198件中 141 - 150件表示
  • 先発投手

    先発投手から見た黒田博樹黒田博樹

    2016年シーズン終了時点で、日本プロ野球において先発勝利(先発投手勝利)数のみで200勝を達成している者は、11名。日米では黒田博樹が史上初である。先発投手 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た黒田博樹黒田博樹

    巨人から楽天へ移籍したことを機に、中日ドラゴンズで右腕投手として活躍した星野の勧めでサイドスローへ転向。試合前練習の2時間前から室内練習場でネットピッチングに勤むなどの工夫を続けた結果、移籍1年目に中継ぎ投手として復活を果たした。ただし、フォーム改造の代償も大きく、移籍5年目に現役引退を決意するまで左脇腹や背中の痛みに悩まされた。金刃自身は、引退に際して、「巨人1年目(2007年)の対広島戦で(翌2008年にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した)黒田博樹と投げ合った末にプロ初勝利を挙げたことは自信になった。その巨人から楽天へ移籍したことは、自分にとって『(野球選手として)一度死んだ』ようなものだったので、『楽天から戦力外通告を受けたら現役を退こう』と決めていた。星野からサイドスローの転向を勧められた当初は『冗談』かと思ったが、あの勧めがあったおかげで、『一度死んだ身』でも(楽天で)5年(にわたって投げることが)できた」というコメントを残している。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た黒田博樹黒田博樹

    元広島東洋カープの黒田博樹を尊敬している。黒田はニューヨーク・ヤンキース時代に斉藤からカーブを教えてもらっていたという。斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回NHK紅白歌合戦

    第67回NHK紅白歌合戦から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹(元広島東洋カープ投手):VTR出演、福山雅治の曲紹介でメッセージを披露。第67回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た黒田博樹黒田博樹

    アメリカに比べ日本は指導者育成の場が少なすぎると「ジャパンスポーツシステム」を設立し、アメリカの著名選手や球団経営者を招いた勉強会「日米ベースボールサミット」を開催。これは1988年からまで3回行われ、元MLBコミッショナー・ボウイ・キューンやドン・ドライスデール、ボビー・ボニーヤ、デーブ・ウィンフィールド、ジョー・マグレーンら、MLBの元指導者、現役の監督・選手が来日し、日本からも広岡・古葉竹識・張本勲・鈴木啓示らが参加してサミットで議論を繰り広げた。また、野茂英雄・古田敦也らアマチュア選手たちも参加して実技指導を受けた。アメリカ側の参加者には、当時テキサス・レンジャーズ監督だったボビー・バレンタインもいた。「ジャパンスポーツシステム」は、日本選手の受け入れを目指しアメリカのマイナーリーグ球団の経営にも乗り出し1989年、当時ミネソタ・ツインズ傘下だった1A・バイセイリア・オークスを買収し同年、巨人から吉田孝司コーチと藤本健治、佐川潔、小沢浩一、四條稔を受け入れた。1990年にはトロント・ブルージェイズ傘下の3A・バンクーバー・カナディアンズを買収した。通訳・経営に携わったエーシー興梠は、能力を買われ後にロサンゼルス・ドジャースのアジア地区担当取締役となり、黒田博樹らを獲得している。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隼太

    伊藤隼太から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹や前田健太が広島に在籍していた時期には、2人との相性が良く、どちらかの投手が先発する試合にスタメンで起用されることも多かった。2015年4月25日の対広島戦(マツダスタジアム)では、自身のシーズン初本塁打となる2点本塁打を放つなど、黒田から3打席連続で安打を記録。伊藤隼太 フレッシュアイペディアより)

  • 若松駿太

    若松駿太から見た黒田博樹黒田博樹

    シーズンは開幕ローテーション入りは逃したが、4月14日に一軍に昇格すると4月18日のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)で行われた広島東洋カープ戦に先発登板。6回を投げ自責点1の好投を見せたものの味方打線の援護がなく勝ち星はつかなかった。しかしその日の広島の黒田博樹と打者として対戦したことで彼の投球から多くを学んだという。4月26日の横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズ戦に先発登板するものの2失点したのち4回途中で降板。負けはつかなかったものの、翌27日に一軍登録抹消、二軍降格となる。1か月後の5月26日、再び一軍へ昇格すると翌日27日の福岡ソフトバンクホークス戦で中継ぎ登板。5回1/3のロングリリーフをした。6月2日、ナゴヤドームで行われた埼玉西武ライオンズ戦に先発し、6回無失点と好投、先発登板5試合目で念願のプロ初勝利を挙げた。試合終了後のヒーローインタビューでは、目を潤ませながら若松の担当スカウト、故・渡辺麿史への感謝の気持ちとこれからの決意を語った以降、非常に安定した投球をみせ、8月には初の完封勝利を含む月間4勝の好成績を収め、セ・リーグの月間MVP(投手)に選ばれた。最終的には規定投球回にこそ達しなかったもののチームメートの大野雄大に続く二ケタ勝利(10勝4敗)を挙げた。成績を残したものの、DeNAの山?康晃が新人最多セーブ(37S)をマークしたため、新人王獲得はならなかった。11月21日にナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」で行われた契約更改では今季の年俸約550万円から約555%増(6.5倍)、約3050万円アップの3600万円で更改。若松駿太 フレッシュアイペディアより)

  • 15

    15から見た黒田博樹黒田博樹

    日本プロ野球・中日ドラゴンズの背番号15は西沢道夫選手(投手→内野手)の永久欠番である。2016年には広島東洋カープの黒田博樹投手の背番号として同球団三人目の永久欠番となった。また、福岡ソフトバンクホークスでも藤井将雄投手がダイエー時代の2000年に急逝して以来、事実上の欠番状態となっている。15 フレッシュアイペディアより)

  • 石原慶幸

    石原慶幸から見た黒田博樹黒田博樹

    は開幕戦に8番捕手でスタメン出場を果たし、その後もK.ジョンソン、黒田博樹、野村祐輔が登板する試合を中心に正捕手を務めた。8月2日のヤクルト戦ではウラディミール・バレンティンが空振りをした際にバットを頭部に受け、脳振とう、後頭部打撲と診断され登録抹消となった。しかし、脳震盪特例措置が適用されたため10日を待たず9日に再登録され、復帰戦で安打を放った。打撃は前半戦を終えた時点で打率.147と不振が続いたが、後半戦は打率.299とほぼ3割を記録するなど復調して下位打線を支えた。最終的には106試合に出場し、3年振りに出場試合が100を上回った。また、広島の優勝に貢献したことが評価され、セリーグ最年長の37歳にして、初のゴールデングラブ賞 、ベストナインを獲得し、また、自身三度目となる最優秀バッテリー賞も野村祐輔と共に受賞した。2016年の日本シリーズではノーヒットに終わり日本一を逃した。石原慶幸 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た黒田博樹黒田博樹

    より先発投手に転向。神宮球場での開幕3戦目、8回終了時点で9対0と圧倒。99球を投じて被安打4という完封ペースだったが、WBCへ参戦しながら無登板で調整の遅れていた抑えの久保田智之に調整登板させたい首脳陣の意向もあって、8回限りで降板した。同月3度目の先発となった16日の対広島戦では初完封の機会が巡ってきたものの、9回表に力尽きて2失点、味方打線は相手先発の黒田博樹から1点のみと援護にも恵まれなかったため、このシーズン唯一の完投ながら敗戦投手となっている。先発投手を6人で回すチーム事情もあって日曜日の試合に登板することが多く、「サンデー江草」と呼ばれた。また捕手との相性の関係で、主に浅井良とバッテリーを組んだ。4月こそ5登板で3勝と好調だったが、5月以降は5月27日の5勝目を最後に勝ち星から遠ざかった。6月下旬に久保田が右手骨折で離脱したことに伴い、シーズン途中から中継ぎに再転向した。しかし再転向後も精彩を欠き、登板機会が減った。同年12月1日に婚姻届を提出。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

198件中 141 - 150件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード