117件中 51 - 60件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た黒田博樹黒田博樹

    【MLB】(現地)大リーグ選手会がFA選手142名を発表。日本人では松井秀喜(エンゼルス)、黒田博樹(ドジャース)、上原浩治(オリオールズ)の3名が入った。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た黒田博樹黒田博樹

    2006年、前年の野村謙二郎の引退により、チーム最年長選手となり、先発投手に転向。当初は黒田博樹、大竹寛、ショーン・ダグラスの脇役的な扱いだったが、最終的にはチームで唯一シーズン通じてローテーションを守って投げきり、規定投球回数に到達すると共に8勝を挙げた。5月4日には、東京ヤクルトスワローズ戦にて先発100勝目を挙げる。先発100勝かつ100セーブという記録は、江夏豊以来史上2人目。39歳での規定回数到達は、大野豊に次ぐ球団史上2位の高齢記録であった。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た黒田博樹黒田博樹

    本来は遊撃手だが、プロ入団後は二塁手の守備に就くようにもなった。土のホームグラウンドの影響もあってか失策が多かった。強肩と俊足を生かし、守備範囲が広いが、遊撃手の見せ場の一つである間一髪のダブルプレーが捕球→送球の動作が俊敏でないためアウトにできなかった。開幕直後攻守にミスが目立ったが、マーティ・ブラウン監督が辛抱強く起用し続けた結果、開幕当初1割にも満たなかった打率を3割近くに上げ、好守も見せるようになるなど短期間で攻守ともに急成長。また得点圏打率は3割5分を超え、三塁打は狭い広島市民球場を本拠地とし、右打者ながら8本を放ち、両リーグ通じて単独トップ。盗塁もチームトップの13個。東出輝裕と二遊間を守り、広島打線の1、2番コンビとして定着した。しかし、9月26日の試合前の練習中、コーチのノックがイレギュラーして右目を直撃、検査の結果「右眼窩部打撲」と診断され登録抹消。横浜・吉村裕基、中日の佐藤充と争ってきた新人王争いにはまだまだアピールが必要であり、また、新人でありながらチームの攻守の要であるため梵本人は勿論、チームにとっても非常に痛い戦線離脱であった。その日はベンチ裏で人目もはばからず号泣。そして10月14日の阪神戦で復帰し、8回に代打出場。そのまま守備に就き、打球も無難に処理しファンを安堵させる(守備時には未だ赤い目に防御用ゴーグルを着用であった)。最終的には打率.289、安打数130という結果でルーキーシーズンを終えた。その結果、横浜の吉村裕基に倍以上の票差をつけて入団会見での公言通り、2006年度新人王獲得。広島の新人王はの澤崎俊和以来9年ぶり、野手ではの小早川毅彦以来2人目である。同級生で二遊間を組む東出と2人でゴールデングラブを受賞することを目標にしている。そのため、秋季キャンプでは東出と常に行動を共にするなど、息を合わせている。7月13日の阪神タイガース戦(甲子園球場)で先制ソロにタイムリーを含む2二塁打を放ち、守備ではファインプレーも飛び出し、その日のお立ち台に立った。そのヒーローインタビューで、試合中マウンドへ寄った(投手・黒田博樹)時のことを聞かれて「黒田さんがワンパターンなリズムで投げてたので間を置きたかった」と新人にもかかわらず大胆な発言をした。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 澤崎俊和

    澤崎俊和から見た黒田博樹黒田博樹

    同年ドラフト逆指名で広島に入団。1位が澤崎で黒田博樹が2位だった。抜群のコントロールとスライダーを武器に1997年12勝を挙げ、新人王に輝き、1999年には、ストッパーとして14セーブを挙げるが、2000年・2001年と右肘を故障に見舞われる。2003年・2004年は中継ぎで40試合近く登板したが、2005年にまた故障。澤崎俊和 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見た黒田博樹黒田博樹

    なお、MLBでは、トム・シーバーが計16回の開幕投手を務め最多記録になっている。2000年に野茂英雄(タイガース)が日本人初の開幕投手を務め、その後2003年・2004年にドジャースでも務めた。それ以後は、2008年に松坂大輔(レッドソックス)、2009年に黒田博樹(ドジャース)が務めている。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚典

    鈴木尚典から見た黒田博樹黒田博樹

    本人の希望により、から背番号を入団当初につけていた51番に戻し、7番は巨人から移籍した仁志敏久に譲る。また、登録名も「鈴木尚」とした。この年に横浜監督に復帰した大矢明彦は『横浜再建』三本柱のひとつに「鈴木再生」を挙げ、「泥にまみれて一からやり直してもらう」と奮起を促した。多村の退団もあり、2007年は若手との熾烈なレギュラー争いに加わることになった。開幕後の4月こそ黒田博樹から決勝本塁打を放つなど打率3割を打ち活躍を見せるも、5月以降は調子を落とす。6月はノーヒットで終わるなど不振を極め、8月には一旦登録を抹消された。最終的には打率.232、3本塁打に終わり、レギュラー奪取はならなかった。シーズンオフに年俸は、前年から3,500万円(39%)ダウンの5,500万円まで下がり、一時は2億円を超えていた年俸は2年で4分の1になった。この年から、東京ドームの巨人戦限定で1996年まで使用された旧応援歌との交互演奏が行われる。鈴木尚典 フレッシュアイペディアより)

  • 今井啓介

    今井啓介から見た黒田博樹黒田博樹

    最速147キロ(2009/8/23)。入団当初は当時のエース・黒田博樹のフォームに似ている事から、「黒田2世」として注目を浴びた。ただしドラフト指名の挨拶で担当スカウトから「フォームが黒田そっくりだけど、真似したの?」との問いに、「真似はしていません。自分のいいフォームを探していたら、最終的にそうなった」と答えている。今井啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た黒田博樹黒田博樹

    初安打:同上、3回裏に黒田博樹から中前安打西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 上宮中学校・高等学校

    上宮中学校・高等学校から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹(プロ野球選手・メジャーリーガー)上宮中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智之

    久保田智之から見た黒田博樹黒田博樹

    はWBC直前に負傷した黒田博樹の代替選手として日本代表に選ばれ、黒田が着ける予定だった背番号15で登録されたが登板機会はなかった。5月4日の対巨人戦では同点の延長10回表から登板するとその裏の攻撃で四球を選んで出塁し、矢野輝弘の適時打で本人曰く「人生初」で、なおかつ抑えとしては珍しいサヨナラのホームを踏んだ。阪神では引き続き抑えを任されたものの序盤から安定感に欠ける登板が続き、6月21日にベビーカーから落ちそうになった娘をかばって右手の甲を地面に強く打ちつけて骨折し戦線離脱。この行動はファンのみならず藤川など同僚からも「父親として当然の行動」と評されたが、当時の球団シニアディレクターだった星野仙一には「自分の商売道具である手を大事にしていない」と批判された。シーズン後半には復帰したものの打ち込まれる場面が目立ち、長期離脱があったにもかかわらず7敗した。久保田智之 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード