198件中 131 - 140件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打・初打点:1999年4月14日、対広島東洋カープ2回戦(東京ドーム)、5回裏に黒田博樹から左越ソロ二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た黒田博樹黒田博樹

    23日 - 【野球】 広島東洋カープの黒田博樹がこの日行われたVS阪神タイガース戦で勝利投手となり、日米通算200勝(日本121勝、米国79勝)を達成。日米を通じて200勝を達成したのは野茂英雄に次いで史上2人目。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 江越大賀

    江越大賀から見た黒田博樹黒田博樹

    ''、2年連続で一軍の春季キャンプに参加したが、打撃フォームの改造に取り組んだ影響で、オープン戦の期間中に一時二軍へ降格。オープン戦の終盤から一軍へ復帰すると、2年連続で開幕一軍入りを果たした。公式戦の開幕直後には途中出場の試合が続いたものの、4月3日の対DeNA戦(横浜スタジアム)でシーズン1号本塁打、次に打席へ立った7日の対巨人戦(東京ドーム)で2号本塁打を放った。4月8日の対広島東洋カープ戦(甲子園)に2番・中堅手としてシーズン初の公式戦スタメン出場を果たすと、1回裏の第1打席でソロ本塁打を放ったことによって、3試合にまたがる3打席連続本塁打を達成。翌9日の同カードでも2番打者としてスタメンに起用されると、第1打席の黒田博樹からのソロ本塁打で、阪神ではのクレイグ・ブラゼル以来、日本人選手としては一軍監督・金本知憲の現役時代()以来の4試合連続本塁打を記録した。しかし、4月下旬から21打席連続無安打を経験するなど調子を崩したため、5月8日にこの年初めて出場選手登録を抹消されてからは一軍と二軍を往復。一軍公式戦全体で自己最多の7本塁打を記録しながら、打撃の確実性に欠けたことが災いして、一軍の外野レギュラー陣に定着するまでには至らなかった。江越大賀 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀太

    田中秀太から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打:2000年5月7日、対広島東洋カープ8回戦(広島市民球場)、6回表に黒田博樹から右越3ラン田中秀太 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・グリーンウェル

    マイク・グリーンウェルから見た黒田博樹黒田博樹

    初安打・初打点:同上、3回裏に黒田博樹から中前適時打マイク・グリーンウェル フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見た黒田博樹黒田博樹

    韓国メディアからは日本人との対決姿勢を煽られることもあったが、日本の野球や選手に対しては友好的で敬意をこめた発言をすることで知られ、レンジャース時代にはマリナーズとの対戦の際に投球術やフォークボールについて佐々木主浩にアドバイスを求め、ドジャース時代には黒田博樹に度々アドバイスを送るなど日本人選手との交流もあった。2006年のワールド・ベースボール・クラシックで日本に敗れた際には韓国国内で「決勝に進むのにふさわしいのは日本ではなく韓国だ」との論調が広まったが、「残念というより韓国野球の力を世界にアピールした点で大きな意義をもつと思う。今回の大会に心残りはない。できれば大塚(晶則)やイチローなど親しい選手の多い日本が頂点に立ってくれればと思う。彼らは私と国籍は違うが、トップになるため同じ道を歩んでいる選手たちだ」とコメントし、日本の優勝が決まった時には「日本に負けた時は確かに悔しかった。だけどそれよりも私には大きな意味があった。私は日本に優勝してほしかった。韓国はできなかったからね。アジアのためにも日本の優勝はとても嬉しい」と語った。2011年に起こった東日本大震災に際しては、震災5日後に義援金1,000万円を寄付した。朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た黒田博樹黒田博樹

    広島からFAで移籍してきた江藤智の入団により、シーズン前半戦は主に5,6番を任された。前年の骨折の影響もありプロ入り後初めてのスランプを経験するが、後半戦には復調。8月24日の広島戦で不振に陥っていた江藤に変わって3番に座ると、初回に黒田博樹から2年連続となる20号本塁打を放ち、この試合では2打点を挙げて巨人のサヨナラ勝ちに貢献した。その後は再び6番に降格されたものの同月29日の阪神戦で再び3番に座り、ソロホームランを含む2安打1打点、翌30日には2本塁打3打点を挙げる活躍を見せ、「MKT砲」と称された3番・高橋、4番・松井、5番・清原和博の強力クリーンアップの一員としてリーグ優勝・日本一に貢献した。9月の広島戦で球団通算1000号サヨナラ本塁打を高橋建から放った。プロ入り初の全試合・フルイニング出場を果たすも、3年目で初めて打率3割を下回った。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た黒田博樹黒田博樹

    、3月28日の開幕戦で初の開幕投手で8回を4安打1失点と好投(勝負つかず)。ロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補として期待されたが、前半戦は5勝10敗。7月31日のオールスターゲームに同僚のコルビー・ルイスの代役として初出場。2回2安打無失点と好投。後半戦はルイスらが一時離脱する中、唯一ローテーションを守り続けて4年連続の規定投球回に到達し、最終的に9勝12敗まで持ち直した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た黒田博樹黒田博樹

    1月に黒田博樹と一緒にアメリカ合衆国のアリゾナで自主トレーニングを行い、怪我の防止のためのインナーマッスル強化や股関節の柔軟性向上などに取り組んだが、6月19日の対ヤクルト戦で三塁ゴロを処理した際に右膝を痛めて出場選手登録を抹消されるなど、同年も怪我に泣いた。年末には現状維持で契約を更改している。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤正則

    安藤正則から見た黒田博樹黒田博樹

    専大松戸高では速球投手として注目されたが、当初は野球を続けるつもりはなかった。そのため一般入学で専修大学に進むが、2年上に小林幹英、1年先輩に黒田博樹がいたため、4年から主戦投手となった。4年秋には最優秀投手、ベストナインとなり、1997年度ドラフト会議にて西武ライオンズから1位指名を受けて入団。安藤正則 フレッシュアイペディアより)

198件中 131 - 140件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード