黒田博樹 ニュース&Wiki etc.

黒田 博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日 - )は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手(投手)。ニューヨーク・ヤンキース所属。 (出典:Wikipedia)

「黒田博樹」Q&A

  • Q&A

    黒田投手のプロ入り時の話をまとめてみました。 【ドラフト】 大学3年春に黒田博樹を見…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月6日 08:31

  • Q&A

    第26回 今思いついた有名人を1人答えてください。 ルールは思い付いた有名人を即答で…

    [続きを読む]

    回答数:58質問日時 - 2016年12月2日 22:36

  • Q&A

    今年 広島を引退する黒田博樹氏は野球選手としても人間としてもそんなに優れてますか? …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月1日 15:21

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「黒田博樹」のつながり調べ

  • 山本昌

    山本昌から見た黒田博樹

    1000奪三振:1997年7月15日、対広島東洋カープ15回戦(ナゴヤドーム)、3回表に黒田博樹から ※史上99人目(山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た黒田博樹

    本来は遊撃手だが、プロ入団後は二塁手の守備に就くようにもなった。土のホームグラウンドの影響もあってか失策が多かった。強肩と俊足を生かし、守備範囲が広いが、遊撃手の見せ場の一つである間一髪のダブルプレーが捕球→送球の動作が俊敏でないためアウトにできなかった。開幕直後攻守にミスが目立ったが、マーティ・ブラウン監督が辛抱強く起用し続けた結果、開幕当初1割にも満たなかった打率を3割近くに上げ、好守も見せるようになるなど短期間で攻守ともに急成長。また得点圏打率は3割5分を超え、三塁打は狭い広島市民球場を本拠地とし、右打者ながら8本を放ち、両リーグ通じて単独トップ。盗塁もチームトップの13個。東出輝裕と二遊間を守り、広島打線の1、2番コンビとして定着した。しかし、9月26日の試合前の練習中、コーチのノックがイレギュラーして右目を直撃、検査の結果「右眼窩部打撲」と診断され登録抹消。横浜・吉村裕基、中日の佐藤充と争ってきた新人王争いにはまだまだアピールが必要であり、また、新人でありながらチームの攻守の要であるため梵本人は勿論、チームにとっても非常に痛い戦線離脱であった。その日はベンチ裏で人目もはばからず号泣。そして10月14日の阪神戦で復帰し、8回に代打出場。そのまま守備に就き、打球も無難に処理しファンを安堵させる(守備時には未だ赤い目に防御用ゴーグルを着用であった)。最終的には打率.289、安打数130という結果でルーキーシーズンを終えた。その結果、横浜の吉村裕基に倍以上の票差をつけて入団会見での公言通り、2006年度新人王獲得。広島の新人王はの澤崎俊和以来9年ぶり、野手ではの小早川毅彦以来2人目である。同級生で二遊間を組む東出と2人でゴールデングラブを受賞することを目標にしている。そのため、秋季キャンプでは東出と常に行動を共にするなど、息を合わせている。7月13日の阪神タイガース戦(甲子園球場)で先制ソロにタイムリーを含む2二塁打を放ち、守備ではファインプレーも飛び出し、その日のお立ち台に立った。そのヒーローインタビューで、試合中マウンドへ寄った(投手・黒田博樹)時のことを聞かれて「黒田さんがワンパターンなリズムで投げてたので間を置きたかった」と新人にもかかわらず大胆な発言をした。(梵英心 フレッシュアイペディアより)

「黒田博樹」のニューストピックワード