117件中 61 - 70件表示
  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た黒田博樹黒田博樹

    初打点:1999年5月15日、対広島東洋カープ5回戦(長崎ビッグNスタジアム)、4回裏に黒田博樹から右翼線へ2点適時二塁打岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た黒田博樹黒田博樹

    より先発投手に転向。神宮球場での開幕3戦目には、8回終了時点で9対0と圧倒。99球を投じて4被安打という完封ペースだったが、WBCへ参戦しながら無登板で調整の遅れていた抑えの久保田智之に調整登板させたい首脳陣の意向もあって、8回限りで降板した。同月3度目の先発となった16日の対広島戦では初完封の機会が巡ってきたものの、9回表に力尽きて2失点、味方打線は相手先発の黒田博樹から1点のみと援護にも恵まれなかったため、当シーズン唯一の完投ながら敗戦投手となっている。先発投手を6人でまかなうチーム事情もあって日曜日の試合に登板することが多く、「サンデー江草」と呼ばれた。また捕手との相性の関係で、主に浅井良とバッテリーを組んだ。4月こそ5登板で3勝と好調だったが、5月以降は5月27日の5勝目を最後に勝ち星から遠ざかった。6月下旬に久保田が右手骨折で離脱したことに伴い、シーズン途中から中継ぎに再転向した。しかし再転向後も精彩を欠き、登板機会が減った。同年12月1日に婚姻届を提出。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打・初打点:1999年4月14日、対広島東洋カープ2回戦(東京ドーム)、5回裏に黒田博樹から左越ソロ二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た黒田博樹黒田博樹

    広島・黒田博樹投手がフリーエージェントを行使せず広島に残留することを表明。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た黒田博樹黒田博樹

    初打席:同上、8回表に黒田博樹の前に三振森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た黒田博樹黒田博樹

    、2段モーションの規制が厳しくなり、ワールド・ベースボール・クラシックの選考から外れて調整に努め、これに抵触しない投球フォームに変更。3月26日のロッテ戦で3度目の開幕投手を務め、勝利投手となった。5月26日の中日ドラゴンズ戦で完封勝利を挙げ、交流戦で対戦した他リーグの全6球団から勝利した最初の投手となった。6月8日の読売ジャイアンツ戦では、脇谷亮太に投手内野安打を許しただけの、自身初となる無四球1安打完封勝利を挙げた。また、この試合では脇谷を牽制でアウトとしたため、打者27人で終了させる準完全試合を達成。王貞治からは「投手の神様が降臨しているようだ」と言われた。8月には2連続完封も含め5勝を挙げ、月間MVPを受賞。チームは3位に終わったが、勝利数・防御率・奪三振・勝率の投手四冠を達成、完封数もリーグトップで、1981年の江川卓以来2リーグ分立後4人目となる投手五冠を達成した(1リーグ時代を合わせると日本プロ野球史上7人目)。2度目のベストナインに選ばれ、MVP投票でも1位票数では受賞した小笠原道大を上回った。満場一致で2度目の沢村賞にも選ばれ、パ・リーグ初となる沢村賞複数回獲得投手となった(投手六冠)。この年の防御率1.75は、パ・リーグでは1992年の赤堀元之・石井丈裕以来14年振り。この年は黒田博樹も防御率1.85を記録し、両リーグから防御率1点台の投手が出たのは、1969年の江夏豊・木樽正明以来37年振りだった。このシーズンの捕手は山崎勝己が台頭したが、斉藤が先発する試合には的場直樹が捕手として出場した。斉藤・的場のバッテリーは、同年の最優秀バッテリー賞に選ばれた(パ・リーグで同い年バッテリーによる受賞は、前年の渡辺俊介・里崎智也以来、史上2組目。両バッテリーとも28歳で開幕を迎えた)。プレーオフでは、10月7日の西武・第1ステージ第1戦、10月12日の日本ハム・第2ステージ第2戦に先発。右肩に不安を抱える斉藤の中4日登板は2000年以来のことだったが、チームはそれぞれ松坂、八木智哉に完封負けを喫した。2試合16回2/3で2失点(防御率1.08)という内容ながら、いずれも0-1で完投敗戦に終わり、サヨナラ負けを喫した日本ハム戦では悔しさのあまりマウンド上で号泣した。この試合は2010年に実施された「現役監督・選手・コーチが選ぶ最高の試合Best9」の3位に、同「名場面・名勝負Best10」の5位にランクインした。この年の日米野球には監督推薦で出場予定だったが、右肩の炎症のために辞退した。斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た黒田博樹黒田博樹

    初打席:同上、1回裏に黒田博樹から死球を受ける藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た黒田博樹黒田博樹

    2月25日 24日に行われた12球団選抜との壮行試合の際、大村直之(ソフトバンク)の打球を受け降板した黒田博樹(広島)が、右手人さし指打撲と診断され、代表を辞退。代わって久保田智之(阪神)が選出された。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 山口俊

    山口俊から見た黒田博樹黒田博樹

    6月23日に一軍に初昇格し、29日に対巨人戦で両親も観戦する中、初登板初先発。6回を投げて被安打2・無四死球・1失点の好投を見せて勝利投手になった。高卒新人の巨人戦での初登板初先発初勝利はの近藤真一以来19年ぶり(「高卒新人」以外を含めてもの黒田博樹投手以来9年ぶり)。5回2死まではパーフェクトであった。4番の李承燁からは真っすぐで2打席連続で空振り三振を奪った。ウイニングボールはスタンドで見守った両親にプレゼントした。その後は間隔を10日以上空ける変則ローテーションで先発として起用されたが被弾や四球が多く結果は残せなかった。翌も同様の傾向だった。山口俊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見た黒田博樹黒田博樹

    高校野球も他のスポーツと同様に「勝利至上主義」基づく体罰などの「過剰な指導」、根性論に根ざすシゴキ、「指導者・先輩への絶対服従、上意下達」、「連帯責任」的な処分が存在する。シゴキの一例としてニューヨークヤンキースの黒田博樹は2012年7月、ニューヨークタイムス紙に高校時代、夏の県大会で、自分の起こしたミスに対し監督から朝6時から夜9時まで15時間、ポールとポールの間のフェンス際を、水さえ与えられず際限なくただ「走れ」と命じられたという内容を告白し掲載された。このようなシゴキがエスカレート、地方・全国大会の出場を辞退したケースや先輩の暴行による後輩部員の死亡事故まで起きている。連帯責任は1960年代から70年代にかけては野球部とは全く無関係の在校生徒が起こした問題を受け連帯責任で甲子園出場を辞退したケースもあった。その後、対象が在校生徒から野球部関係者と範囲が狭くなり近年は、問題を起こした者を外せばよいなど対象範囲が縮小されている。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード