ABB ニュース&Wiki etc.

ABB は、電力関連、重電、重工業を主たる業とする、スイスに本社を置く典型的多国籍企業で、100カ国以上に進出している。かつてはアセア・ブラウン・ボベリ(Asea Brown Boveri)と称していた。 (出典:Wikipedia)

「ABB」Q&A

  • Q&A

    生物の遺伝子の組み合わせについての質問です。 どうしても演習問題の解き方が分かりま…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 17:38

  • Q&A

    マイナンバー制度は預金封鎖の布石 平成9年から大蔵省で 国民総背番号制による預金封…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月20日 14:43

  • Q&A

    マイナンバー制度は預金封鎖の布石 平成9年から大蔵省で 国民総背番号制による預金封…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月20日 14:42

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アセア・ブラウン・ボベリ」のつながり調べ

  • ESS 3200形電気機関車

    ESS 3200形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリ

    インドネシアの鉄道網の電化は、1923年に起工され、1925年にはジャカルタの都市圏で直流1500Vの架線のもと、運用が始められた。当時バタヴィアと呼ばれていたジャカルタとその周辺の電気鉄道の運営は、オランダ領東インドの国営鉄道 (SS) の下部組織である、Electrische Staats Spoorwegen (ESS) がおこなっていた。ESSは、3200形のほか、スイスのSLMおよびBBC製の3000形、ドイツのAEG製の3100形などの電気機関車も購入した。(ESS 3200形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原電気鉄道チキ2形電車

    小田原電気鉄道チキ2形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリ

    元来は、箱根登山鉄道の前身である小田原電気鉄道が1927年(昭和2年)に日本車輌製造で製造した木造ボギー車チキ2形(チキ8 - 10))と1935年(昭和10年)に小田原駅 - 箱根湯本駅間の開通時に川崎車輛(現・川崎重工業車両カンパニー)で製造されたチキ111, 112(後にモハに称号変更)の5両からなる。車体が全く異なるにも関わらず、同形式のチキ2形としたのは、前者の新造時にスイスより輸入したシュリーレン社の製板台枠台車とブラウンボベリ社製の主電動機にはスペアとして2両分があったため、これを用いたことに由来する。(小田原電気鉄道チキ2形電車 フレッシュアイペディアより)

「アセア・ブラウン・ボベリ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ABB」のニューストピックワード