167件中 11 - 20件表示
  • フード・ユニット

    フード・ユニットから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    国鉄DC11形ディーゼル機関車 - MAN(ドイツ)+ブラウン・ボベリ(スイス)フード・ユニット フレッシュアイペディアより)

  • ボルボ・ECC

    ボルボ・ECCから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ガスタービン発電機と電気モータと大容量の蓄電池を組み合わせた前輪駆動のシリーズハイブリッド式ハイブリッドカーだった。蓄電池は駐車中に外部電源から充電したり軽油を燃料とするガスタービン発電機で充電することが出来た。現在のプラグインハイブリッド(PHEV)と同様の使い方も可能だった。パワートレーンはボルボのKöpingの変速機工場によって開発され、モーターや発電機や制御装置、パワーエレクトロニクスや直流変換器等の電装品関係はABBが開発に携わった。ボルボ・ECC フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1950年代の本線系統の旅客及び貨物輸送量の増加への対応およびグラウビュンデン州南西部の発電用ダム湖であるラク・ダ・ラルビニャの建築工事用のセメント輸送列車の牽引機として、最大勾配35パーミルのアルブラ線で12-3両編成、約800席の旅客列車もしくは16両編成の貨物列車に相当する265tの列車を、最大勾配45パーミルのプレティガウ線では190tを牽引することができる機関車として設計されたもので、1958年に2両が試作され、その後1965年には量産機5両が製造されており、価格は試作機が1両約1,230,000スイス・フラン、量産機が1両約1,405,000スイス・フランである。本機はGe4/4I形機関車をベースに車軸配置をBo'Bo'Bo'の6軸化、連接車体化したもので、車体、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCおよびMFOが担当しており、低圧タップ切換制御により1時間定格出力1764kW、牽引力135kNを発揮する強力機で、35パーミルで280tを、45パーミルで205tをそれぞれ45km/hで牽引可能な性能を持ち、起動時牽引力214kNは現在でもレーティッシュ鉄道の機関車中最大となっている。それぞれの機番とSLM製番、製造年、機体名(主に沿線の街の名称、各機体にエンブレムが設置される)は下記のとおりである。レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1908年にベルニナ鉄道として開業したレーティッシュ鉄道のベルニナ線では、開業時に本線の旅客・貨物列車牽引用としてBCe4 1-14形(後のABe4/4 31-37形など)電車14両が導入され、このほかFe2 51形(後のDe2/2 151形)電動貨車が小列車や工事列車、入換用として用意されていた。その後、1910年の全線開業に際して機材の増備が行われた際に、本線用の電車であるBCFe4 21-23形(後のABe4/4 30形、BDe4/4 38形など)3両とともに工事列車の牽引用および主要駅での入換用として1911年にGe2形の61、62号機として用意された小型電気機関車が本形式であり、車体、機械部分、台車の製造をSIG、電機部分、主電動機の製造をAlioth(のちにBBCに合併)が担当し、価格は1両50,000スイス・フランである。抵抗制御による定格出力154kW/750Vもしくは250kW/1000V、最大牽引力37.6kNの小型機で、その後形式名がGe2/2形となり、ベルニナ鉄道がレーティッシュ鉄道と合併した際に機番整理のための称号改正がなされて161、162号機に改番されているが、ブレーキの改良やパンタグラフの交換など若干の改造を受けながらもほぼ原型のまま約100年以上の長きに渡って使用されている。なお、本形式はベルニナ線が通過するポスキアーヴォの谷の方言でロバを意味する「Asnin」の通称で呼ばれることもある。レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車

    レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ベルニナ線で旅客、貨物列車に使用されていたGe4/4 181形およびGe4/4 182形電気機関車および本線系統などで除雪列車、工事列車に使用されていたG4/5形蒸気機関車の代替のために1966年に2両が製造されたディーゼル/電気機関車で、DC1000Vのベルニナ線では電気機関車として、AC11kV16 2/3Hzの本線系統やDC2400Vのクール・アローザ線、もしくは架線を停電させての除雪列車や工事列車では電気式ディーゼル機関車として使用される。車体、機械部分の製造をSLM、台車の製造をSWS、電機部分、主電動機の製造をBBCおよびMFO、SAASが担当、ディーゼル機関はCummins製を搭載し、価格は1両1,400,000スイス・フランである。電気走行時にはABe4/4 41-49形電車と同一の1時間定格出力680kW、ディーゼル走行時は780kWで牽引力106kNを発揮し、最大勾配70パーミルのベルニナ線で60tを牽引可能な性能を持つ。それぞれの機番と製造年、は下記の通りで、本線系統の機関車と異なり機体名は付けられていないが、識別のためにアルプスアイベックス(Steinbock)とアルプスマーモット(Murmelter)のエンブレムが機体側面に取付けられている。レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車

    モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    旅客輸送量の増加に対応し、5両編成のパノラミック急行を70パーミル区間でも牽引できる電気機関車として1983年に4両が、車体、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当して製造されたもので、サイリスタチョッパ制御により1時間定格出力1068kW、牽引力86.5kNを発揮する汎用機として、70パーミルで110tを40km/hで牽引可能な性能と最高速度100km/hの高速性能を併せ持つ。なお、1983年にフリブール・グリュエール-フリブール-モラ鉄道でも同型機2両が製造されて使用されたが、2007年にはこれらの機体もモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道に譲渡され、全機がモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道で使用されている。それぞれの機番と製造年、機体名(主に沿線の街の名称)は下記のとおりである。モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re425形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re425形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    アルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道(Bern-Lötschberg-Simplon-Bahn(BLS))では、旧型のウエスティングハウス式クイル駆動のAe6/8形と、Ae4/4形、Ae8/8形を主力機関車として使用していたが、世界初の軽量高性能の全軸駆動機として成功したAe4/4形の増備・発展形として製造されたのが本機である。Bo'Bo'の車軸配置および高圧タップ切換制御とシリコン整流器により、高い曲線通過性能と、140t・6軸のAe6/8形と同等の27パーミルで600tの列車を牽引可能な最大334kNの牽引力と高い粘着性能を持つ、性能的には同時期に製造されたスイス連邦鉄道(スイス国鉄)Re420形を超える4軸・80tの強力機である。当初Ae4/4II形として試作機2両と量産機3両が製造されたが、その後1968年に台車の変更により最高速度と曲線通過性能を向上させ、Re4/4形と改称して引続き30両が増備され、現在ではUIC方式の新しい形式名であるRe425形となってBLS AGおよびBLSの貨物輸送部門であるBLSカーゴの所属となっている。なお、車体、機械部分、台車の製造をSLMが、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re425形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • BLS AG RBDe565形/RDBe566形電車

    BLS AG RBDe565形/RDBe566形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    後にBLS AGに統合された、アルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道(Bern-Lötschberg-Simplon-Bahn(BLS))では、旧型の1935-64年製のさまざまな形式の電車が区間列車に使用されていたが、本機はこれらうち旧型のABDZe4/6形の代替およびベルンのSバーン用のRBDe4/4形として1981年から製造され、同様にBLSの各系列会社のシュピーツ-エルレンバッハ-ツヴァイジメン鉄道、ギュルベタル-ベルン-シュヴァルツェンブルク鉄道、ベルン-ノイエンブルク鉄道にも投入されてABDe2/8形やABDe4/8 741-743形などの旧型機を置き換えている。また、本機の製造に際しては同様のニーズがあった同じ標準軌の私鉄であるボーデンゼー-トゲンブルク鉄道とフリブール・グリュエール-フリブール-モラ鉄道との共同開発がなされ、共通化された仕様のもと同一の主要電機品を搭載した「Privatbahn-NPZ」もしくは「EAV-Triebwagen II」と呼ばれるシリーズを形成し、後にヴァル=ド=トラヴェール地域鉄道でも導入されている。そして後に同じBLS AGに統合されることとなるスイス中央部の私鉄のEBTグループのエメンタル-ブルクドルフ-トゥーン鉄道、ソロトゥルン-ミュンスター鉄道、フットヴィル連合鉄道でもこの本機をRBDe4/4II形として1984年から13両を製造し、シャトルトレイン用として使用している。なお、新しいUIC形式ではBLSグループのRBDe4/4形がRBDe565形、EBTグループのRBDe4/4II形がRBDe566形となったが、最終的に2006年にBLS AGに統合された際にも形式名はそのままであったため、同形車でありながら形式が2つに分かれることとなった。本機はサイリスタ位相制御により最大186kN、1時間定格88kNの牽引力と125km/hの最高速度の性能を持ち、主に同型の制御客車と客車との編成で使用される汎用機であり、車体と機械部分の製造をSIG、台車の製造をSWP、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。なお、同シリーズでもボーデンゼー-トゲンブルク鉄道の機体は台車をSIG、車体をFZAが担当しているほか、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)でも本シリーズをベースにして最高速度を140km/hとするなどの変更をしたRBDe560形「NPZ」を大量に製造している。BLS AG RBDe565形/RDBe566形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae485形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae485形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    アルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道(Bern-Lötschberg-Simplon-Bahn(BLS))では、旧型のロッド式のBe5/7形とウエスティングハウス式クイル駆動のAe6/8形と当時世界でも最新鋭の軽量全軸駆動のAe4/4形を主力機関車として使用していたが、レッチュベルクルートを通過する国際貨物列車を900tとすることとなったために製造されたのが本機であり、Ae4/4形を片運転台化して2両永久連結とした機関車で、Bo'Bo'+Bo'Bo'の車軸配置および高圧タップ切換制御により、高い曲線通過性能と、27パーミルで900tの列車を牽引可能な最大470kNの牽引力を持つ8軸・160tの強力機である。1959-63年に3両が製造され、その後1965、66年にAe4/4形4両から2両が改造され、その後UIC方式の新しい形式名であるAe485形となって2004年まで使用されている。なお、車体、機械部分、台車の製造をSLMが、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae485形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae415形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae415形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    アルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道(Bern-Lötschberg-Simplon-Bahn(BLS))では、旧型のロッド式のBe5/7形やCe4/6形とウエスティングハウス式クイル駆動のAe6/8形を主力機関車として使用していたが、Be5/7形の代替と急行列車牽引用として当時世界でも最新鋭の軽量高性能の全軸駆動機として製造されたのが本機である。Bo'Bo'の軸配置および高圧タップ切換制御により、高い曲線通過性能と、27パーミルで400tの列車を牽引可能な最大216kNの牽引力を持つ4軸・80tの強力機であり、その後の世界の電気機関車に大きな影響を与えた革新的な機体である。1944-55年に8両が製造され、その後1959年には本機を2両連結としたAe8/8形に製造が移行し、本機からも4両が1965、66年にAe8/8形に改造されている。残った4両もその後引続き使用され、UIC方式の新しい形式名であるAe415形となって2004年まで使用されている。なお、車体、機械部分、台車の製造をSLMが、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae415形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

167件中 11 - 20件表示

「ABB」のニューストピックワード