78件中 31 - 40件表示
  • 黒海太

    黒海太から見た金星 (相撲)

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た寄り切り

    現役終盤の頃には突き押しは影を潜め、左四つでの相撲が中心になっている。2009年は全勝利39勝のうち半数以上の勝ち星を寄り切りや上手投げで収めていた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た大相撲中継

    以前は髭を生やして相撲をとっていたが、対戦相手から「ちくちくして痛い」と言われたり、観客から「見ていて不愉快だ」との声が出たために髭を剃った。2007年5月場所の大相撲中継では北の富士に「むさくるしい」とまで言われた。本人曰く、髯は勝っている時に縁起を担いで伸ばしていたそうだが、初日と中日に剃るのが習慣になっているらしい。近頃は髯もトレードマーク化し、週末になるとコントの泥棒役のようになる髯はファンに愛されてもいたが、2007年9月場所では髯は伸ばさなかった。代わりにもみあげをプレスリー風に長くして尖らせるなど、独特な風貌が少し話題となった。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たトビリシ

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(グルジア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重150kg、血液型はA型、数秘術は5、星座は魚座。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た身長

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(グルジア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重150kg、血液型はA型、数秘術は5、星座は魚座。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た関取

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(グルジア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重150kg、血液型はA型、数秘術は5、星座は魚座。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た人名

    日本相撲協会公式ページなどではツァグリア・メラブ・レヴァンと表記されているが、これは父親の名前をミドルネームに組み込むロシア式の表記であり(人名のスラブ系の名前参照)、グルジアがソ連から独立して久しい現在ではあまり一般的とは言えない表記である。また、民族としてはミングレル人である。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た小結

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(グルジア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重150kg、血液型はA型、数秘術は5、星座は魚座。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たアブハジア紛争

    レスリングチャンピオンの長男としてソビエト連邦アブハジア自治共和国・スフミで生まれる。6歳の頃からレスリングを始めた。12歳のときにアブハジア紛争で自宅が破壊され、首都のトビリシに一家で逃れる。グルジアのスポーツナショナル?アカデミー在籍中に相撲に興味を持ち、ドイツで行われた世界アマチュア相撲選手権大会に参加した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たドイツ

    レスリングチャンピオンの長男としてソビエト連邦アブハジア自治共和国・スフミで生まれる。6歳の頃からレスリングを始めた。12歳のときにアブハジア紛争で自宅が破壊され、首都のトビリシに一家で逃れる。グルジアのスポーツナショナル?アカデミー在籍中に相撲に興味を持ち、ドイツで行われた世界アマチュア相撲選手権大会に参加した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「黒海太」のニューストピックワード