117件中 21 - 30件表示
  • エリック・スタルツ

    エリック・スタルツから見た黒田博樹黒田博樹

    には故障した黒田博樹に変わって先発し勝ち星を挙げた。エリック・スタルツ フレッシュアイペディアより)

  • 青木高広

    青木高広から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹の移籍により先発ローテーション投手として期待されていたが、春先から制球を乱して打ち込まれ、4月・5月の短期間に2度の二軍降格。その後も一軍と二軍の行ったり来たりを繰り返し、起用法も敗戦処理のリリーフや谷間の先発が中心になる。最終的に、前年の29試合とほぼ変わらない24試合に登板したものの、投球回数は半分以下に減り、0勝3敗と未勝利に終わった。青木高広 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・バベシ

    ビル・バベシから見た黒田博樹黒田博樹

    2007年12月20日、黒田博樹の獲得に失敗し、黒田に提示した金額と同じ条件でミネソタ・ツインズからFAとなったカルロス・シルバを獲得するが、前半戦で10敗し、チーム(主に野手)を非難、故障者リストに入った。黒田はドジャーズ入りし、先発の一角として4年に渡り安定した投球を見せた。ビル・バベシ フレッシュアイペディアより)

  • 西浦克拓

    西浦克拓から見た黒田博樹黒田博樹

    上宮高校では黒田博樹、筒井壮と同期。1年夏から4番を打ち、高校通算23本塁打を記録。1992年のドラフト5位で日本ハムに入団。パンチ力のある打撃が魅力で、落合博満が日本ハムに移籍した際には4番打者の座を争う選手として注目された。西浦克拓 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋光信

    高橋光信から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打・初打点:2000年8月31日、対広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、9回表に黒田博樹から左中間へ2ラン高橋光信 フレッシュアイペディアより)

  • 内山雄介

    内山雄介から見た黒田博樹黒田博樹

    最速151km/hのストレートが武器で、目標は黒田博樹内山雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯和司

    佐伯和司から見た黒田博樹黒田博樹

    なお最近では同じく広島に在籍経験のある黒田博樹が「打撃の下手な投手」として知られているが、佐伯も1973年から1975年にかけて71打席連続無安打のセ・リーグ記録を打ち立てた。1990年、阪神の猪俣隆が更新するまでセ・リーグ記録だった。佐伯和司 フレッシュアイペディアより)

  • 完投

    完投から見た黒田博樹黒田博樹

    21世紀に入っても、年間完投数はセントラル・リーグでは100完投未満、パシフィック・リーグでは100完投前後で推移している。しかし、上原浩治や黒田博樹や松坂大輔らのように、エースを自負し、完投することに強い思い入れを持つという昔ながらの野球観を有する先発投手も存在している。また、彼らが日本球界を去った後も、セントラル・リーグではリリーフピッチャー重用の傾向もあって完投数の減少が続いているのに対し、パシフィック・リーグではダルビッシュ有や涌井秀章や田中将大といったエース格の先発投手には完投を望む考え方が根強く残っている。完投 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一喜

    木村一喜から見た黒田博樹黒田博樹

    2006年シーズンより石原慶幸・倉義和などの起用が多くなかなかスタメン出場ができなくなったが、6月27日の阪神戦でスタメン出場する。しかし先発黒田博樹のフォークボールを取りきれず、右手に当ててしまい骨折。またしてもシーズンを棒に振ってしまった。オフの契約更改で、1500万円から限度額いっぱいの25%減の1125万円とみられる球団提示がされたが、「きりのいい数字にしてください」と自ら限度額を上回る33%減を志願し、500万減の1000万円でサインした。木村一喜 フレッシュアイペディアより)

  • 江川智晃

    江川智晃から見た黒田博樹黒田博樹

    、5月5日に一軍に初昇格し、不振のライバル・松田宣浩に代わって即スタメン起用。7番・三塁手で出場し、松坂大輔(西武)から初打席初安打を放つなど5打数2安打と結果を残した。翌日には西口文也からプロ初打点。さらに本拠地(ヤフードーム)デビューとなった対広島戦では黒田博樹からタイムリーヒットを放ち、初めてヒーローインタビューを受けた。しかし、5月12日の対阪神戦でかかとを痛め登録抹消。その後再登録されるもデビュー時のような活躍はできず、二軍でシーズンを終えた。江川智晃 フレッシュアイペディアより)

117件中 21 - 30件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード