前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示
  • 直流送電

    直流送電から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    HVDC送電の近代的な形式なものは、アセア社で1930年代のスウェーデンにおいて大規模に開発された技術を使用している。初期の商業的導入は1951年のモスクワとカシーラ間、および1954年のゴトランドとスウェーデン本土間の10-20MWシステムを含む。直流送電 フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ国鉄120型電気機関車

    西ドイツ国鉄120型電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    一方、1970年代の初めから最新のエレクトロニクス技術によるインバータ制御・三相交流誘導電動機を採用した新しい機関車の開発に取り組むこととなった。この技術を採用すれば保守費の低減が期待できることや、鉄道車両に必要とされる力を必要に応じて引き出すことができるとされた。そこでまず1971年から1973年にかけてヘンシェルとBBCの2社の共同開発により、DE2500(後に西ドイツ国鉄籍に編入され、202型202 002 - 004となった)と呼ばれる軸配置C-C(202 002・004)あるいはB-B(202 003)の電気式ディーゼル機関車(DEL)が3両試作され、試験が実施された。西ドイツ国鉄120型電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • アジマススラスター

    アジマススラスターから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    IPS(ボルボ・ペンタ)、アジポッド(アセア・ブラウン・ボベリ、マーメイド(ロールスロイス)-電気推進)などがある。アジマススラスター フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 11-17形電車

    ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 11-17形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    スイス北部バーゼル=ラント準州の首都リースタル近郊に路線を持つスイス唯一の750mm軌間の私鉄であるヴァルデンブルグ鉄道は1880年に開業し、1953年に直流1500Vで電化された以降はBDe4/4 1-3形電車が客車を牽引する列車で運行されてきたが、1960年代には年間約70万人であった利用客数が1980年代後半には100万人を越える(その後、2010年代には200万人近くになっている)など大幅に増加していたため、終端駅で機回しが必要であったり自動扉がない車両があったりと運用上不便が多かった電車が客車を牽引する列車の解消と、輸送力の増強が必要となっていた。そういった状況の中1980年4月に計画がスタートして1983年7月に導入が決定、1986年に運行を開始した機体が本形式および本形式と編成を組む同形の制御客車のBt 111-120形であり、当初はBDe4/4 11-14号機とBt 111-114号車の計8両が導入されてBDe4/4 1-3形などの従来の機材を一新し、その後更なる輸送量の増加に伴う列車の増発と本格的な3両編成での運行開始のために1992年にBDe4/4 15-17号機とBt 115-120号車が増備されている。本形式はチューリッヒ市交通局のTram2000と呼ばれるBe4/6形系列の路面電車をベースとしたフォルヒ鉄道Be8/8 21-32形やBe4/4 51-58形、リットラル・ヌーシャテル公共交通Be4/4 501-506形などの郊外路面電車シリーズを750mm軌間用としたもので、車体、台車、機械部分の製造をSWPとSIG、主電動機、電気機器の製造はBBCおよびその後身のABBが担当しており、通常のスイスの1000mm軌間用車両では2600-2700mm程度である車体幅を2200mmに抑えた軽量構造の鋼製車体にチョッパ制御と直流電動機を組み合わせた制御装置を搭載して1時間定格出力446kWを発揮する小型の機体である。なお、各機体の機番、運行開始年月日、製造所、機体名は以下のとおりとなっている。ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 11-17形電車 フレッシュアイペディアより)

  • バルチラ

    バルチラから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    バルチラの船舶推進部門は革新的な電気式推進器のアジマススラスタのアジポッドの原型を開発した。同部門はアセア・ブラウン・ボベリの傘下に入り、アジポッドは現在、アセア・ブラウン・ボベリから販売されている。バルチラ フレッシュアイペディアより)

  • セシュロン

    セシュロンから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    セシュロン(Société Anonyme des Ateliers de Sécheron 、SAAS)はスイスのジュネーヴにあった電気機器製造会社である。1988年にABBに吸収された。セシュロン フレッシュアイペディアより)

  • スイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス

    スイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークスから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    SLMは1871年にチャールズ・ブラウンによってスイス北部のチューリヒ州ヴィンタートゥールに機関車および機械の製造メーカーとして設立された。設立者のチャールズ・ブラウンはロンドン生まれで、工作機械の父と呼ばれるヘンリー・モーズリーのモーズリー・アンド・フィールド商会で機械工学を学んだ後、スルザーの創立家であるスルザー家が親戚であったことから当時のスルザー・ブラザーズ社で技術者として蒸気エンジンなどの製作に関わり、その後独立してSLMを設立ている。なお、チャールズ・ブラウンは1884年には同社を離れ、電気機関車製造ではSLMと深い関わりを持つエリコンの電機部門設立に関わったほか、1892年には彼の長男のチャールズ・ユージン・ラッセロット・ブラウンがバーデンで、同じく電気機関車製造ではSLMと深い関わりを持つ電機メーカーであるブラウン・ボベリを設立している。スイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス フレッシュアイペディアより)

  • ネットワーク資産管理

    ネットワーク資産管理から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ネットワーク資産管理(-しさんかんり)とは、資産を単体としてでなくネットワークとして捉え、ライフサイクルを効率的に管理する新しい資産管理の概念。Network Asset Management (NAM) の日本語訳。GE(ゼネラル・エレクトリック)社、ABB社などが提唱しており、世界における資産管理の潮流である。ネットワーク資産管理 フレッシュアイペディアより)

  • エーグル-レザン線

    エーグル-レザン線から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    Arseh 2/4形201号 SLM/BBC1946年製、サロン車に改造されているエーグル-レザン線 フレッシュアイペディアより)

  • ブダペスト登山鉄道

    ブダペスト登山鉄道から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1973年8月20日に設備の一新にあわせ登場した新型電車は、オーストリア製で、電気部品はブラウン・ボベリ社が提供した。電気ブレーキを有するが、電力回生はできない。電車は7編成あり、1M1Tの2両永久連結で、制御付随車が山上側を向いている。1987年1月には激しい雪の中、ブレーキが無効となり、列車が衝突して死傷者を出す事故があった。この悲劇に学び、ブレーキの改良が施された。1993年には車内に自転車スペースが設けられた。ブダペスト登山鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示

「ABB」のニューストピックワード