前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た黒田博樹黒田博樹

    野手陣では江藤が怪我の影響からか打撃守備に精彩を欠き、正捕手西山も開幕早々怪我でリタイア。緒方が3年連続盗塁王、ロペス2年連続打点王、他のレギュラー陣も数字は残したが3年連続で勝負どころで打てなかった。投手陣は前年合計41勝した山内、紀藤、加藤、山崎が合計で9勝に終わる(山崎は未勝利)。この年のドラフト1位澤崎俊和ドラフト2位黒田博樹、3年目の横山竜士、8年目の高橋英樹が穴を埋めようと試みる。澤崎が新人王を獲得、横山がリリーフで10勝、高橋英樹が苦しい8月に4勝を上げるが穴は埋めきれず、大野豊が42歳で史上最年長の最優秀防御率のタイトルを獲得したものの順位は3位ながら貯金は作れなかった。2012年現在、この年が最後のAクラス入りをしたシーズンとなっている。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た黒田博樹黒田博樹

    広島・黒田博樹投手が東京ドームで行われた対巨人第11回戦で先発完投勝利を挙げ、史上123人目となる通算100勝目を達成。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た黒田博樹黒田博樹

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た黒田博樹黒田博樹

    は5月10日に初めて一軍に昇格し、5月11日に代走で初出場。5月12日に「9番・二塁手」で初めてスタメン出場を果たすも無安打だったが、5月13日は休養の西岡剛に代わり「1番・遊撃手」でスタメン出場。この日も4打数無安打だったが、10回裏二死二塁の場面でプロ初安打よりも先にプロ初敬遠を記録する珍しい事態が発生した(試合は福浦和也がサヨナラ安打を放ち勝利)。5月14日に黒田博樹からプロ初安打を放った。最終的には31試合に出場するも打率1割台、三振率は4割を超えるなど結果を残せず、昇格してからちょうど1か月後に二軍落ちした。二軍では左方向への安打を量産し、打率.343でイースタン・リーグ首位打者を獲得し、1年目から二軍の主力選手として活躍した。二塁打24本も同リーグ1位。11盗塁を決めたが盗塁失敗12回も記録した。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • ボイ・ロドリゲス

    ボイ・ロドリゲスから見た黒田博樹黒田博樹

    に横浜ベイスターズに入団。開幕2戦目の対広島戦(広島市民球場)で黒田博樹から来日初安打を本塁打で飾る。7月27日の対広島戦ではサイクル安打を達成。同年は打率.262、本塁打18、打点60でチーム二冠(本塁打と打点)の成績を残すが、当時36歳と高齢であったことと、助っ人選手としては物足りない成績であることから11月28日に解雇となった。ボイ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 黒田一博

    黒田一博から見た黒田博樹黒田博樹

    現役メジャーリーガーの黒田博樹は息子。黒田一博 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た黒田博樹黒田博樹

    はシーズン開幕前から腰痛などで2軍暮らしが続いていたが、チームの不振などもあり6月9日の交流戦・広島戦に初先発。初回こそ梵英心に先頭打者本塁打を浴びるなど2点を失うがその後は持ち直し、途中降板するも直後にチームが逆転したため、広島のエース黒田博樹を相手に初登板初勝利を手にした。8月12日には、地元関西の京セラドーム大阪で初登板を果たすが、5回4失点でプロ初黒星を喫し、応援に駆けつけた高校時代にバッテリーを組んでいた同級生らに地元初勝利は贈れなかった。その後再び故障などでフォームを崩し、期待を裏切る2勝で1年目のシーズンを終えた。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た黒田博樹黒田博樹

    「日本一」「三冠王」の2つを目標に掲げて10年目のシーズンをスタート。開幕後間もない4月13日にFA権を取得。7月9日に黒田博樹から通算300号本塁打を放つ。28歳0ヶ月での到達は王貞治の27歳3ヶ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、1200試合目での達成は史上6番目に速さであった。また、8月1日には4番打者としての連続出場を363試合に伸ばし、石井浩郎の記録を抜き当時の単独1位となった。オールスターゲーム前までは、前年同様打球が上がらず76試合で18本塁打だったが、後半戦は64試合で32本塁打という驚異のペースで打ち続け、自己最多、史上8人目の50本塁打を記録する。セ・リーグでは1985年のランディ・バース以来17年ぶり、巨人では同じく1977年の王貞治以来の25年ぶりの快挙となった。ペタジーニに9本差をつけた50本目のホームランは2002年の本拠地最終戦の対ヤクルト戦(東京ドーム)で記録。最終打席はキャッチャーへのファウルフライを打ったところ捕手の米野智人が落球。次の投球で本塁打を放った。7・8月と2ヶ月連続で月間MVPを受賞。9月7日の広島戦でプロ野球新記録となる5年連続100得点を記録した。シーズン終盤までは打率3割5分台を維持し、三冠王目前だったが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者争いで福留孝介にタイトルを譲った。打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得した。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • スモールマーケット

    スモールマーケットから見た黒田博樹黒田博樹

    広島市に本拠を置く広島東洋カープは、スモールマーケットに加えて独立採算制を取っているため、近年ではFA制度のあおりを受けてチームの顔的な存在であった金本知憲や新井貴浩に阪神へ移籍されたり、エースの黒田博樹にドジャースへ移籍されたりする憂き目となり、巨万の資金を要する有望新人の獲得に関しても及び腰となっている現状がある。このためチームも1991年以来リーグ優勝の経験がなく、今や新規球団の楽天を除くセ・パ11球団で最も優勝から遠ざかった球団となっている。広島市も福岡市同様にインフラの集積が進み、中国地方の中核都市・支店経済都市として115万人超の人口を抱えるまでに至っている。本拠地の広島市民球場も老朽化が進み、球団の建て直しと新球場の建設が永らく広島市民及びカープファンの関心事となってきたが、新球場については紆余曲折を経て2007年に起工。2009年春に新広島市民球場(マツダZoom-Zoomスタジアム広島)としてオープンした。スモールマーケット フレッシュアイペディアより)

  • W-スピン

    W-スピンから見た黒田博樹黒田博樹

    「かませ」から「隠し」は重心移動に関する意識である。下半身主導のピッチングを実現するために望ましい動作、格好を演出する意識の事である。「ズバッ」は骨盤の反転動作に伴う腕の振り抜けの一連の動作である。「パンチング」はピッチングの際に極力、悪影響を出さないように工夫したイメージづけのモデルであり、投げ手にピッチングの実現のための「像」を植え付ける事によって腕の力みを取り除く効果が働く。例としては、ネコパンチやチョップといった軽やかな印象を持つ性質の動作をイメージのモデルとして採用されている。このパンチングの感覚やコツを掴むために、最適なルートを通過した時にだけ笛が鳴る「インナリングスティック」が上達屋より開発、発売され、実用化された。2004年から上達屋にモデルチェンジの依頼をし、飛躍を遂げた黒田博樹はスティックを用いたトレーニングで「未体験の開放感」感想を述べた。W-スピン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード