198件中 41 - 50件表示
  • 本通ヒルズ

    本通ヒルズから見た黒田博樹黒田博樹

    本通商店街側の建物前には元広島東洋カープ・黒田博樹の引退に際して作られた石碑が建てられている。本通ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • マジンガーZIP!

    マジンガーZIP!から見た黒田博樹黒田博樹

    普段は標準語を使っているが、作戦中に広島弁を使うこともある。広島東洋カープのファンであるため、ピッチャーの大竹寛やコーチの川口和久が巨人に移籍したことにムカついており、巨人軍キャンプ襲撃計画では、彼らを誘拐して広島に戻そうとしていた。さらには元広島のニューヨーク・ヤンキースのピッチャーの黒田博樹を誘拐して広島へ戻すこともも計画していた。ダブラスM2による広島襲撃作戦では、広島駅新幹線口に知り合いが経営している店があったり、広島駅在来線ホームにうまいうどん屋があると甲児に案内していた。マジンガーZIP! フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚啓

    戸塚啓から見た黒田博樹黒田博樹

    誰がために 〜黒田博樹物語〜 「原案協力・取材」名義。漫画:吉原基貴、協力:広島東洋カープ(白泉社・『ヤングアニマル』および『ヤングアニマルDensi』掲載・単行本未収録)戸塚啓 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た黒田博樹黒田博樹

    4月6日 - 広島の黒田博樹が対阪神戦でNPB史上117人目の通算1000奪三振2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹 (生前の小木と対戦。結果は全盛期の姿とみられる小木の左翼スタンドへのホームランだった)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

  • 赤ヘル打線

    赤ヘル打線から見た黒田博樹黒田博樹

    新井貴浩の退団(後に復帰)後は長距離打者不足に悩まされ、マーティー・ブラウン・野村謙二郎監督期には機動力を生かした攻撃への回帰も見られたが、丸佳浩、菊池涼介、鈴木誠也らのニュー・スターが台頭し、復帰した黒田博樹と新井が牽引した2016年には実に25年振りとなるセ・リーグ優勝を成し遂げた。赤ヘル打線 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ロバートソン (野球)

    デビッド・ロバートソン (野球)から見た黒田博樹黒田博樹

    1月17日にヤンキースと521万5000ドルの1年契約に合意した。スプリングトレーニングでは7試合に登板し、6回を投げ無失点と好投。開幕ロースター入りし、リベラの引退で空いた抑えの座を勝ち取った。開幕後は3試合に登板し、2セーブを挙げたが、4月7日に左足の付け根を痛め、15日間の故障者リスト入りした。4月22日に故障者リストから外れた。本拠地最終戦となった9月25日のボルティモア・オリオールズ戦では、5対2とリードした局面で黒田博樹の後を受けて9回表のマウンドに登った。しかし、1死1塁からアダム・ジョーンズから2点本塁打を浴びると、続くネルソン・クルーズは打ち取り2死とするものの、その次のスティーブ・ピアースに再び本塁打を浴び、追いつかれてしまう。シーズン5度目のセーブ失敗となったが、続く9回裏に、このシーズン限りで引退を表明しているデレク・ジーターの現役最後のサヨナラタイムリーヒットが飛び出し、ロバートソンは勝利投手となった。結果として最高の幕切れを導いたセーブ失敗について、地元紙ニューヨーク・ポストの記事では「史上最高のブラウンセーブ」という見出しで書かれ、ESPNでは「良いブラウンセーブというものがあるなら、これがそれだった」と評された。この年は最終的にリーグ3位の39セーブをあげ、セーブ成功率は10セーブ以上あげた投手の中ではリーグ4位の88.6%を記録。防御率こそ3.08と前年より大幅に悪化したものの、被打率.191、WHIP1.06、奪三振率13.43はすべてキャリア2番目の記録であり、クローザー転向初年度としては充分な働きを見せた。オフの10月30日にFAとなった。デビッド・ロバートソン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • エリック・スタルツ

    エリック・スタルツから見た黒田博樹黒田博樹

    には故障した黒田博樹に変わって先発し勝ち星を挙げた。エリック・スタルツ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見た黒田博樹黒田博樹

    9月14日 - ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹が対ボルチモア・オリオールズ戦で日米通算3000投球回、日米では野茂英雄についで史上2人目2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・マーティン

    ラッセル・マーティンから見た黒田博樹黒田博樹

    捕球もミットがブレず、黒田博樹は「すごくうまいですよ」と語っている。盗塁阻止率もデビューからの5年間で31.5%と悪くはない。これらの総合力の高さから相手球団もマーティンを高く評価しており、2007年に『ベースボール・アメリカ』が行ったナショナルリーグ各球団監督へのアンケートでは、マーティンは2年目にして「最も守備のいい捕手」部門で1位となった。ただ、送球が不安定という欠点もある。2010年までの5年間で捕手として記録した48失策のうち44失策が送球エラーで、特に2007年に記録した14失策は全てがそれだった。ラッセル・マーティン フレッシュアイペディアより)

198件中 41 - 50件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード