136件中 91 - 100件表示
  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たフォークボール

    2008年から2012年にかけての両リーグの現役先発投手中10位となる通算与四球率2.10と安定した制球力を誇り、スリークォーターから平均球速92.1mph(約148.2km/h)、最速157km/hを計測した速球(ツーシーム、シンカー、フォーシーム)と平均球速87mph(約140km/h)の高速フォーク、平均球速84mph(約135km/h)の高速スライダーを武器にする本格派右腕で、カーブやカットボールも投げ分ける。中でもスライダーとフォークはメジャーでも高い評価を得ており、特にフォークはダン・ヘイレンのスプリッターと共に「現役最高のスプリッター」と評されている。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た住之江区

    父・黒田一博が監督を務めたボーイズリーグのチーム・オール住之江で活躍。上宮高から東都の専修大学へ進学。上宮高では控え投手だったが、大学では力をつけエースに君臨。チームは4年生春から東都大学1部リーグに昇格する。同年から大学野球でのスピードガン場内表示が始まった神宮球場において、大学生で初めて球速150km/hを計時し注目を浴びた。1部リーグ通算6勝4敗。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たカット・ファストボール

    2008年から2012年にかけての両リーグの現役先発投手中10位となる通算与四球率2.10と安定した制球力を誇り、スリークォーターから平均球速92.1mph(約148.2km/h)、最速157km/hを計測した速球(ツーシーム、シンカー、フォーシーム)と平均球速87mph(約140km/h)の高速フォーク、平均球速84mph(約135km/h)の高速スライダーを武器にする本格派右腕で、カーブやカットボールも投げ分ける。中でもスライダーとフォークはメジャーでも高い評価を得ており、特にフォークはダン・ヘイレンのスプリッターと共に「現役最高のスプリッター」と評されている。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たボーイズリーグ

    父・黒田一博が監督を務めたボーイズリーグのチーム・オール住之江で活躍。上宮高から東都の専修大学へ進学。上宮高では控え投手だったが、大学では力をつけエースに君臨。チームは4年生春から東都大学1部リーグに昇格する。同年から大学野球でのスピードガン場内表示が始まった神宮球場において、大学生で初めて球速150km/hを計時し注目を浴びた。1部リーグ通算6勝4敗。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た岡山県倉敷スポーツ公園野球場

    通算1000奪三振:2006年4月6日、対阪神タイガース2回戦(倉敷マスカットスタジアム)、5回表に赤星憲広から ※史上117人目黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たWHIP

    5月31日にFA権を取得。本人は「これを機に他球団の評価も聞いてみたい」と語った。6月まで5勝6敗、防御率、WHIP1.11と安定した投球を続け、オールスターゲーム出場直前の7月2日の中日戦からは負け無しの8連勝を記録。7月は4勝0敗、防御率0.84、WHIP0.78の活躍で月間MVPをチームメイトの栗原健太と共に受賞。更に8月も続けて4勝0敗、防御率1.11、WHIP0.86の活躍で月間MVPを連続受賞。球団史上初の2ヶ月連続月間MVP受賞となった。この時、「広島カープの歴史に名前を残せて嬉しい」と発言した。しかし、9月には右ひじを痛めて長期離脱。10月16日の中日戦で救援で復帰登板、プロ初セーブを記録した。この年、13勝6敗1セーブ、WHIP1.00、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得。1点台でのタイトル獲得はの赤堀元之以来、セ・リーグではの斎藤雅樹以来の快挙となった。また、テンポの良い投球を評価されてスピードアップ賞を受賞。シーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、長いカープの低迷と共にファンの熱も冷めてしまったと評されたファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。オフには監督のマーティ・ブラウンの奨めで渡米し右肘関節のクリーニング手術(数か月で投球可能となる軽い手術)を行った。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た横浜DeNAベイスターズ

    4月15日の横浜戦で三浦大輔と互いに完封リレーを行い0-0というスコアで引き分けた。オールスターゲームにファン投票で選出され4年ぶりの出場を果たし、リーグ最多勝利で初タイトルを獲得。タイトル料込みで年俸2億円に達する。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たDIPS (野球)

    4月4日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューし、初勝利。6月6日のシカゴ・カブス戦でメジャー初完封を記録。7月7日にはホームでアトランタ・ブレーブスを相手に9回1安打無四球完封勝利。7回終了時点までは完全試合の内容で、最終的にも走者は8回に出した1人しか許さなかった。MLBにおいて新人投手が8回途中まで完全試合を続けるのは、のオーレル・ハーシュハイザー以来初めてで、完全試合を達成していれば、サンディ・コーファックスに次ぐドジャース史上2人目、日本人メジャー初の快挙となるはずだった。監督のジョー・トーリから「どちらが本当の彼なのか」と言われるなど好不調の波も激しかった他、好投しても打線の援護を得られなかった試合も多く9勝10敗でシーズンを終了したが、防御率とWHIP、クオリティ・スタートでリーグ20傑に入り、FIPではリーグ9位の3.59を記録。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たヤングアニマル

    5月31日にFA権を取得。本人は「これを機に他球団の評価も聞いてみたい」と語った。6月まで5勝6敗、防御率、WHIP1.11と安定した投球を続け、オールスターゲーム出場直前の7月2日の中日戦からは負け無しの8連勝を記録。7月は4勝0敗、防御率0.84、WHIP0.78の活躍で月間MVPをチームメイトの栗原健太と共に受賞。更に8月も続けて4勝0敗、防御率1.11、WHIP0.86の活躍で月間MVPを連続受賞。球団史上初の2ヶ月連続月間MVP受賞となった。この時、「広島カープの歴史に名前を残せて嬉しい」と発言した。しかし、9月には右ひじを痛めて長期離脱。10月16日の中日戦で救援で復帰登板、プロ初セーブを記録した。この年、13勝6敗1セーブ、WHIP1.00、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得。1点台でのタイトル獲得はの赤堀元之以来、セ・リーグではの斎藤雅樹以来の快挙となった。また、テンポの良い投球を評価されてスピードアップ賞を受賞。シーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、長いカープの低迷と共にファンの熱も冷めてしまったと評されたファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。オフには監督のマーティ・ブラウンの奨めで渡米し右肘関節のクリーニング手術(数か月で投球可能となる軽い手術)を行った。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たアテネオリンピック (2004年)

    はそれまでのエース・佐々岡真司に代わって開幕投手となる。前半は不調で勝てない時期が続いたが、後半から本来の調子を取り戻し、最終的に13勝を挙げ3年連続2ケタ勝利を達成し、アテネオリンピック野球アジア予選にも出場。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード