166件中 91 - 100件表示
  • スイス国鉄Ee922形電気機関車

    スイス国鉄Ee922形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    Ee(m)2/2シリーズは定格出力を750kWもしくは1500kW、動力は電気のみもしくは電気/ディーゼル両用のバリエーションを選択できる2軸駆動の入換用機関車であり、VVVFインバータ制御による最大120kNの牽引力を持つほか、台枠内に蛇行動防止機構を備えており、2軸機ながら従来機では40-50km/hであった最高速度を100km/hへ大幅に向上させている。また、電機品およびソフトウエアはシュタッドラーの部分低床式都市近郊列車であるFLIRT(Flinker Leichter Innovativer Regional-Triebzug)シリーズのものをベースとしており、車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB SchweizおよびABB Sécheronが担当している。スイス国鉄Ee922形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ツェントラル鉄道ABeh150形電車

    ツェントラル鉄道ABeh150形電車から見たABBグループABBグループ

    ABeh150形は2004-2005年に10編成が製造された粘着区間専用の3車体連接式のABe130形(通称SPATZ)や、マッターホルン・ゴッタルド鉄道のBDSeh4/8形ラック式電車をベースとした1等/2等/食堂合造電車で、低床部の床面高さを420mmとしてバリアフリー対応し、VVVFインバータ制御により定格出力2800/3200kW、牽引力240/440kN(粘着区間/ラック区間)を発揮する強力機となっているほか、本形式は新設計の駆動装置を搭載しており、車輪の摩耗により台車高が変化しても駆動用ピニオンとラックレールの高さを一定に保つことができることと、粘着区間で120km/hの最高速度を発揮できることが特徴となっている。なお、車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB SchweizおよびABB Sécheronが担当している。なお、本形式は7両編成であるが、編成両端の3両編成ずつのABeh150.1形とABeh150.2形の2ユニットの中間に中間車のWR150.3形を挟んだ構成となっており、第1編成を例に挙げると編成番号と各ユニットおよび車両の番号は以下の通りとなっている。ツェントラル鉄道ABeh150形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ツェントラル鉄道ABeh160形電車

    ツェントラル鉄道ABeh160形電車から見たABBグループABBグループ

    ABeh160形は2004-2005年に10編成が製造された粘着区間専用の3車体連接式のABe130形(通称SPATZ)や、マッターホルン・ゴッタルド鉄道のBDSeh4/8形ラック式電車をベースとした1等/2等合造電車で、低床部の床面高さを400mmとしてバリアフリー対応し、VVVFインバータ制御により定格出力1400/1600kW、牽引力120/220kN(粘着区間/ラック区間)を発揮する強力機となっているほか、本形式は新設計の駆動装置を搭載しており、車輪の摩耗により台車高が変化しても駆動用ピニオンとラックレールの高さを一定に保つことができることと、粘着区間で120km/hの最高速度を発揮できることが特徴となっている。なお、車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB SchweizおよびABB Sécheronが担当している。ツェントラル鉄道ABeh160形電車 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン国鉄Dm3形電気機関車

    スウェーデン国鉄Dm3形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    地元企業アセア社(現:ABB)で製造された。いずれの車輪にも蒸気機関車のようにコネクティングロッドを持つのが特徴。スウェーデン国鉄Dm3形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • シュタッドラー He4/4形電気機関車

    シュタッドラー He4/4形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    本形式は車体、台車、機械部分の製造と最終組立がスイス北東部トゥールガウ州のシュタッドラー社ブスナング工場で行われるほか、主要電気機器をスイスの伝統的な電機メーカーであったBBCやSAASの流れを引くABB SchweizおよびABB Sécheronが担当するなど、多くの部品がスイス製であることも特徴となっており、全機がスイス国内で生産されてブラジルまで航送されることとなっている。なお、機体のMRS機番およびシュタッドラー製番、製造年、製造会社は以下の通り。シュタッドラー He4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • アセア

    アセアから見たABBグループABBグループ

    1988年にスイスのブラウン・ボベリ社と合併し、アセア・ブラウン・ボベリ(現ABB)となった。アセア フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン国鉄Rb形電気機関車

    スウェーデン国鉄Rb形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    老朽化の進むD形電気機関車の置き換えを念頭にRa形電気機関車を基に開発された車両であるが、Rb形自体は試作車両に留まった。これはそれまで蒸気機関車のようなコネクティングロッド駆動方式にこだわっていた国鉄が、1955年にRa形によって吊り掛け駆動方式に移行して間もないことや、この車両をRa形と異なり貨客両方に対応する凡庸形として計画したこと、それとこの車両を海外に輸出することを考えていたためである。これらの理由により1962年にアセア(現:ABB)にて各部が異なる3種類6両が製造された。スウェーデン国鉄Rb形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪電気

    松阪電気から見たABBグループABBグループ

    櫛田川に堰堤を築き、毎秒4.174立方メートルを取水、蛇行する川をショートカットする形で右岸に960メートルの水路を通して10.0メートルの有効落差を得て発電した。出力は270キロワットで、フォイト(ドイツ)製のフランシス水車とブラウン・ボベリ(スイス)製の交流発電機各1台を備える。発生電力の周波数は50ヘルツであったが、1932年(昭和7年)に変更されて60ヘルツとなった。松阪電気 フレッシュアイペディアより)

  • 南サルデーニャ鉄道ADe300形気動車

    南サルデーニャ鉄道ADe300形気動車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    RDe300形およびRPe350形はリットリナの流れを引くイタリア製の軽量気動車の一機種で、RDe300形は全長16m級で2機関搭載の電気式1等/2等合造気動車、Rpe350形はRDe300形と同型でこれと編成を組む1等/2等/荷物合造制御気動車であり、主機等をフィアット、電気機器をBBCのイタリア子会社であるTIBBが、車体その他をStangaが担当して製造されている。南サルデーニャ鉄道ADe300形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市交通局9700形電車

    熊本市交通局9700形電車から見たABBグループABBグループ

    熊本市交通局9700形の元となったのは、ドイツの車両メーカーが開発した、「ブレーメン形」や「AEG形」、あるいは「GTシリーズ」などと呼ばれる超低床電車である。この車両シリーズはMANによって開発され、1990年に試作車がブレーメン、次いでミュンヘンへと納入された。MANの鉄道車両部門がダイムラー・ベンツ傘下のAEGに買収された後、量産車の製造が始まっている。その後メーカーはさらにアドトランツ (ADtranz) へと移った。このアドトランツは、1996年1月、AEGの鉄道システム部門と、電機メーカーアセア・ブラウン・ボベリ (ABB) の鉄道システム部門が統合して発足した、ドイツに本社を置く鉄道システムメーカーである。熊本市交通局9700形電車 フレッシュアイペディアより)

166件中 91 - 100件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選