167件中 91 - 100件表示
  • シュタッドラー He4/4形電気機関車

    シュタッドラー He4/4形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    本形式は車体、台車、機械部分の製造と最終組立がスイス北東部トゥールガウ州のシュタッドラー社ブスナング工場で行われるほか、主要電気機器をスイスの伝統的な電機メーカーであったBBCやSAASの流れを引くABB SchweizおよびABB Sécheronが担当するなど、多くの部品がスイス製であることも特徴となっており、全機がスイス国内で生産されてブラジルまで航送されることとなっている。なお、機体のMRS機番およびシュタッドラー製番、製造年、製造会社は以下の通り。シュタッドラー He4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Ae3/6 I形電気機関車

    スイス国鉄Ae3/6 I形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    スイス国鉄は1920年以降の電化に際して平坦線用の電気機関車として「動輪3軸で出力2000PS級、最高速度90km/h」の条件をBBCとMFO、SAASの3社に提示し、各社に提案を求めた。これに対してMFOは車軸配置2'Co'1でロッド駆動式のAe3/6II形、SAASは車軸配置1'Co'1でウエスティングハウス式クイル駆動のAe3/5形を提案したが、BBCが提案したのが車軸配置2'Co'1でブフリ駆動式の本機である。なお、いずれの形式も車体、機械部分、台車の製造はSLMが担当している。これら3形式の中で本機は最も成功した形式となり、最終的には114両が発注されてBBCだけでなくMFOやSAAS製の電機品を搭載した機体も製造されただけでなく、最も長く使用された形式ともなり、1980年代になるまで90両程度が稼動しており、最終的には1994年まで運用されていた。本機はブフリ駆動とタップ切換制御により、初期形の36両は1時間定格出力1470kW/牽引力82kN、後期形の78両は1635kW/牽引力86kNを発揮し、特に後期形の10637-10714号機は1937年に最高速度が110km/hまで引き上げられ、当時のスイス国鉄最速の機体となり、別名Ae3/6I-110と呼ばれていた。なお、それぞれの機番と製造年、機械品/電機品製造メーカーは下記のとおりである。スイス国鉄Ae3/6 I形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge3/3 214-215形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge3/3 214-215形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    レーティッシュ鉄道では主要駅での重入換用として1912、13年製造の古いGe2/4形を1943、44年に凸形の入換用機に改造したGem2/4 211形とGe2/4 212、213形を使用していたが、これらの増備および代替用の中形入換機として1984年に2両が製造されたのが本機である。本機は、1973年と1984-85年に計23両が製造された本線用機のGe4/4II形のものと同一の主電動機を1台搭載し、制御装置も同様のものを使用して、1時間定格出力425kW、牽引力68kNを発揮するサイリスタ位相制御機で、車体、機械部分、台車の製造をRACO、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当しており、価格は1両約1,900,000スイス・フランである。それぞれの機番と製造年は下記の通り。レーティッシュ鉄道Ge3/3 214-215形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Ae4/6形電気機関車

    スイス国鉄Ae4/6形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ゴッタルド峠の下を通るゴッタルド鉄道トンネルを擁するスイス国鉄のアルプス越えルートの一つであるゴッタルドルートでは、1920-30年代にはロッド式のBe4/6形、クロコダイルと呼ばれるスコッチヨーク式のCe6/8II形および斜めロッドドライブ式のCe6/8III形、ブフリ式のAe4/7形Bauart IIが主力として使用され、重量列車については重連で牽引していた。これらの機関車のいずれも重連総括制御機能をもたなかったため、運用コストがかかっていたほか、ゴッタルド線専用機は例えばCe6/8II形は最高速度が65km/hで、26パーミルで430tを牽引可能ではあるがその際の速度が35km/hであるなど速度性能に問題があり、本来平坦線用機であるAe4/7形は26パーミルでの牽引トン数が320tと牽引力が不足しているなど、十分な性能の機関車が望まれる状況となっていた。また、重量列車牽引用に2両永久連結で26パーミルの勾配区間で770tの列車を牽引可能なAe8/14形が導入されたが、逆にこちらも運用上の問題から1931-39年に3両が製造されただけであった。一方、もう一つの主要なアルプス越えルートで、レッチュベルクトンネルとシンプロントンネルを経由するシンプロンルートでは、ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道の所有するクイル式で車軸配置(1'Co)(Co1')、最高速度90km/hのAe6/8形が27パーミルで600tを62km/hで牽引しており、速度性能、牽引力ともに十分な性能を発揮していたため、スイス国鉄でも同機を借り入れてゴッタルドルートで運用してその性能を確認していた。そのような状況のもと、スイス国鉄では2車体連結の高出力機であるAe8/14形を1/2の1車体の通常の機関車とする代わりに重連総括制御装置を搭載した機関車を導入することとなり、Ae4/6形として10801-10812号機の12両が製造されたものが本機である。本機はAe8/14形11852号機をベースとした、1時間定格出力4200kW、牽引力172kNで、26パーミルで重連で770tを牽引可能なSLMユニバーサルドライブのゴッタルド線専用機であり、電機品の製造をBBC、MFO、SAASが、車体、機械部分、台車、駆動装置をSLMが担当して1941-45年に製造されている。なお、各製造ロットごとの機番と製造年、SLM製番、機械品/電機品製造メーカーは下記のとおりである。スイス国鉄Ae4/6形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道の食堂車

    レーティッシュ鉄道の食堂車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    キッチンにはシンク、調理台、食品庫が設置されているほか、調理器具はすべて暖房用引通線の電力を使用する電気機器で全てBBC製のシステムで電化されており、4.0kWの電熱プレート3台、2.5kWの電気オーブン2台、1.35kWの電熱保温プレート1台、1.7kWで容量50lのボイラーを搭載し、床下にAC285V 16 2/3HzをAC230Vおよび198Vと、同じく床下に搭載された蓄電池の充電用の36Vに変換する変圧器を搭載している。なお、水タンクは屋根裏に容量230lのものを搭載している。レーティッシュ鉄道の食堂車 フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ国鉄103型電気機関車

    西ドイツ国鉄103型電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    製造所: ヘンシェル、クラウス=マッファイ、クルップ、AEG、ブラウン・ボベリ、シーメンス西ドイツ国鉄103型電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/8 131-134形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/8 131-134形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1893年に開業したヴェンゲルンアルプ鉄道はベルナーオーバーラント鉄道、ユングフラウ鉄道の間を結ぶ、ベルナーオーバーラント地方の軌間800mmの登山鉄道であり、これらの鉄道にラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道を加えてユングフラウ鉄道グループを形成しており、1909-10年に直流1500Vで電化されて小型ラック式電気機関車のHe2/2形が客車を押し上げある形態の列車で運行されていた。その後機材の近代化がなされ、1945-63年にBCFhe4/4 101-118形(称号改正および客室等級の変更を経て現在ではBDhe4/4 101-118形となっている)、1970年にABDhe4/4 119-124形(客室等級の変更により現在ではBDhe4/4 119-124形となっている)の計24両のラック式電車が導入され、客車および制御客車を押し上げる形態の最長3両編成の列車で運行されていた。その後1980年代になってさらに輸送力を増強することとなったが、従来の運行形態より1編成あたりの両数を増やして輸送効率の向上を図ることが計画され、最大で2両固定編成2編成と制御客車1両を重連総括制御した5両編成での運行が可能な電車として1988年に2両4編成が導入された機体が本項で述べるBDhe4/8 131-134号機であり、併せて、3両もしくは5両編成での運行に備えて同スタイルの制御客車のBt 231形1両が導入されている。本形式は、1980-90年代にSLMが開発した、車軸配置2z'2z'+2z'2z'もしくは1Az'1Az'+1Az'1Az'の2両固定編成標準型ラック式電車シリーズの800mm軌間、ラック区間専用型となっている。この標準型ラック式電車シリーズは、片側軸にラック式もしくはラック/粘着式駆動装置を装荷した2軸ボギー式偏心台車を特徴としており、本形式のほか、ユングフラウ鉄道Bhe4/8 211-218形、ゴルナーグラート鉄道Bhe4/8 3051-3054形、ドイツのヴェンデルシュタイン鉄道Beh4/8型、バイエルン・ツークシュピッツ鉄道10型、スペインのヌリア登山鉄道A5形などが挙げられ、一部の機種はその後シュタッドラー・レールに引継がれて2002年まで生産されている。また、外観は同時期の1986年にベルナーオーバーラント鉄道で導入されたABeh4/4 II形電車をはじめ、マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4II形電車、リギ鉄道Bhe4/4 15形、BDhe4/4 21-22形などと類似の直線を基調としたデザインで、側面腰板のコルゲーション加工を施した外板と厚みの薄い屋根を特徴とする1970年代後半から90年代のSLM標準設計の軽量鋼製車体を有し、804kWの定格出力を持つラック区間専用機として電機部分、主電動機はABBが担当して製造されており、機番とSLM製番、運行開始年月日、製造所、機体名は下記のとおりである。ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/8 131-134形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ロイクハイム

    ロイクハイムから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ロイクハイムの最も重要な雇用主は、Pucaro Elektro-Isolierstoffeで、電子部品のプレスボードを製造する会社で、従業員数は約250人である。この企業は、1668年にヨプスト・レターが創設した製紙業者をその起源とし、名前の Pucaroは、"Pressspan- und Cartonagenfabrik Roigheim" を短縮したものである。この会社は、1989年にアセア・ブラウン・ボベリ社に買収された。ロイクハイム フレッシュアイペディアより)

  • トラム (ストラスブール)

    トラム (ストラスブール)から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    車両はアセア・ブラウン・ボベリ(その後ボンバルディア・トランスポーテーション)の「ユーロトラム」の5車体連接車と7車体連接車が開業時に用意された。その後の増備車は、アルストム社製の7車体連接車“シタディス”が初期開業区間の利用者が多い区間に重点的に投入され、「ユーロトラム」は他線区の運用に転じている。最初に導入されたユーロトラムは車体のオーバーハングが最小限になるように設計され、付帯施設もその車両に合わせた建築限界に従って設計されている為、その後の増備車であるアルストム製のシタディスは台車の位置を改める等の改良を施して新たに設計をし直しているストラスブールのみの特別仕様となっている。トラム (ストラスブール) フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1893年に開業したヴェンゲルンアルプ鉄道はベルナーオーバーラント鉄道、ユングフラウ鉄道の間を結ぶ、ベルナーオーバーラント地方の軌間800mmの登山鉄道であり、これらの鉄道にラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道を加えてユングフラウ鉄道グループを形成しており、1909-10年に直流1500Vで電化されて小型ラック式電気機関車のHe2/2 51-65形が客車を押し上げある形態の列車で運行されていたが、1940年代には輸送力の増強が必要な状況となっていた。一方、当時のスイスでは、1930年代後半から1940、50年代にかけて SLMとBBCが製造した、2軸ボギー台車にコンパクトにまとめたラック式もしくは粘着式/ラック式の駆動装置を組み込んだ動軸2軸で定格出力150-250kWの小出力のラック式電車がモントルー-グリオン鉄道、グリオン-ロシェ・ド・ネー鉄道、エーグル-レザン鉄道、ベー-ヴィラー-ブルタユ鉄道の各鉄道に導入されていた。これらの機体は主電動機を1台車あたり1台装荷して片側軸を駆動する2軸ボギー式鋼材組立台車を装備しており、単行での運転を基本としたものであったため、ヴェンゲルンアルプ鉄道では4軸駆動で客車列車を押し上げることができる電車を導入することとなり、1945年に試作機であるBCFhe4/4 101号機を導入し、1963年にかけて18機を導入した機体がBCFhe4/4形の101-118号機であり、称号改正および客室等級の変更を経て現在ではBDhe4/4 101-118形となっている。本形式は同時期の1946年にベルナーオーバーラント鉄道で導入されたBCFeh4/4形(後のABDeh4/4形)電車と類似のデザインおよび設計で、本線用の軽量高速電車用に開発が進められていたプレス鋼溶接組立式台車に直角カルダン駆動方式に小型高速回転の主電動機とラック式駆動装置を組み込んだ走行装置と軽量車体の組合せで定格出力440kWと牽引力83kNを発揮する汎用機であり、車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機はBBCが担当して製造されたもので、機番とSLM製番、運行開始年月日(101-103号機製造年)、製造所は下記のとおりである。ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車 フレッシュアイペディアより)

167件中 91 - 100件表示

「ABB」のニューストピックワード