117件中 101 - 110件表示
  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た黒田博樹黒田博樹

    300犠打:2007年7月24日、対広島東洋カープ12回戦(明治神宮野球場)、5回裏に黒田博樹から投手前犠打 ※史上5人目宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見た黒田博樹黒田博樹

    2012年はボビー・バレンタインが監督に就任。だがバレンタインと主力選手の間に軋轢が生じた結果、ケビン・ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスなど多くの選手がトレードで放出された。チームは低迷し、地区最下位に沈み、バレンタイン監督も解任された。松坂もこの年限りで自由契約となった。10月20日にジョン・ファレルが新監督に決まった。戦力補強においては、松坂と入れ替える形でヤンキースの黒田博樹の獲得を試みるが、黒田がヤンキースと再契約したために果たせなかった。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見た黒田博樹黒田博樹

    マイナー時代から多少気性の荒いところもあり、1999年に相手投手のティム・ベルチャーが朴のバントを処理して一塁線上でタッチしたところに跳び蹴りを放ち、7試合の出場停止処分を受けたこともあった。韓国メディアから日本人との対決姿勢を煽られることもあるが、日本の野球や選手に対しては友好的で敬意をこめた発言をすることで知られ、レンジャース時代にはマリナーズとの対戦の際に投球術やフォークボールについて佐々木主浩にアドバイスを求め、ドジャース時代には黒田博樹に度々アドバイスを送るなど日本人選手との交流もあった。2006年のワールド・ベースボール・クラシックで日本に敗れた際には韓国国内で「決勝に進むのにふさわしいのは日本ではなく韓国だ」との論調が広まったが、「残念というより韓国野球の力を世界にアピールした点で大きな意義をもつと思う。今回の大会に心残りはない。できれば大塚(晶則)やイチローなど親しい選手の多い日本が頂点に立ってくれればと思う。彼らは私と国籍は違うが、トップになるため同じ道を歩んでいる選手たちだ」とコメントし、日本の優勝が決まった時には「日本に負けた時は確かに悔しかった。だけどそれよりも私には大きな意味があった。私は日本に優勝してほしかった。韓国はできなかったからね。アジアのためにも日本の優勝はとても嬉しい」と語った。2011年に起こった東日本大震災に際しては、震災5日後に義援金1,000万円を寄付した。朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

  • オマール・リナレス

    オマール・リナレスから見た黒田博樹黒田博樹

    初安打・初打点:同上、8回裏に黒田博樹から左前決勝2点適時打オマール・リナレス フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た黒田博樹黒田博樹

    39歳となっていた2013年の第3回WBCでは、引き続き代表の顔としての活躍が期待されていた。しかし、自身の39歳となる年齢や来年以降の球団所属先など自身の問題や、ニューヨーク・ヤンキースでプレーした黒田博樹とともに、2012年11月19日に正式に参加の辞退を表明した。「ボクの中で第2回大会を終えた時点で3回目の出場は考えられませんでした。今日までその気持ちが変わることはなくこういう形になりました」として、第2回WBCの時点で既に今回のWBC参加は考えてなかったことを明かした。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 古田 敦也

    古田敦也から見た黒田博樹黒田博樹

    1000本安打:1997年10月3日、対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)、3回表に黒田博樹から中前適時打 ※史上186人目古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た黒田博樹黒田博樹

    1月に黒田博樹と共にアリゾナで自主トレを行ない、ケガ防止のためのインナーマッスル強化や股関節の柔軟性向上などに取り組んだが、6月19日の対ヤクルトスワローズ戦で三塁ゴロを処理した際に右膝を痛めて抹消されるなど、同年も故障との戦いが続いた。オフには現状維持で契約を更改している。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ローズ

    ロバート・ローズから見た黒田博樹黒田博樹

    100本塁打:1998年7月19日、対広島東洋カープ18回戦(横浜スタジアム)、6回裏に黒田博樹から中越ソロ ※史上195人目ロバート・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 専修大学

    専修大学から見た黒田博樹黒田博樹

    2007年、黒田博樹が卒業生初のメジャーリーガーになる。専修大学 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た黒田博樹黒田博樹

    初盗塁:2003年5月24日、対広島東洋カープ10回戦(広島市民球場)、6回表に二盗(投手:黒田博樹、捕手:石原慶幸)アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

117件中 101 - 110件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード