前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 黒海太

    黒海太から見た臥牙丸勝

    2009年5月末に、緊迫する対ロシア情勢の中、徴兵検査を受けるために母国グルジアに帰国した(栃ノ心、臥牙丸も同様)。1ヶ月あまりの軍事訓練を受けて7月に再入国した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た大翔山直樹

    2011年1月14日早朝、墨田区内のインド料理店で食事中に臥牙丸と口論になり喧嘩に発展、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割り、天井に穴を開けていた事が1月24日に判明。店長が「酔っ払いが騒ぎを起こし、ガラスを壊された」と警察に通報、双方とも酒に酔っており器物破損罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受ける、と報道された。しかし黒海は、「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と語り、追手風親方は重きを見て、騒動から5日経過した19日に放駒理事長に報告。24日、黒海・臥牙丸と監督不行き届きと見られた追手風親方が厳重注意を受けた。放駒理事長は「けんかしたとは聞いていない。ただ、(本場所の)そんな時間まで顔が合う力士(=取組が組まれる力士同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視しており、2月1日の力士会で注意された。5月27日、この件で書類送検された。店側とは既に示談が成立している。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たミヘイル・サアカシュヴィリ

    その後は低迷し、前頭の中位から下位を行き来していた。西前頭5枚目だった2008年3月場所では叩きも目立ったが四つ相撲中心の取り口で12勝3敗の好成績を挙げ、2度目の敢闘賞を受賞した。三役復帰の可能性もあったが不運にも昇進を見送られた。久々の上位進出となった翌5月場所では3勝12敗と大敗を喫し、それ以降は徐々に体重も落ちてしまい再び前頭の中下位に留まっていたが、2010年6月、母国のミヘイル・サアカシュヴィリ大統領から「海外でグルジアの名前を広めたことによる功績」を称え、グルジア独立後16人しか受章していない栄誉ある勲章を授与された。黒海によると日本の国民名誉賞に相当する受章である。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た隆の山俊太郎

    2012年1月場所、3月場所は精彩を欠く相撲が続いた。特に3月場所は4勝11敗に終わり、5月場所は西十両11枚目と成績次第では幕下降格の危険性もあるところまで番付が下がってしまった。5月場所では両ひじ、両ひざに大きなサポーターをつけながらの土俵が続いていたが、10日目の隆の山との取り組みで負傷した左大腿部肉離れのため、11日目は現役初の休場となり、当時の現役関取で1位の連続出場記録が882日でストップした。13日目から再出場し、千秋楽に4場所ぶりの勝ち越しを決めた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た魁皇博之

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た魁傑將晃

    2011年1月14日早朝、墨田区内のインド料理店で食事中に臥牙丸と口論になり喧嘩に発展、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割り、天井に穴を開けていた事が1月24日に判明。店長が「酔っ払いが騒ぎを起こし、ガラスを壊された」と警察に通報、双方とも酒に酔っており器物破損罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受ける、と報道された。しかし黒海は、「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と語り、追手風親方は重きを見て、騒動から5日経過した19日に放駒理事長に報告。24日、黒海・臥牙丸と監督不行き届きと見られた追手風親方が厳重注意を受けた。放駒理事長は「けんかしたとは聞いていない。ただ、(本場所の)そんな時間まで顔が合う力士(=取組が組まれる力士同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視しており、2月1日の力士会で注意された。5月27日、この件で書類送検された。店側とは既に示談が成立している。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た朝青龍明徳

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た琴欧洲勝紀

    黒海の引退報道をブルガリアでは「琴欧洲の引退」と勘違いして国営放送や新聞が報道、琴欧洲は母親からの電話でその誤報を知った。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たプレスリー

    以前は髭を生やして相撲をとっていたが、対戦相手から「ちくちくして痛い」と言われたり、観客から「見ていて不愉快だ」との声が出たために髭を剃った。2007年5月場所の大相撲中継では北の富士に「むさくるしい」とまで言われた。本人曰く、髯は勝っている時に縁起を担いで伸ばしていたそうだが、初日と中日に剃るのが習慣になっているらしい。近頃は髯もトレードマーク化し、週末になるとコントの泥棒役のようになる髯はファンに愛されてもいたが、2007年9月場所では髯は伸ばさなかった。代わりにもみあげをプレスリー風に長くして尖らせるなど、独特な風貌が少し話題となった。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た武双山正士

    2001年5月場所に初土俵を踏んだ。取的の頃よりその馬力には期待が集まり、出世も早く2003年5月場所に新十両、翌2004年1月場所に新入幕を果たした。すぐさま幕内上位に定着し同年11月場所3日目には初日から2連敗だった角番の大関武双山を右上手投げで下し、引退に追い込んだ。その後、三役の座を窺っていたが上位から中位を行き来する状態が続いた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「黒海太」のニューストピックワード