136件中 51 - 60件表示
  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た齊藤悠葵

    初登板・初先発・初勝利・初完投:1997年4月25日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、9回1失点 ※広島の新人として初登板初勝利は史上5人目、2011年5月現在でも8人しか記録していない快挙。その他の達成者は杉浦竜太郎(開幕完投勝利)、大田垣喜夫(開幕完投勝利)、佐々岡真司(完投勝利)、山内泰幸、黒田博樹(完投勝利)、小林幹英(救援勝利)、齊藤悠葵、福井優也。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た金城龍彦

    通算1500投球回:2006年8月18日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)、5回裏1死に金城龍彦を中飛で2死目を奪い達成 ※史上157人目黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たサンディ・コーファックス

    4月4日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューし、初勝利。6月6日のシカゴ・カブス戦でメジャー初完封を記録。7月7日にはホームでアトランタ・ブレーブスを相手に9回1安打無四球完封勝利。7回終了時点までは完全試合の内容で、最終的にも走者は8回に出した1人しか許さなかった。MLBにおいて新人投手が8回途中まで完全試合を続けるのは、のオーレル・ハーシュハイザー以来初めてで、完全試合を達成していれば、サンディ・コーファックスに次ぐドジャース史上2人目、日本人メジャー初の快挙となるはずだった。監督のジョー・トーリから「どちらが本当の彼なのか」と言われるなど好不調の波も激しかった他、好投しても打線の援護を得られなかった試合も多く9勝10敗でシーズンを終了したが、防御率とWHIP、クオリティ・スタートでリーグ20傑に入り、FIPではリーグ9位の3.59を記録。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た杉浦竜太郎

    初登板・初先発・初勝利・初完投:1997年4月25日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、9回1失点 ※広島の新人として初登板初勝利は史上5人目、2011年5月現在でも8人しか記録していない快挙。その他の達成者は杉浦竜太郎(開幕完投勝利)、大田垣喜夫(開幕完投勝利)、佐々岡真司(完投勝利)、山内泰幸、黒田博樹(完投勝利)、小林幹英(救援勝利)、齊藤悠葵、福井優也。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たダン・ヘイレン

    2008年から2012年にかけての両リーグの現役先発投手中10位となる通算与四球率2.10と安定した制球力を誇り、スリークォーターから平均球速92.1mph(約148.2km/h)、最速157km/hを計測した速球(ツーシーム、シンカー、フォーシーム)と平均球速87mph(約140km/h)の高速フォーク、平均球速84mph(約135km/h)の高速スライダーを武器にする本格派右腕で、カーブやカットボールも投げ分ける。中でもスライダーとフォークはメジャーでも高い評価を得ており、特にフォークはダン・ヘイレンのスプリッターと共に「現役最高のスプリッター」と評されている。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た斎藤雅樹

    5月31日にFA権を取得。本人は「これを機に他球団の評価も聞いてみたい」と語った。6月まで5勝6敗、防御率、WHIP1.11と安定した投球を続け、オールスターゲーム出場直前の7月2日の中日戦からは負け無しの8連勝を記録。7月は4勝0敗、防御率0.84、WHIP0.78の活躍で月間MVPをチームメイトの栗原健太と共に受賞。更に8月も続けて4勝0敗、防御率1.11、WHIP0.86の活躍で月間MVPを連続受賞。球団史上初の2ヶ月連続月間MVP受賞となった。この時、「広島カープの歴史に名前を残せて嬉しい」と発言した。しかし、9月には右ひじを痛めて長期離脱。10月16日の中日戦で救援で復帰登板、プロ初セーブを記録した。この年、13勝6敗1セーブ、WHIP1.00、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得。1点台でのタイトル獲得はの赤堀元之以来、セ・リーグではの斎藤雅樹以来の快挙となった。また、テンポの良い投球を評価されてスピードアップ賞を受賞。シーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、長いカープの低迷と共にファンの熱も冷めてしまったと評されたファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。オフには監督のマーティ・ブラウンの奨めで渡米し右肘関節のクリーニング手術(数か月で投球可能となる軽い手術)を行った。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たロバート・ブース

    12月15日、ロサンゼルス・ドジャースと3年3530万ドルで契約を結んだことをAP通信が明らかにした。これにより、カープ初の日本人メジャーリーガー誕生となった。背番号は18だったが、会見場では08番を着けた。これはユニフォームが間に合わなかったためであり、同年にドジャースとマイナー契約したロバート・ブースが先に背番号08番を着けていた。ドジャースから当初提示された条件は4年契約だったが、「ワクワクする気持ちはほとんど湧いてこなかった。戦地に行くつもりでアメリカに行く。4年間もそんな苦しいことはできない。『苦しい時間』が短い方が自分は頑張れる。3年間できちんとした成績を残せれば、4年目に同等かそれ以上の契約を交わせるはずだ」として契約年数短縮を自ら申し出た。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たトロント・ブルージェイズ

    1月13日にニューヨーク・ヤンキースと契約合意し、26日に1年1500万ドルで契約を結んだ。4月13日のエンゼルス戦で移籍後初勝利を挙げる。24日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、6回2/3を5安打2失点に抑えるも3敗目を喫した。6月13日のブレーブス戦では日米通算150勝を達成。17試合の登板で8勝7敗、防御率3.50、WHIP1.26の成績で前半戦を終える。7月18日のトロント・ブルージェイズ戦では、野茂英雄、大家友和に次いで日本人史上3人目となるメジャー通算50勝を達成。試合は7回雨天コールドのため、記録上完封勝利となった。23日のシアトル・マリナーズ戦では、この日トレードでヤンキースに移籍したイチローと共に先発出場し、7回を3安打1失点9奪三振の好投で野茂英雄以来日本人選手史上2人目となる3年連続の10勝目を挙げる。8月14日のレンジャーズ戦では、日本人選手単独2位のメジャー通算52勝目となるシーズン2度目の完封勝利を挙げ、監督のジョー・ジラルディに「今季の投手陣の中で最高の投球内容だった」と絶賛された。9月16日のタンパベイ・レイズ戦ではメジャー移籍後自己最多の14勝目を挙げ、2年連続の200投球回にも到達した。レギュラーシーズン最終戦となった10月4日のボストン・レッドソックス戦では松坂大輔と投げ合い、7回7安打2失点の投球でプロ入り後キャリアハイとなる16勝目を挙げ、チームも地区優勝を決めた。また、防御率3.32はヤンキース先発陣のトップ。投球回219回2/3はリーグ4位。勝率.593はメジャー自己ベストであった。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た広島市

    FA権取得に伴い、10月15日に球団から「4年10億円+生涯保障、指導者手形」という条件を提示される。年俸だけを単年ベースでみると、1年2億5000万円であり、2006年の年俸が2億円であることから、タイトル奪取などの活躍とFA宣言をもってしても5000万円のみの昇給で、以後3年は現状維持だが、カープで従来2億円超えを経験した選手は前田智徳と金本のみであり、破格の条件と言えた。そして11月6日に4年12億円(基本年俸2億5000万円+単年最大5000万円の出来高込。当初の条件に出来高を上乗せしている)でFA権を行使せずに残留することを表明。「今後も国内他球団の移籍はない」と明言し、国内なら「生涯広島」を宣言した。なおこの契約は、4年の契約期間内で自由にメジャーリーグ挑戦できるようになっていた。FA権を行使せずに残留を決めたこと、残留会見での「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープのファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」、「僕をここまでの投手に育ててくれたのはカープ。そのチームを相手に僕が目一杯ボールを投げる自信が正直なかった」という発言は各方面に主に好意的な反響を呼んだ。また、この年の選手会のベストエピソード賞に選ばれ、黒田の野球用具を担当するSSKは、社を挙げて黒田をキャンペーンすることを決定した。そして市民に感動を与えたことが評価され、広島市は「広島市民表彰」を黒田に授与すると発表した(球団4人目)。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    も開幕投手となり、長谷川良平以来球団2人目の5年連続開幕投手となる。またデーゲームは大の得意で、6月3日の楽天戦では2003年7月6日からのデーゲーム13連勝を記録した。7月14日の東京ドームでの巨人戦にて通算100勝を達成した(ちなみにプロ初勝利も東京ドームでの巨人戦だった)。オールスターゲームに2度目のファン投票選出で4度目の出場。例年夏場を得意としていたが、この年の8月からはクオリティ・スタートすら守れない試合が続き、8月と9月は2勝3敗、防御率4.58、WHIP1.48を喫した。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード