117件中 41 - 50件表示
  • 球場ラヴァーズ

    球場ラヴァーズから見た黒田博樹黒田博樹

    好きな選手は元カープ選手の黒田博樹(黒田とは同年代)。ただし、黒田の話をすると嫌がるそぶりを見せることがある。球場ラヴァーズ フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た黒田博樹黒田博樹

    初打点:2001年9月29日、対広島東洋カープ26回戦(横浜スタジアム)、5回裏に黒田博樹から左犠飛古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 安仁屋宗八

    安仁屋宗八から見た黒田博樹黒田博樹

    その後広島のコーチや二軍監督、中国放送、デイリースポーツの解説者を経て、2005年から一軍投手コーチに復帰すると春季キャンプで投手全員に先発としての調整を指示し、2500球もの凄まじい投げ込みを命じて投手陣再建を計った。タフな黒田・大竹はキャンプを無事乗り切り自身最高の成績を残せたが、選手層は厚くならず投手陣全体としては失敗に終わった。この年の安仁屋はあごに白いヒゲを蓄え、赤い広島のユニフォームと相まって「安仁屋サンタ」と一部から呼ばれていた。2006年から中国放送野球解説者、デイリースポーツ野球評論家の活動を再開している。発言内容や記事からは、自身の投球スタイルからか、内角攻めへの並々ならぬ拘りが感じられる。解説、評論の仕事をするようになっても広島市民球場は毎試合、1日も欠かさず見に行っており、新球場(マツダスタジアム)に移転後も毎試合行くという。また郷里では、社会人野球チームで自身が総監督を務める安仁屋ベースボールTRYを結成した。幼い頃から巨人の藤田元司に憧れを抱いており、都市対抗野球で当時巨人の本拠地であった後楽園球場を訪れた際には感動したという。通算119勝はその藤田と同じである。安仁屋宗八 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田保裕

    小山田保裕から見た黒田博樹黒田博樹

    は開幕2戦目に初勝利を手にすると、4月23日には山本浩二監督に通算600勝をプレゼントするプロ2度目の完封勝利を挙げた(この日の試合前に、記者からのインタビューに「ウィニングボールは監督にあげますよ。完封したら?泣きながら監督にあげます」と冗談を言っていた)。5月までの2ヶ月間で2完封を含む4完投、5勝を挙げ、防御率2.74と安定したピッチング。ここまで7勝を挙げていた黒田博樹と2枚看板として期待された。ところが、6月からは不調に陥り、序盤での降板が目立つ。右肩の違和感によって二軍落ちとなり、8月4日に69日ぶりの勝利を挙げるも、8月17日のヤクルト戦でまたも右肩痛を発症した。結局、6月以降わずか1勝しか上積みできなかった。自己最多の6勝を挙げたが、目標としていた2桁勝利には届かなかった。小山田保裕 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た黒田博樹黒田博樹

    2月10日 - 黒田博樹(大阪府、野球)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た黒田博樹黒田博樹

    初安打・初打点:2007年5月13日、対広島東洋カープ9回戦(横浜スタジアム)、5回裏に黒田博樹から中前適時打高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 城石憲之

    城石憲之から見た黒田博樹黒田博樹

    初打点:1998年9月13日、対広島東洋カープ27回戦(広島市民球場)、2回表に黒田博樹から城石憲之 フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打:1997年9月3日、対広島東洋カープ25回戦(広島市民球場)、1回表に黒田博樹から右越3ラン井上一樹 フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た黒田博樹黒田博樹

    31年ぶりにキャプテン制を導入し、黒田博樹を投手キャプテン、前田智徳を野手キャプテンに指名する。先発は黒田と大竹寛・ショーン・ダグラスを軸に、大島崇行・佐々岡真司を加えた5投手で中4日のローテーションを組んだ。中継ぎもローテーション形式として1登板につき2イニング30球を限度とし、3連投しない形をとった。守備では逆シングルを推奨し、一・三塁線を大きく開ける守備シフトを敷いた。打線では出塁率を重視し、1番に緒方孝市、2番に前田を据えるが、9試合連続2得点以下という日本新記録をマークしたため、オーダーを元に戻して復活した。また捕手以外の野手(内野手・外野手)を使い切ってしまうことが度々あった。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • コルビー・ルイス

    コルビー・ルイスから見た黒田博樹黒田博樹

    、オープン戦で「モーションの静止が短い」と言う理由でボークを取られる場面が何度もあり、初登板の中日ドラゴンズ戦では、4イニングで3ボークを記録。しかしその後ボークを取られることはなく、5月には6試合に登板し、4勝1敗で防御率1.60、WHIP0.82の好成績で月間MVPに選ばれた。6月15日の埼玉西武ライオンズ戦でリーグトップの10勝目をマークし、オールスターゲームの選手間投票で選出されるが、前半戦のみで規定投球回数直前まで投げぬく活躍により体の疲労、肘の炎症などを併発し7月中旬にチームを離脱。選手間投票で選出されたオールスターで先発投手が予定されていたこともあり「名誉なこと。1イニングでも投げたい」と出場を熱望していたが、オールスターゲームを辞退となった。8月20日にようやく先発ローテーションに復帰した。最終的にチームトップの15勝、リーグ2位の防御率2.680、同1位のWHIP1.00を記録した。なお、最優秀防御率の石川雅規とは、わずか0.003差で、最終登板試合で打ち込まれるまでは2.3台だった。また、最多奪三振のタイトルを獲得し、前年ドジャースに移籍した黒田博樹に代わる先発投手陣の大黒柱として大活躍した。26試合の先発登板中、5回を持たずに降板した試合がわずか2試合。チーム随一の安定感であり中4日での登板もいとわず勝利を重ねた。ちなみに与四球27は規定投球回に達した投手では両リーグ通じて最少である。来日1年目からファンの信頼も厚く、「神様、仏様、ルイス様」と呼ばれた。コルビー・ルイス フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード