117件中 91 - 100件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹(ロサンゼルス・ドジャース):調整上の理由により辞退。WBCの出場へは前向きであったが、シーズン中痛めたことのある右肩の状態を考慮により、WBCに対する調整が難しいと判断、「シーズンに向けて調整したい」との意向により。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 速球

    速球から見た黒田博樹黒田博樹

    ケビン・ブラウン、オーレル・ハーシュハイザー、ブランドン・ウェブ、デレク・ロー、ティム・ハドソンらが代表的な使い手である他、アンダースロー投手の大半が投げている。日本人選手では黒田博樹やダルビッシュ有、岩隈久志が投げている。速球 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た黒田博樹黒田博樹

    先発した試合で最小失点に抑えていても、味方打線の沈黙によって敗戦投手になるケースが多い。は記録した7分のうち5試合に先発登板しているが、その中には両投手の完封リレーによって0-0で引き分けた試合(2005年4月15日の対広島東洋カープ戦、相手投手は黒田博樹)も存在したほか、7回2失点以内に抑えて勝利投手になれなかった試合も9試合存在する。しかし、そのような試合でも「打たれた自分が悪い」と決して他人に責任を押し付けず、打線を擁護するコメントを出している。三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

  • シンカー・スクリューボール

    シンカー・スクリューボールから見た黒田博樹黒田博樹

    本場のアメリカ合衆国では、上記のいずれとも異なる用法で用いられる。手首を外側にひねって投じ、利き腕方向に曲がり落ちる球がスクリューボール(英: Screwball)と呼ばれ、メジャーリーグでプレーした村上雅則や建山義紀のシンカーはスクリューボールと認識された。また、日本で言う「沈む速球(シンキング・ファストボール)」や「落ちるシュート」のことをシンカー(英: Sinker)と呼び、黒田博樹やダルビッシュ有、岩隈久志の沈む速球はシンカーと認識された。ツーシームとの定義が曖昧だが、ロイ・ハラデイなどは「横の変化よりも沈ませることを重視しているからシンカーと呼んでいる」という。なお高津臣吾と高橋尚成のシンカーはアメリカではチェンジアップと認識された。シンカー・スクリューボール フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年

    訃報 2007年から見た黒田博樹黒田博樹

    8月17日 - 黒田一博、元プロ野球南海ホークス選手、プロ野球選手・黒田博樹の父(* 1924年)訃報 2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た黒田博樹黒田博樹

    アテネオリンピックでの野球日本代表は各チームから2名以内の選出という申し合わせ事項があり、広島からエースの黒田博樹と共に選出されたのは、当時連日スタメンに名を連ねていた前田智徳や新井貴浩ではなく、グレッグ・ラロッカや緒方孝市と交代でセカンドやセンターで出場する機会の多かった木村だった。オリンピックにおける野球競技(を含めた野球の国際大会)では、ベンチ入り可能な選手人数が非常に少ないため、複数のポジションをこなせる選手は重宝された。アテネオリンピックの公式記録集では日本代表で唯一、ユーティリティープレーヤーである「U」の表記となっている。試合出場は予選リーグの対ギリシャ戦(8回から谷佳知との交代でレフトを守る)と、3位決定戦となった対カナダ戦(8番レフトでフル出場)の2試合にとどまったが、試合での攻守のみならず、雑用係やブルペンキャッチャーとしても活躍し、長嶋茂雄からは「率先して裏方の仕事を手伝い、銅メダルに貢献してくれた」と称えられた。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • アジア野球選手権大会

    アジア野球選手権大会から見た黒田博樹黒田博樹

    投 手:上原浩治、岩瀬仁紀、松坂大輔、和田毅、木佐貫洋、安藤優也、黒田博樹、小林雅英、石井弘寿アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た黒田博樹黒田博樹

    4月9日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初先発。初回に4失点を喫するなど、5回2/3を8安打、5失点、5奪三振、5四死球の内容だったが、打線の援護に恵まれメジャー初勝利を挙げる。初回4失点以上でのメジャー初登板初勝利はにセントルイス・カージナルスのビル・スティールが達成して以来102年ぶりの記録だった。24日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と投げ合い、8回1/3を7安打、無失点、10奪三振、2四球で最速97mph(約156km/h)も記録する投球で3勝目を挙げる。4月は5試合の登板で4勝0敗、防御率2.18、WHIP1.42の成績でリーグ月間最優秀新人を受賞。5月27日のトロント・ブルージェイズ戦では腰の張りで5回を投げて降板するも、日米通算100勝目を挙げる。前半戦は16試合の先発で10勝5敗、防御率3.59、WHIP1.36の成績を残し、最終投票でオールスターに選出される。最終投票の直前にはTwitterでの投票が可能になり、チームメイトと共に自身のTwitterで投票を呼びかけた。オールスター前日の会見では「すごい選手ばかりなので変な感じがする。どういう形であれ、ここにいるということは、成長したなと思う」とコメント。オールスター当日の登板はなかったが、デビッド・プライスやジョー・マウアーらと会話し、「僕にとって初めてのオールスターで何人かの選手といろいろな話ができて楽しかった」とコメントした。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た黒田博樹黒田博樹

    11月19日 - かねてよりWBCへの出場要請をしていたMLB所属のダルビッシュ有、岩隈久志、青木宣親、川崎宗則、イチロー、黒田博樹の6選手全員から出場を辞退されることとなり、山本監督はNPB所属選手のみで大会に出場することをコメントした。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た黒田博樹黒田博樹

    1000奪三振:1997年7月15日、対広島東洋カープ15回戦(ナゴヤドーム)、3回表に黒田博樹から ※史上99人目山本昌 フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード