136件中 61 - 70件表示
  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たワールド・ベースボール・クラシック

    の国別対抗戦WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)には広島から新井貴浩と共に選出され、岩村明憲、福留孝介と共に「無名の注目選手」とされるも、2月24日の12球団選抜との練習試合で打球を右手に受け負傷。出場辞退を余儀なくされる。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たフィラデルフィア・フィリーズ

    は2008年を上回るQSを記録し充実した投球内容であったが、好投した試合で打線の援護に恵まれない場合が多く、監督のジョー・トーリにも同情された。それでも8月30日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で10勝目を記録し、自身メジャー初の二桁勝利を達成した。後半戦は14試合に先発し防御率2.87、WHIP0.93。8月2日のパドレス戦での4回での降板以外は、全て6回以上を投げる安定した投球を続け、8月13日のブレーブス戦ではメジャーでの自己最速となる98mph(約158km/h)を記録。最終的に11勝、防御率3.39、投球回数196回1/3、奪三振数159と主要カテゴリーでメジャー自己最高の成績を記録する充実のシーズンとなった。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たシアトル・マリナーズ

    1月13日にニューヨーク・ヤンキースと契約合意し、26日に1年1500万ドルで契約を結んだ。4月13日のエンゼルス戦で移籍後初勝利を挙げる。24日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、6回2/3を5安打2失点に抑えるも3敗目を喫した。6月13日のブレーブス戦では日米通算150勝を達成。17試合の登板で8勝7敗、防御率3.50、WHIP1.26の成績で前半戦を終える。7月18日のトロント・ブルージェイズ戦では、野茂英雄、大家友和に次いで日本人史上3人目となるメジャー通算50勝を達成。試合は7回雨天コールドのため、記録上完封勝利となった。23日のシアトル・マリナーズ戦では、この日トレードでヤンキースに移籍したイチローと共に先発出場し、7回を3安打1失点9奪三振の好投で野茂英雄以来日本人選手史上2人目となる3年連続の10勝目を挙げる。8月14日のレンジャーズ戦では、日本人選手単独2位のメジャー通算52勝目となるシーズン2度目の完封勝利を挙げ、監督のジョー・ジラルディに「今季の投手陣の中で最高の投球内容だった」と絶賛された。9月16日のタンパベイ・レイズ戦ではメジャー移籍後自己最多の14勝目を挙げ、2年連続の200投球回にも到達した。レギュラーシーズン最終戦となった10月4日のボストン・レッドソックス戦では松坂大輔と投げ合い、7回7安打2失点の投球でプロ入り後キャリアハイとなる16勝目を挙げ、チームも地区優勝を決めた。また、防御率3.32はヤンキース先発陣のトップ。投球回219回2/3はリーグ4位。勝率.593はメジャー自己ベストであった。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た東都大学野球連盟

    父・黒田一博が監督を務めたボーイズリーグのチーム・オール住之江で活躍。上宮高から東都の専修大学へ進学。上宮高では控え投手だったが、大学では力をつけエースに君臨。チームは4年生春から東都大学1部リーグに昇格する。同年から大学野球でのスピードガン場内表示が始まった神宮球場において、大学生で初めて球速150km/hを計時し注目を浴びた。1部リーグ通算6勝4敗。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たプロ野球ドラフト会議

    ドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団。、シドニーで行われたインターコンチネンタル杯に日本代表として出場し韓国戦で勝利、台湾戦で完封勝利を収める。同年、カープの先発ローテに名を連ねる。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たロサンゼルス・ドジャース

    12月15日、ロサンゼルス・ドジャースと3年3530万ドルで契約を結んだことをAP通信が明らかにした。これにより、カープ初の日本人メジャーリーガー誕生となった。背番号は18だったが、会見場では08番を着けた。これはユニフォームが間に合わなかったためであり、同年にドジャースとマイナー契約したロバート・ブースが先に背番号08番を着けていた。ドジャースから当初提示された条件は4年契約だったが、「ワクワクする気持ちはほとんど湧いてこなかった。戦地に行くつもりでアメリカに行く。4年間もそんな苦しいことはできない。『苦しい時間』が短い方が自分は頑張れる。3年間できちんとした成績を残せれば、4年目に同等かそれ以上の契約を交わせるはずだ」として契約年数短縮を自ら申し出た。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たボストン・レッドソックス

    1月13日にニューヨーク・ヤンキースと契約合意し、26日に1年1500万ドルで契約を結んだ。4月13日のエンゼルス戦で移籍後初勝利を挙げる。24日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、6回2/3を5安打2失点に抑えるも3敗目を喫した。6月13日のブレーブス戦では日米通算150勝を達成。17試合の登板で8勝7敗、防御率3.50、WHIP1.26の成績で前半戦を終える。7月18日のトロント・ブルージェイズ戦では、野茂英雄、大家友和に次いで日本人史上3人目となるメジャー通算50勝を達成。試合は7回雨天コールドのため、記録上完封勝利となった。23日のシアトル・マリナーズ戦では、この日トレードでヤンキースに移籍したイチローと共に先発出場し、7回を3安打1失点9奪三振の好投で野茂英雄以来日本人選手史上2人目となる3年連続の10勝目を挙げる。8月14日のレンジャーズ戦では、日本人選手単独2位のメジャー通算52勝目となるシーズン2度目の完封勝利を挙げ、監督のジョー・ジラルディに「今季の投手陣の中で最高の投球内容だった」と絶賛された。9月16日のタンパベイ・レイズ戦ではメジャー移籍後自己最多の14勝目を挙げ、2年連続の200投球回にも到達した。レギュラーシーズン最終戦となった10月4日のボストン・レッドソックス戦では松坂大輔と投げ合い、7回7安打2失点の投球でプロ入り後キャリアハイとなる16勝目を挙げ、チームも地区優勝を決めた。また、防御率3.32はヤンキース先発陣のトップ。投球回219回2/3はリーグ4位。勝率.593はメジャー自己ベストであった。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た大阪市

    黒田 博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日 - )は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手(投手)。ニューヨーク・ヤンキース所属。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:1回 (2005年)黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たIBAFインターコンチネンタルカップ

    、ドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団。、シドニーで行われたインターコンチネンタル杯に日本代表として出場し韓国戦で勝利、台湾戦で完封勝利を収める。同年、カープの先発ローテに名を連ねる。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード