退してグルジアに帰国した黒海も国を隔てて業務に従事している。大翔湖友樹 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た黒海太黒海太

    2009年5月末に緊迫する対ロシア情勢の中で徴兵検査を受け、1ヶ月ほどの軍事訓練を受けるために帰国し、同年7月に再入国した(黒海・栃ノ心も同様)。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た黒海太黒海太

    2004年(平成16年)1月場所、この場所の七日目に前場所十両で優勝し馬力相撲で幕内まで駆け上がってきたグルジア出身の黒海と対戦した。この日の出の勢いの新入幕の若手を、肩越しの上手から豪快に振り回して投げ飛ばし、元大関の貫禄を存分に示した。この相撲で勢いづいたか、8勝7敗と一年振りに勝ち越した。これが貴ノ浪自身、現役最後の勝ち越しとなった。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア (国)

    ジョージア (国)から見た黒海太黒海太

    日本大相撲の黒海や臥牙丸、栃ノ心はジョージア出身力士である。栃ノ心は2018年(平成30年)の初場所で初優勝した。ジョージア (国) フレッシュアイペディアより)

  • 出島武春

    出島武春から見た黒海太黒海太

    2008年1月場所は、27場所ぶりに小結復帰を果たしたものの、3勝12敗と大敗。これが現役最後の三役の場所となる。その後は出足が鈍り、叩く相撲や立合いの変化が増えた。同年9月場所での勝ち越しを最後に、遂に二度と勝ち越すことはなかった。同年11月場所では、初日から6連勝するも、その後9連敗を喫し6勝9敗と負け越してしまった。2009年3月場所初日に黒海に掛け投げを喰らい左腕から落ちて肘を負傷した。休場することこそなかったものの完治することなく、結果的には相撲人生にとって致命傷となった。幕内優勝からちょうど10年が経った2009年7月場所は、下に2枚しかない状況で10日目に負け越しを喫し、厳しい状況となった。翌11日目にも豊ノ島に敗れて2勝9敗となり、十両陥落が濃厚となったため、この相撲を最後に現役引退を表明した。関脇陥落の後、大関へ再昇進することなく丸8年間48場所にわたって三役以下の幕内で相撲をとり続けた が、これは元大関としては当時史上最長記録の第1位であった。出島武春 フレッシュアイペディアより)

  • 翔天狼大士

    翔天狼大士から見た黒海太黒海太

    2009年(平成21年)7月場所を東前頭10枚目で迎え、初日から好調で14日目終了時点で10勝4敗。勝てば敢闘賞受賞の一番で黒海を下して11勝4敗、敢闘賞受賞を決めた。翌9月場所は東前頭2枚目。初日から5連敗の後6日目に横綱白鵬と初対戦し引き落としで勝利を上げ初金星を手にしたものの、この場所はわずか2勝に終ってしまった。だが、この金星が高く評価され(この年の白鵬は本割で年間86勝4敗という朝青龍の84勝6敗を上回る驚異的な新記録を達成したが、関脇以下の力士で白鵬から勝利を挙げたのは翔天狼ただ1人であった。年末には財団法人日本プロスポーツ協会による「2009年日本プロスポーツ大賞新人賞」を福岡ソフトバンクホークスの攝津正らと共に受賞した。翔天狼大士 フレッシュアイペディアより)

  • 若ノ鵬寿則

    若ノ鵬寿則から見た黒海太黒海太

    2008年8月18日、財布の中に大麻入りのたばこを所持していたとして大麻取締法違反で逮捕された。現役幕内力士の逮捕は史上初の出来事であった。その後8月21日に日本相撲協会は緊急理事会を開き、同日付での解雇が決定された。20歳1ヶ月での引退は関取経験者では実力本位で番付が掲載されるようになった明治以降では最年少。9月12日、初犯であったことや解雇によって社会的な制裁を受けたことが考慮され起訴猶予処分となった。後に若ノ鵬自身は同年10月27日の『週刊現代』において「逮捕前日となる8月17日に、栃ノ心と黒海と自身の3人で間垣部屋の個室に行って大麻を吸っていた」と証言した。若ノ鵬はまた同誌で「栃ノ心はグルジアにいたころから吸引していると自ら話していた。大麻を買うために一緒に渋谷に行こうと誘われた」主張している。若ノ鵬がこうした告発に踏み切った理由は「逮捕されてから一方的に関係を切ろうとしている」「手紙を人を介して渡しても連絡がない」からなどとしているが、 一方で栃ノ心は「あいつはウソばかり言っている」と疑惑を全面否定した上で「あいつとは仲がいいわけでもない。間垣部屋(個室)にも行ったことはあるけど、DVDを借りたりしただけ」と若ノ鵬の主張に強く反論した。若ノ鵬寿則 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の日本

    1981年の日本から見た黒海太黒海太

    3月10日 - 黒海太、大相撲力士1981年の日本 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「黒海太」のニューストピックワード