198件中 111 - 120件表示
  • ロバート・ローズ

    ロバート・ローズから見た黒田博樹黒田博樹

    100本塁打:1998年7月19日、対広島東洋カープ18回戦(横浜スタジアム)、6回裏に黒田博樹から中越ソロ ※史上195人目ロバート・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た黒田博樹黒田博樹

    には、背番号を「50」から清原と同じ「5」に変更。1月、単身自費でアメリカに渡り、メジャーリーガーと共にトレーニングを行った。この年から毎年キャンプ前にはアメリカでトレーニングを行っている。体脂肪は10%から9%に減らしながら、体重を100kgにまで増やした。シーズンでは初めて数試合4番に座った他、7月の月間MVPを取るなど成績を上げた。だが8月に腰に違和感が生じ、検査したところ椎間板ヘルニアと診断された。8月23日に手術を受け、残りシーズンを棒に振った。皮肉にも7月の月間MVPを一緒に受賞した黒田博樹も戦線離脱の憂き目に遭った。途中離脱をしたにもかかわらず、勝利打点はチームでは嶋重宣に次ぎ、また本塁打で2ラン以上の割合がリーグ1位と、勝負強い打撃で活躍した。怪我による離脱を除けば、ほぼ不動のレギュラーを手中にしている。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 郭泓志

    郭泓志から見た黒田博樹黒田博樹

    は一気に飛躍の年となった。2007年シーズン終了後のオフで手術した左腕を案じたトーリ監督は郭をセットアッパーとして起用したが、郭はこのポジションで頭角を現した。5月6日のメッツ戦では、黒田博樹のリリーフとして登板し、打者12人に対し8三振を奪い、3回2/3を無安打無得点に抑え、シーズン2勝目を挙げた。また8月14日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では2回を無安打無得点に抑え自身初のセーブを挙げた。郭は2008年シーズン中42試合に登板し3試合に先発、39試合にリリーフとして出場、80回を投げ96三振を奪い、対戦チームの打率を.204に抑え、全ナショナルリーグのリリーフ投手の中でも1.69という顕著な防御率を残すに至った。上腕三頭筋のケガによりシーズン最後の15試合、およびディビジョンシリーズへの出場機会を失ったが、ナショナルリーグのチャンピオンシリーズでは3試合に出場し、3回を登板、3三振を挙げた。郭は同年の「MLB.com This Year in Baseball Awards」において、最優秀中継ぎ投手に選ばれた。郭泓志 フレッシュアイペディアより)

  • 味園博和

    味園博和から見た黒田博樹黒田博樹

    高校卒業後は、東都の専修大学に進学。捕手として、後に広島からドラフトされた同期の小林幹英や1学年後輩の黒田博樹をリードする。味園博和 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見た黒田博樹黒田博樹

    2011年は、オフシーズンにサンディエゴ・パドレスの主砲一塁手エイドリアン・ゴンザレス及びレイズの外野手カール・クロフォードを獲得し、打線がより一層強化され、前年とは大きく異なって、開幕から絶好調であり、単独地区1位になっていた。そして、オールスター後はヤンキースと地区1位を争い、更に、8月にオークランド・アスレチックスからトレードで外野手コナー・ジャクソンを獲得し、地区優勝に勢いをかけた。また、先発投手陣の不振を補うため、ヤンキースの黒田博樹をトレードで獲得しようと交渉していたが、当時の黒田の契約にはノートレード条項あったために果たせなかった。9月以降に大失速し、ヤンキースに地区1位を奪われ、ワイルドカードもレイズに奪われ、最終的には、前年同様地区3位でシーズンを終えた。9月30日には、テリー・フランコーナ監督が辞任した。更に10月にはセオ・エプスタインGMの辞任も発表され、86年ぶりの世界一をもたらした体制が一新されることになった。なおエプスタインの後任に彼の腹心だったベン・チェリントンが就任した。またジョナサン・パペルボンがFAとなって去った為、アスレチックスの抑えアンドリュー・ベイリーを獲得した。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た黒田博樹黒田博樹

    9月6日 - 広島の黒田博樹が東京ドームでの対巨人24回戦の五回表に空振り三振を喫し、開幕から54打席連続無安打のセ・リーグタイ記録。8回表の次打席で安打を打ち、記録は54で止まる。2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 城石憲之

    城石憲之から見た黒田博樹黒田博樹

    初打点:1998年9月13日、対広島東洋カープ27回戦(広島市民球場)、2回表に黒田博樹から城石憲之 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡敬人

    平岡敬人から見た黒田博樹黒田博樹

    目標とする投手は「誰もが知っている投手なので」と球団OBの黒田博樹を挙げた。平岡敬人 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た黒田博樹黒田博樹

    ''3月13日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約で合意したことが報じられ、18日に契約。ホセ・レイエスの故障者リスト入りに伴い、4月13日にメジャー契約となり25人枠に入る。同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でスタメン出場し、第1打席で先制点となる犠飛を打ち、チームの勝利に貢献。20日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と対戦し、翌21日のヤンキース戦ではメジャーで初となる1番でのスタメン出場を果たす。5月26日のボルチモア・オリオールズ戦ではメジャー初のサヨナラ打を放った。6月21日のオリオールズ戦ではトミー・ハンターからメジャー初本塁打となる2点本塁打を打った。32歳でのメジャー初本塁打はブルージェイズの選手としては最高齢であった。25日にはホセ・レイエスの復帰に伴いマイナー・オプションが行使されAAA級バッファローに降格したが、メルキー・カブレラの故障者リスト入りに伴い27日に再昇格。前半戦は67試合の出場で打率.213、出塁率.319の成績だった。6月から7月にかけては後頭部に円形脱毛症を発症していたと言う。7月13日にブレット・ロウリーの復帰に伴い再降格し、エミリオ・ボニファシオの移籍に伴い8月14日に再昇格。16日には育休リスト入りし長男の誕生に立ち会う。9月21日のボストン・レッドソックス戦では内野ゴロの判定を受けてヘルメットを地面にたたきつけるポーズを示し、初の退場処分を受ける。後半戦は26試合の出場で打率.274、出塁率.348の成績を残しシーズンを終える。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋光信

    高橋光信から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打・初打点:2000年8月31日、対広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、9回表に黒田博樹から左中間へ2ラン高橋光信 フレッシュアイペディアより)

198件中 111 - 120件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード