77件中 21 - 30件表示
  • 黒海太

    黒海太から見た器物損壊罪

    2011年1月14日早朝、墨田区内のインド料理店で食事中に臥牙丸と口論になり喧嘩に発展、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割り、天井に穴を開けていた事が1月24日に判明。店長が「酔っ払いが騒ぎを起こし、ガラスを壊された」と警察に通報、双方とも酒に酔っており器物損壊罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受ける、と報道された。しかし黒海は、「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と語り、追手風親方は重きを見て、騒動から5日経過した19日に放駒理事長に報告。24日、黒海・臥牙丸と監督不行き届きと見られた追手風親方が厳重注意を受けた。放駒理事長は「けんかしたとは聞いていない。ただ、(本場所の)そんな時間まで顔が合う力士(=取組が組まれる力士同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視しており、2月1日の力士会で注意された。5月27日、この件で書類送検された。店側とは既に示談が成立している。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たソビエト連邦

    レスリングチャンピオンの長男としてソビエト連邦アブハジア自治共和国・スフミで生まれる。6歳の頃からレスリングを始めた。12歳のときにアブハジア紛争で自宅が破壊され、首都のトビリシに一家で逃れる。グルジアのスポーツナショナル?アカデミー在籍中に相撲に興味を持ち、ドイツで行われた世界アマチュア相撲選手権大会に参加した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た上手投げ

    2001年5月場所に初土俵を踏んだ。取的の頃よりその馬力には期待が集まり、出世も早く2003年5月場所に新十両、翌2004年1月場所に新入幕を果たした。すぐさま幕内上位に定着し同年11月場所3日目には初日から2連敗だった角番の大関武双山を右上手投げで下し、引退に追い込んだ。その後、三役の座を窺っていたが上位から中位を行き来する状態が続いた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たアブハジア

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(ジョージア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国 (現国名 : ジョージア)の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重156kg。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たボクシング

    入幕当初は怪力・馬力を前面に出した荒々しい突き押しと張り手を武器にしていた。立合いのカチ上げからモロ手で突き放す相撲は威力が十分であった。そのボクシングのような激しさから、北の富士勝昭には「相撲じゃない」と眉を顰められたことすらある。その突きはワキを締めて手を「逆八の字」の形にして行うものであるというセオリーに反して、ワキを大きく広げる「八の字」の形に広げた手で行われるものである。当然ながらワキが甘く、四つ相撲の力士や突きを掻い潜ってくる技能派の力士とは分が悪い。また、この形は肘に負担がかかりやすく、しばしば肘の故障に悩まされている。すり足に難があり足が揃いやすいため、引きや叩きに屈する事も多い。一方で怪力は他の方面にも生かされ、武双山に引導を渡した上手投げや、引き技も強烈である。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た両国国技館

    2012年9月場所は負傷のため3日目から途中休場し、師匠の追手風親方も「中日までに出られない時は決断しないといけないでしょう」と語っていたが、9月場所13日目の9月21日に現役引退を発表した。日本国籍を取得していないため年寄襲名はできなかった。翌22日に両国国技館内にて引退記者会見が開かれ、「怪我が多く、これ以上続けられないと思った。日本に来て大相撲に入って、自分の人生も開けました。一番嬉しかったのは幕下筆頭で5番勝って新十両を決めた時(2003年5月)。自分が入った時には(ヨーロッパ出身者は)1人しかいなかったので、後から入った人がみんな強くなって良かった」「心の中には思い出がいっぱい」、「横綱・朝青龍から初金星を挙げた相撲(2005年7月場所)が思い出」と語り、師匠の追手風親方は「私のことを常に師匠として立ててくれ、また部屋では11年間関取として引っ張ってくれた。ありがとうという言葉しかない」と語った。断髪式は2013年2月2日に東京都内のホテルで行われた。現在は祖国グルジアで日本食レストランを経営する傍らでアマチュア相撲の指導を行っており、「日本とグルジアの関係が良くなるために力になりたい」と、政治家になることも考えているという。2015年11月9日に放送された「未来世紀ジパング」では、トビリシ市で日本車の中古販売ビジネスを始めようと奮闘している様子が紹介された。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たジョージア語

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(ジョージア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国 (現国名 : ジョージア)の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重156kg。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た金星 (相撲)

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た寄り切り

    現役終盤の頃には突き押しは影を潜め、左四つでの相撲が中心になっている。2009年は全勝利39勝のうち半数以上の勝ち星を寄り切りや上手投げで収めていた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た大相撲中継

    以前は髭を生やして相撲をとっていたが、対戦相手から「ちくちくして痛い」と言われたり、観客から「見ていて不愉快だ」との声が出たために髭を剃った。2007年5月場所の大相撲中継では北の富士に「むさくるしい」とまで言われた。本人曰く、髯は勝っている時に縁起を担いで伸ばしていたそうだが、初日と中日に剃るのが習慣になっているらしい。近頃は髯もトレードマーク化し、週末になるとコントの泥棒役のようになる髯はファンに愛されてもいたが、2007年9月場所では髯は伸ばさなかった。代わりにもみあげをプレスリー風に長くして尖らせるなど、独特な風貌が少し話題となった。黒海太 フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示