前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た黒田博樹黒田博樹

    野手陣では江藤が前年の大怪我の影響からか打撃守備に精彩を欠き、正捕手の西山も開幕早々けがでリタイア。緒方が3年連続盗塁王、ロペス2年連続打点王、他のレギュラー陣も数字は残したが3年連続で勝負どころで打てなかった。投手陣は前年合計41勝した山内、紀藤、加藤、山崎が合計で9勝に終わった(山崎は未勝利)が、代わりにこの年のドラフト1位の澤崎俊和、ドラフト2位の黒田博樹、3年目の横山竜士、8年目の高橋英樹が奮闘した。澤崎が新人王を獲得、横山がリリーフで10勝、黒田が6勝、高橋英樹が苦しい8月に4勝を挙げた。大野豊が42歳で史上最年長の最優秀防御率のタイトルを獲得したものの、順位は3位ながら貯金は作れず、この後貯金を作ってのAクラス入りは2014年まで達成できなかった。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の広島東洋カープ

    2016年の広島東洋カープから見た黒田博樹黒田博樹

    前年度のは黒田博樹、新井貴浩がカープに復帰したが、4位に終わっている。オフにはエース前田健太がポスティングシステムを利用してメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースへ移籍している。中日ドラゴンズからはエクトル・ルナを獲得。2016年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島から見た黒田博樹黒田博樹

    観客動員数は2009年以降も150万人を割ることなく推移している。開場から6年目になる2014年は、好調なチーム成績にも支えられた結果、過去最高だった2009年を上回る190万4781人を動員し、経済波及効果は217億円と試算されたが、翌2015年は黒田博樹、新井貴浩の復帰によりチーム人気がさらに高まり、9月27日の対阪神戦で球団史上初となる200万人の大台を突破、最終的には211万266人を動員し、経済波及効果は248億円に達した。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 フレッシュアイペディアより)

  • ボイ・ロドリゲス

    ボイ・ロドリゲスから見た黒田博樹黒田博樹

    に日本プロ野球(NPB)の横浜ベイスターズに入団。開幕2戦目の対広島戦(広島市民球場)で黒田博樹からNPB初安打を本塁打で飾る。7月27日の対広島戦ではサイクル安打を達成。同年は打率.262、18本塁打、60打点でチーム二冠(本塁打と打点)の成績を残すが、当時36歳と高齢であったことと、助っ人選手としては物足りない成績であることから11月28日に解雇となった。ボイ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た黒田博樹黒田博樹

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・ゴメス

    マウロ・ゴメスから見た黒田博樹黒田博樹

    阪神入団時の一軍監督・和田豊は、ゴメスの獲得に至った決め手として、メジャーリーグへの初昇格直後の対ニューヨーク・ヤンキース戦(2012年7月6日)を挙げた。ゴメスはこの試合で、第2打席までヤンキースの先発投手・黒田博樹の前に凡退しながら、第3打席で勝ち越し適時打を放った。和田は、日本人投手の典型である外角へのスライダーを拾って適時打を放ったシーンの映像を通じて、試合中での対応・修正能力の高さを感じたという。マウロ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • 2017 ワールド・ベースボール・クラシック B組

    2017 ワールド・ベースボール・クラシック B組から見た黒田博樹黒田博樹

    実況:初田啓介 解説:原辰徳、槙原寛己 ゲスト:黒田博樹 リポーター:新タ悦男、石井大裕2017 ワールド・ベースボール・クラシック B組 フレッシュアイペディアより)

  • 東浜巨

    東浜巨から見た黒田博樹黒田博樹

    ''は開幕ローテーションから外れ、二軍スタートとなった。二軍では4試合に登板し、防御率0.90と好投。4月15日に一軍登録された。昇格後は先発ローテーションに加わり、則本昂大、涌井秀章、黒田博樹とエース級と投げ合って勝ち投手になった。23試合に登板(先発は20試合)。自己最多の9勝(6敗)を挙げ、防御率は3.00だった。東浜巨 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た黒田博樹黒田博樹

    は5月10日に初めて一軍に昇格し、5月11日に代走で初出場。5月12日に「9番・二塁手」で初めてスタメン出場を果たし無安打だったが、5月13日は休養の西岡剛に代わり「1番・遊撃手」でスタメン出場。この日も4打数無安打だったが、10回裏二死二塁の場面でプロ初安打よりも先にプロ初敬遠を記録する珍しい事態が発生した(試合は福浦和也がサヨナラ安打を放ち勝利)。5月14日に黒田博樹からプロ初安打を放った。最終的には31試合に出場するも打率1割台、三振率は4割を超えるなど結果を残せず、昇格してからちょうど1か月後に二軍落ちした。二軍では左方向への安打を量産し、打率.343でイースタン・リーグ首位打者を獲得し、1年目から二軍の主力選手として活躍した。二塁打24本も同リーグ1位。11盗塁を決めたが盗塁失敗12回も記録した。5月25日の阪神タイガース戦で、3-2と1点リードの9回表無死三塁のピンチで、4番・金本知憲のセンター前に抜けるような当たりを前進守備ながらもダイビングキャッチで好捕し、一塁に送球する前にずれた帽子を一瞬で直すという新人離れの余裕を見せた(根元自身は無意識だったと話している)。このプレーが相手に傾きかけた流れを阻み、試合に勝利した(このプレーは好プレーなどプロ野球の好珍プレー番組で何度か紹介された)。5月27日の対巨人戦では代走から途中出場し、10回表無死一塁で打席についた。ここで、ボビー・バレンタイン監督からバスターエンドランを指示されると、福田聡志が低めに投じたストレートをセンター前に弾き返し、直後の福浦の決勝適時打を呼び込んだ。本人の最も印象に残っている試合・プレーとしてあげている1。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田一博

    黒田一博から見た黒田博樹黒田博樹

    プロ野球選手の黒田博樹は次男。黒田一博 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード