117件中 31 - 40件表示
  • 松田元

    松田元から見た黒田博樹黒田博樹

    また、前オーナーである父・耕平が示した「FA選手に手を出さない」、「FA権を行使した選手との再契約拒否(FA残留拒否)」、「監督・コーチは生え抜きに拘る」等を永らく球団経営方針としてきたが、2006年オフに起きた黒田博樹の流出問題の際に、FA残留については従来の方針を一転、容認する姿勢を示した。さらに2009年オフには、「チームの弱点の補強や若手にとってプラスになる選手と判断した時はFA補強はある」と発言、同年にFA宣言した藤井秀悟の獲得に興味を示し、前年に退団していた高橋建を再獲得するなど、近年では戦力補強に対する姿勢に変化が見られる。松田元 フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見た黒田博樹黒田博樹

    2010年11月にはポスティングシステムでのメジャー移籍を目指した岩隈久志の代理人を務め、最高額を入札したオークランド・アスレチックスと交渉を行う。しかし22日にアスレチックスとの交渉決裂が報じられ、当初はこれを否定したが、12月6日に契約不成立が発表。交渉内容については、岩隈と同じく日本からメジャーへ移籍した松坂大輔や黒田博樹の契約を比較対象として挙げたが、アスレチックスは同じくコルビー・ルイスや井川慶を比較対象として挙げ、双方の希望に隔たりがあったと自身のTwitterで明かした。しかし一方で2007年にバリー・ジトがサンフランシスコ・ジャイアンツと契約した際の7年1億2600万ドルを比較対象として契約を要求したとの報道もあり、野村は日本のメディアに対してこれを否定したが、サンフランシスコ・クロニクル紙のスーザン・スラッサーは「団氏がバリー・ジトの契約を要求したことに間違いはない。それだけでなく、団氏自らが『岩隈側の要求をもっともよく説明している記事』と引用し続けたほど」と反論。交渉決裂後、アスレチックスから「うそをリークして報道させた。不愉快な思いをさせた」、地元紙からも「事実と違う報道をした」という趣旨で謝罪があったことを野村を通じて岩隈に伝えたとする報道があったが、サンフランシスコ・クロニクル紙はこれを否定し、野村は「『謝罪した』とする発言について明日取り消す」と同紙に連絡を入れたという(その後取り消しがあったかは不明)。翌2011年8月2日には岩隈が代理人をポール・コブに変更していたことが報じられた。団野村 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井壮

    筒井壮から見た黒田博樹黒田博樹

    阪神でのチームメイト中村豊は上宮高?明大の先輩。高校の同期に黒田博樹と西浦克拓がいる。筒井壮 フレッシュアイペディアより)

  • 倉義和

    倉義和から見た黒田博樹黒田博樹

    の春季キャンプでは、ブルペンに入った際に新品のミットを慣らしていたため、エースの黒田博樹から「今の段階でミットを作っていることが投手に失礼」とその日は謝罪も受け付けられないほど激怒される騒動があった。しかしこのキャンプで正捕手であった石原が骨折したため、4月1日の開幕戦(対巨人戦)でプロ入り後初めての開幕スタメンを務め、正捕手の座を獲得した。石原が復帰すると、当時打線が低調だったこともあって打撃に優れた石原に正捕手の座を譲ったが、それまで好調だった投手(小山田保裕など)が揃って調子を崩したことから、まもなく正捕手に復帰する。最終的に自己最多の109試合に出場し、打撃面に課題は残ったものの盗塁阻止率はセ・リーグ1位の.440を記録した。キャンプで叱りつけられた黒田とは、シーズンが進むにつれて抜群の相性を見せるようになり、以後長い間「黒田専属捕手」として常にバッテリーを組むようになる。倉義和 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川昌幸

    長谷川昌幸から見た黒田博樹黒田博樹

    2003年シーズンはエース黒田博樹に続く投手として期待されたがは春先に扁桃腺炎を患って活躍できず、この年以降、故障と不調に苦しむこととなる。2004年も右手甲の故障と2年連続で出遅れた。2005年シーズンは入団当時からの背番号19から、「メジャーっぽいから」との理由で、日本人選手は「死に番」として敬遠し、アメリカではジャッキー・ロビンソンのつけていた番号として全球団で永久欠番となっている42に変更。長谷川昌幸 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市民球場

    米子市民球場から見た黒田博樹黒田博樹

    2006年(平成18年)4月22日には広島東洋カープ対中日ドラゴンズの試合が行われ、1戦目は広島・黒田博樹、中日・ルイス・マルティネスが先発。2戦目が広島・佐々岡真司、中日・山本昌のベテラン同士が先発した。1戦目の12回表の守備で、ブラウン監督は1死満塁となった際、中堅手福井に二遊間を守らせ、事実上内野手を5人として打球に備えさせた。次打者井端は三ゴロで2死となったが、二塁手東出を中堅手として内野を4人に戻した直後、福留への広池の投球を捕手の倉が捕逸し勝ち越し点を奪われ、その後も失点を重ねた広島は、奮闘むなしくこの試合に敗れた。2戦目は雨上がりでややぬかるんだグラウンド・コンディションで行われたが、ミスを連発した中日・タイロン・ウッズが、「ケンタッキーダービーで馬が走るようなグラウンドだった。プロがやるべき場所ではない」と苦言を呈した。試合は広島が佐々岡真司の好投で快勝した。米子市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ3

    実況パワフルメジャーリーグ3から見た黒田博樹黒田博樹

    日本人選手は前作まで収録されていた松坂大輔、岡島秀樹(ボストン・レッドソックス)、イチロー、城島健司(シアトル・マリナーズ)、井川慶、松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキース)、岩村明憲(タンパベイ・レイズ)、斎藤隆(ロサンゼルス・ドジャース)、野茂英雄(元カンザスシティ・ロイヤルズ)に加え、2008年MLBに移籍した黒田博樹(ロサンゼルス・ドジャース)や、福留孝介(シカゴ・カブス)が追加された。もちろんMLBのスターも収録されている。実況パワフルメジャーリーグ3 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た黒田博樹黒田博樹

    (セ) ●野口(中)、佐々岡(広)、成本(神)、岩瀬(中)、黒田(広)、ギャラード(中)?中村(中)、古田(ヤ)2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ラスティ・ライアル

    ラスティ・ライアルから見た黒田博樹黒田博樹

    シーズンは3Aで打率.290、17本塁打、70打点を記録し、8月10日にメジャーデビューを果たした。同年8月15日、ドジャース戦で黒田博樹に対し頭部へ打球を当て、その際黒田が生命の危機に瀕したが一命を取り留めた。その後、黒田は「一回殺されかけてるからね」と冗談をいいつつ、「いいバッターだと思いますよ」と古巣広島への警戒を薦めた。ラスティ・ライアル フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹 (生前の小木と対戦。結果は全盛期の姿とみられる小木の左翼スタンドへのホームラン)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

117件中 31 - 40件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード