198件中 121 - 130件表示
  • 田中将大

    田中将大から見た黒田博樹黒田博樹

    1月22日にニューヨーク・ヤンキースと総額1億5500万ドルの7年契約に合意したことが発表された。投手としてはMLB史上5位の契約額となり、4年目終了後には契約をオプトアウトしてFAとなれる条項が付く。合意後の会見ではヤンキースとの契約を選んだ理由について「最大限の評価をしてもらった。世界でも名門のチームだし、いろいろなものを感じながら、違ったものを感じながらプレーすることができるのではないかなと思っています」と語った。24日には背番号が19に決定したことが球団から発表された(楽天時代の背番号18はすでに黒田博樹が使用していたため)。これにより、田中は楽天から3人目のメジャー移籍選手(1人目は福盛和男、2人目は岩隈久志)となったが、楽天生え抜き選手だけなら田中が最初の選手となった。渡米時には、本人や家族と関係者計5人と愛犬1匹のため、かつ入団会見やキャンプに「ベストなコンディションで臨むため」に日本航空のボーイング787を自費負担でチャーターしたことが話題となった。スプリングトレーニングでは3度の先発を含む5試合に登板し、2勝0敗、防御率2.14、WHIP0.86と好投。3月29日にはスプリングトレーニングで活躍した1年目のヤンキースの選手に与えられる「James P. Dawson Award」を受賞した。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • エスマイリン・カリダ

    エスマイリン・カリダから見た黒田博樹黒田博樹

    広島時代練習中使用しているグローブは黒田博樹のものであった。カープアカデミーでは、個人の練習道具の殆どが在籍していた選手のお古などで練習している。エスマイリン・カリダ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木清明

    鈴木清明から見た黒田博樹黒田博樹

    2015年の黒田博樹、新井貴浩のカープ復帰の際に、球団側の交渉責任者を担当した。鈴木清明 フレッシュアイペディアより)

  • 竹岡和範

    竹岡和範から見た黒田博樹黒田博樹

    山本浩二、山崎隆造、大野豊、前田智徳、黒田博樹、梵英心のファン。竹岡和範 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのテレビ (テレビ新広島)

    みんなのテレビ (テレビ新広島)から見た黒田博樹黒田博樹

    2016年10月18日は当初予定していた『優しい人なら解ける クイズやさしいね・2時間SP』を差し替えし、19:00 - 20:54に『緊急特番!TSSみんなのテレビ カープ黒田博樹投手引退会見』を放送。当日の通常枠から引き続き達川光男をゲストに招いて、黒田の引退会見の模様などを伝えた。平均視聴率は19.2%(ビデオリサーチ調べ、広島地区・世帯・リアルタイム)だった。みんなのテレビ (テレビ新広島) フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンソ・ソリアーノ

    アルフォンソ・ソリアーノから見た黒田博樹黒田博樹

    に一軍登録され、9試合出場。17打数で2安打。身体が細いにもかかわらず、この頃からすでに振り回すバッティングフォームであった。また足が遅いことで有名だったためあだ名はロバと呼ばれていた。広島で遊撃手として守った時が、人生で一番精神的に疲れたという。当時を振り返り、「19歳(鯖読みをしており実際は21歳)だったんだ。自分の手は震えが止まらずにいたよ。誰も自分に向かってゴロを打って欲しくなかった。ポロリと落とすってわかっていたからね」と語った。黒田博樹は1997年の一年間、カープの寮「三省寮」で、同じ釜の飯を食べた仲。アルフォンソ・ソリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た黒田博樹黒田博樹

    1000奪三振:1997年7月15日、対広島東洋カープ15回戦(ナゴヤドーム)、3回表に黒田博樹から ※史上99人目山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た黒田博樹黒田博樹

    11月に開催の第1回WBSCプレミア12では、シーズン中に日本代表候補へ選出。しかし、右肩の不調などから、実際には出場していない。その一方で、12月14日には、推定年俸5億円に出来高の条件を加えて契約を更改。基本年俸分では、この時点でNPBの現役選手最高額に達した(同月17日に広島の黒田博樹が推定年俸6億円で更改)。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田正直

    宮田正直から見た黒田博樹黒田博樹

    上宮高時代は、1学年上に元木大介、種田仁、小野寺在二郎がおり、1学年下には薮田安彦、中村豊、市原圭、久保孝之、2学年下には西浦克拓、黒田博樹、筒井壮がいた。宮田正直 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た黒田博樹黒田博樹

    、前年の野村謙二郎の引退により、チーム最年長選手となる。また、先発投手に再転向。当初は黒田博樹、大竹寛、ショーン・ダグラスの脇役的な扱いだったが、最終的にはチームで唯一シーズン通じてローテーションを守って投げきり、規定投球回数に到達すると共に8勝を挙げた。5月4日には、東京ヤクルトスワローズ戦にて先発通算100勝目を挙げる。先発100勝かつ100セーブという記録は江夏豊以来史上2人目。39歳での規定回数到達は大野豊に次ぐ球団史上2位の高齢記録であった。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

198件中 121 - 130件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード