198件中 11 - 20件表示
  • 開幕投手

    開幕投手から見た黒田博樹黒田博樹

    なお、MLBでは、トム・シーバーが計16回の開幕投手を務め最多記録になっている。2000年に野茂英雄(タイガース)が日本人初の開幕投手を務め、その後2003年・2004年にドジャースでも務めた。それ以後は、2008年に松坂大輔(レッドソックス)、2009年に黒田博樹(ドジャース)、2015年?2017年に田中将大(ヤンキース)が務めている。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の野球

    1997年の野球から見た黒田博樹黒田博樹

    4月26日 - 広島は前日の黒田博樹に続き、澤崎俊和が巨人戦で勝利投手。巨人が同一球団の新人投手に連敗するのは球団史上初。1997年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本誠志郎

    坂本誠志郎から見た黒田博樹黒田博樹

    には、新人の6選手からただ1人、春季キャンプを一軍の「沖縄組」でスタート。キャンプ終了まで一軍に帯同した。公式戦開幕後の5月5日にプロ入り後初めての出場選手登録を果たしたが、一軍公式戦への出場機会がないまま、同月18日に登録を抹消。7月14日のフレッシュオールスターゲーム(倉敷マスカットスタジアム)でウエスタン・リーグ選抜の「8番・捕手」としてスタメンマスクを任されると、19日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(甲子園球場)で、「8番・捕手」として能見篤史とのスタメンバッテリーで一軍デビューを果たしたが、この試合は能見が3イニングを持たずに6失点KOされるなど苦いデビューとなった。。黒田博樹が日米公式戦通算200勝を達成した7月23日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、4回裏の守備から出場すると、7回表の打席で黒田から一軍初安打を記録。藤浪晋太郎と初めてバッテリーを組んだ8月24日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、かつて阪神に在籍していた久保康友から一軍初本塁打を放ったほか、一軍公式戦初の盗塁刺や複数安打(2安打)を記録した。坂本誠志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た黒田博樹黒田博樹

    キャンプ前の1月26日新人合同自主トレ期間中の午後西戸崎室内合宿所内の階段で足を踏み外して右足をひねり、1月27日福岡市内の病院で検査を受けた結果、右足首第4中側骨の捻挫で全治一週間と診断された。2月21日にはキャンプ中に腰を痛めて再び病院で精密検査を受け別メニュー調整となった。4月29日に四国アイランドリーグ連合相手に二軍先発で実戦デビューして初回に最速146km/hをマークしたものの3回5安打2失点と思い通りには投げられなかった。6月2日に出場選手登録され6月9日に広島東洋カープとのセ・パ交流戦でプロ入り初先発し7回3失点(自責2)、2点ビハインドで降板した。8回に松中信彦のスリーランなど一挙4点と逆転し、広島のエース黒田博樹を相手にプロ入り初勝利を手にした。6月18日左前腕部に強い張りを訴え、出場選手登録を抹消、8月12日に昇格、対オリックス・バファローズ戦に先発し、地元関西の京セラドーム大阪で初登板を果たすが5回0/3を投げ4失点、プロ初黒星を喫した。8月25日対千葉ロッテマリーンズ戦で先発し6回まで3安打無失点と好投、7回に2つ四球を与えて降板したが6回1/3を無失点、本拠地福岡 Yahoo! JAPANドームでの初勝利となった。9月は2連敗し、先発8試合2勝4敗、防御率5.98と期待を裏切る形でシーズンを終えた。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 今成亮太

    今成亮太から見た黒田博樹黒田博樹

    には、内野手として正式に登録。一軍公式戦開幕直後の4月2日にシーズン初の出場選手登録を果たしたが、右脇腹痛の再発でわずか2日で登録を抹消された。5月30日の再登録以降は、右投手の先発が予告された試合を中心に、三塁手としてスタメンに起用。6月23日の対広島戦(長野オリンピックスタジアム)では、黒田博樹からこの年自身唯一の本塁打。レギュラーシーズンでは一軍公式戦への出場が93試合にとどまったが、通算打率は.283。2番打者や5番打者として起用される一方で、前年に続いて、試合の途中から二塁や右翼の守備に就くこともあった。チームのシーズン3位で迎えた巨人とのCSファーストステージ(東京ドーム)では、第1戦(10月10日)に「2番・三塁手」、第2戦(11日)に「6番・三塁手」としてスタメンに起用。第2戦では、同ステージで自身唯一の安打(二塁打)を放っている。シーズン終了後は、一軍監督へ就任した金本知憲の意向で、秋季キャンプから捕手向けの練習を再開している。今成亮太 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹とダルビッシュ有が先発した6月25日のテキサス・レンジャーズ戦(ヤンキースタジアム)では、9回裏2死にタナー・シェパーズから、ヤンキース移籍後初のメジャー2本目となるサヨナラ本塁打を放った。7月14日のミネソタ・ツインズ戦でメジャー通算2000試合出場を達成。2000試合出場時点での2696安打はタイ・カッブ、ジョージ・シスラー、アル・シモンズ、ロジャース・ホーンスビー、ポール・ウェイナーにつぐ6番目となった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た黒田博樹黒田博樹

    は開幕前、巨人がビジター用ユニフォームの胸ロゴを「TOKYO」から「YOMIURI」に変更したことについて、「なぜ巨人の伝統を大事にしないのかなぁ」と松井がコメントしたとスポーツ報知が報じ、オーナーの渡邉恒雄が激怒するという騒動があった。記事を執筆した記者の広岡勲(現在は松井の専属広報)が巨人担当を外れることで事態は収拾した。「日本一」「三冠王」の2つを目標に掲げて10年目のシーズンをスタート。開幕後間もない4月13日にFA権を取得。7月9日に黒田博樹から通算300号本塁打を放つ。28歳0ヶ月での到達は王貞治の27歳3ヶ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、1200試合目での達成は史上6番目の速さであった。また、8月1日には4番打者としての連続出場を363試合に伸ばし、石井浩郎の記録を抜き当時の単独1位(後に、金本知憲が更新)となった。オールスターゲーム前までは、前年同様打球が上がらず76試合で18本塁打だったが、後半戦は64試合で32本塁打という驚異のペースで打ち続け、自己最多、史上8人目の50本塁打を記録する。セ・リーグでは1985年のランディ・バース以来17年ぶり、日本人では1986年の落合博満以来16年ぶり、巨人では同じく1977年の王貞治以来の25年ぶりの快挙となった。ペタジーニに9本差をつけた50本目の本塁打は2002年の本拠地最終戦の対ヤクルト戦(東京ドーム)で記録。7・8月と2ヶ月連続で月間MVPを受賞。9月7日の広島戦でプロ野球新記録となる5年連続100得点を記録した。シーズン終盤までは打率3割5分台を維持し、三冠王目前だったが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者争いで福留孝介にタイトルを譲った。打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得した。なお、巨人ではこの年の松井を最後に日本人選手の本塁打王を獲得した選手は出ていない。また、巨人の日本人左打者の40本塁打以上の選手及び打点王は2010年に阿部慎之助が44本塁打を記録、2012年に打点王を獲得するまで現れなかった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 苑田聡彦

    苑田聡彦から見た黒田博樹黒田博樹

    1977年に現役引退し、スカウトとして球団に残り、東日本を中心に活動。スカウトとしてのスタートは球団から唐突に「東京でマンション一部屋探しとけ」の指令からだった。ほとんど知らなかった東日本での活動に当初はかなり苦労したらしい。江藤智、金本知憲、嶋重宣、黒田博樹、大竹寛、永川勝浩らを入団させた。2006年からスカウト部長に就任、その後スカウト統括部長に就任した。苑田聡彦 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦竜太郎

    杉浦竜太郎から見た黒田博樹黒田博樹

    広島で初登板初勝利を挙げた選手は歴代で8人(杉浦、大田垣、佐々岡真司、山内泰幸、黒田博樹、小林幹英、齊藤悠葵、福井優也)いるが、杉浦はその初の例であった。杉浦竜太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーブ・キャプラー

    ゲーブ・キャプラーから見た黒田博樹黒田博樹

    初打席:同上、2回裏に黒田博樹の前に見逃し三振ゲーブ・キャプラー フレッシュアイペディアより)

198件中 11 - 20件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード