117件中 81 - 90件表示
  • 英智

    英智から見た黒田博樹黒田博樹

    初本塁打:2001年10月5日、対広島東洋カープ27回戦(広島市民球場)、9回表に黒田博樹から左中間へ2ラン英智 フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見た黒田博樹黒田博樹

    、8月25日の対広島東洋カープ戦で通算1000奪三振を達成した。同年は自己最多、黒田博樹と並んでリーグトップの15勝を挙げ、初タイトルとなる最多勝利を獲得。37歳での獲得は若林忠志の36歳を更新するプロ野球史上最年長記録であり、規定投球回未満での獲得はの伊東昭光以来史上2人目だった。下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • 郭泓志

    郭泓志から見た黒田博樹黒田博樹

    は一気に飛躍の年となった。2007年シーズン終了後のオフで手術した左腕を案じたトーリ監督は郭をセットアッパーとして起用したが、郭はこのポジションで頭角を現した。5月6日のメッツ戦では、黒田博樹のリリーフとして登板し、打者12人に対し8三振を奪い、3回2/3を無安打無得点に抑え、シーズン2勝目を挙げた。また8月14日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では2回を無安打無得点に抑え自身初のセーブを挙げた。郭は2008年シーズン中42試合に登板し3試合に先発、39試合にリリーフとして出場、80回を投げ96三振を奪い、対戦チームの打率を.204に抑え、全ナショナルリーグのリリーフ投手の中でも1.69という顕著な防御率を残すに至った。上腕三頭筋のケガによりシーズン最後の15試合、およびディビジョンシリーズへの出場機会を失ったが、ナショナルリーグのチャンピオンシリーズでは3試合に出場し、3回を登板、3三振を挙げた。郭は同年の「MLB.com This Year in Baseball Awards」において、最優秀中継ぎ投手に選ばれた。郭泓志 フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た黒田博樹黒田博樹

    ※広島ファンの徳井義実と巨人ファンの福田充徳がチュートリアルとして出演していた時期には、在阪局の番組でありながら、両球団の話題も若干放送。また、徳井が当コーナーに出演する際には、必ず広島のユニフォームを着用していた(当初は自前のユニフォームだったが、その後黒田博樹投手からプレゼントされた直筆サイン入りユニフォームを着用)。福田も一時、巨人のユニフォーム姿で登場していた。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年)

    アテネオリンピック (2004年)から見た黒田博樹黒田博樹

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)アテネオリンピック (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 住之江区

    住之江区から見た黒田博樹黒田博樹

    黒田博樹(アメリカ大リーグ、ニューヨーク・ヤンキース投手)住之江区 フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た黒田博樹黒田博樹

    1000打点:2005年9月9日、対広島東洋カープ17回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に黒田博樹から右越ソロ ※史上26人目金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た黒田博樹黒田博樹

    15:黒田博樹(投手) 2008年 -野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見た黒田博樹黒田博樹

    2011年オフの、2012年1月13日、FAの黒田博樹を1年契約で加入させた。同日、シアトル・マリナーズとのトレードで、ヘスス・モンテロとヘクター・ノエシを放出し、2011年の新人王候補にもなった、マイケル・ピネダを加入させた。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースから見た黒田博樹黒田博樹

    現在本拠地とするドジャー・スタジアム周辺がユダヤ系アメリカ人の多い土地柄で、ユダヤ系アメリカ人選手を好んで獲得する傾向がある。伝統的に名投手を多く擁してきており、初代サイヤング賞受賞者であるドン・ニューカム以来、今日に至るまで、最多の延べ10回(8人)受賞者を出している。スモールボール(スモールベースボール)のパイオニア的存在で、日本のプロ野球にも大きな影響を与えた。日本人選手では野茂をはじめ、石井一久、木田優夫、中村紀洋、斎藤隆らが在籍した。2008年からは黒田博樹が在籍していた。ロサンゼルス・ドジャース フレッシュアイペディアより)

117件中 81 - 90件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード