198件中 51 - 60件表示
  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た黒田博樹黒田博樹

    初盗塁:2003年5月24日、対広島東洋カープ10回戦(広島市民球場)、6回表に二盗(投手:黒田博樹、捕手:石原慶幸)アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • シュナイダー潤之介

    シュナイダー潤之介から見た黒田博樹黒田博樹

    ガイナーレ鳥取、奈良クラブ時代に着用していた背番号15は、黒田博樹が広島で着用していた背番号に由来する。シュナイダー潤之介 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た黒田博樹黒田博樹

    2月25日 24日に行われた12球団選抜との壮行試合の際、大村直之の打球を受け降板した黒田博樹が、右手人さし指打撲と診断され、代表を辞退。代わって久保田智之が選出された。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズリーグ

    ボーイズリーグから見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹:上宮高 - 専修大 - 広島東洋カープ - ロサンゼルス・ドジャーズ - ニューヨーク・ヤンキース - 広島東洋カープボーイズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ブルックス・コンラッド

    ブルックス・コンラッドから見た黒田博樹黒田博樹

    は開幕当初から代打中心で起用され、5月20日の対シンシナティ・レッズ戦では9回裏にチームが3対9から6対9と追い上げ、なおも1死満塁という場面で代打で出場し、レッズのクローザーフランシスコ・コルデロから代打逆転満塁サヨナラ本塁打を放った。3点差の場面での代打逆転満塁サヨナラ本塁打は1950年7月8日のジャック・フィリップス以来メジャー史上2人目であった。さらに、同年7月24日の対フロリダ・マーリンズ戦では、8回表に2対5から5対5と追いつき、なおも1死満塁の場面で代打満塁本塁打を放った。8月10日の対ヒューストン・アストロズ戦では1対2とリードされた9回表にクローザーのマット・リンドストロムから逆転2ラン、8月13日の対ロサンゼルス・ドジャース戦では7回裏に黒田博樹から本塁打を打ち1対0の勝利に貢献した。ブルックス・コンラッド フレッシュアイペディアより)

  • 小島圭市

    小島圭市から見た黒田博樹黒田博樹

    引退後のに、ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトに就任。その傍ら、ノースアジア大学客員准教授を務めた。ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトとして、石井一久、黒田博樹、斎藤隆の獲得に尽力。3人が活躍したことから、手腕を高くを評価された。小島圭市 フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見た黒田博樹黒田博樹

    ''、一軍公式戦の開幕からローテーションをの一角に入ると、移籍後2試合目の先発登板であった4月4日の対広島戦(ナゴヤドーム)で、広島先発の黒田博樹を相手に7回無失点と好投。一軍公式戦ではプロ入り後自身初の2桁奪三振も記録した末に、日本ハム時代の2012年7月26日に対ソフトバンク戦(ヤフードーム)以来982日振りの勝利を挙げた。以降の先発登板試合では打ち込まれることも多く、一軍公式戦通算では14試合の登板で、4勝6敗、防御率3.92という成績にとどまった。ただし、すべての勝利を対広島戦で挙げたことから、「広島キラー」として一躍脚光を浴びるようになった。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・グラン

    マイク・グランから見た黒田博樹黒田博樹

    初安打:2002年3月31日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、1回表に黒田博樹から中前先制適時打マイク・グラン フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見た黒田博樹黒田博樹

    2010年11月、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指した岩隈久志の代理人を務め、最高額を入札したオークランド・アスレチックスと交渉を行う。交渉は難航し、22日にはアスレチックスとの交渉決裂が報じられた。野村は当初この報道を否定したものの、2週間後の12月6日に契約不成立が発表された。これについて野村は双方の希望に隔たりがあったと自身のTwitterで明かした。その交渉内容は、野村側が松坂大輔や黒田博樹の契約を比較対象として挙げたのに対し、アスレチックス側はコルビー・ルイスや井川慶を比較対象として挙げたというものであった。しかしその一方で、バリー・ジトが2007年にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約した際の7年1億2600万ドルを比較対象として契約を要求したとの報道がなされた。野村は日本のメディアに対してこれを否定したが、サンフランシスコ・クロニクル紙のスーザン・スラッサーは「団氏がバリー・ジトの契約を要求したことに間違いはない。それだけでなく、団氏自らが『岩隈側の要求をもっともよく説明している記事』と引用し続けたほど」と反論した。交渉決裂後、アスレチックスと地元紙から、それぞれ「うそをリークして報道させた。不愉快な思いをさせた」「事実と違う報道をした」という趣旨で謝罪があったことを野村を通じて岩隈に伝えたとする報道がなされた。しかし、サンフランシスコ・クロニクル紙はこれを否定。その後、野村は「『謝罪した』とする発言について明日取り消す」と同紙に連絡を入れたという(実際に取り消されたかは不明)。翌2011年8月2日には岩隈が代理人をポール・コブに変更していたことが報じられた。団野村 フレッシュアイペディアより)

  • 青木高広

    青木高広から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹の移籍により先発ローテーション投手として期待され、オープン戦の開幕投手も任されたが、制球を乱し打ち込まれる。4月、5月の短期間に2度の二軍降格し、谷間の先発や中継ぎへ降格。未勝利でシーズンを終えた。青木高広 フレッシュアイペディアより)

198件中 51 - 60件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード