166件中 11 - 20件表示
  • スウェーデン国鉄X9形電車

    スウェーデン国鉄X9形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    電装品はアセア(現:アセア・ブラウン・ボベリ)製を採用している。主電動機(走行用モーター)は340kWのものを採用した。両先頭車が電動車となっており、いずれの車両も車軸配置は1A-A1(UIC式表記法)、すなわち編成全体では4軸を駆動し、出力は340×4=1,360kWとなっているスウェーデン国鉄X9形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 分散制御システム

    分散制御システムから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    DCSの概念が登場したのは1975年で、ハネウェル(TDC 2000)と横河電機(CENTUM)がそれぞれ独自に製品化した。アメリカの Bristol も1975年に UCS 3000 をリリースしている。1980年、Bailey(現在はABBの一部)は NETWORK 90 システムをリリース。同じく1980年、Fischer & Porter Company(現在は ABBの一部)が DCI-4000 をリリースした(DCI は Distributed Control Instrumentation の略)。分散制御システム フレッシュアイペディアより)

  • エッシャーウイス

    エッシャーウイスから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    蒸気機関の燃料となる石炭資源に乏しいスイスでは、産業機械の動力源を水力に頼った。そうした原動機としての水車を製造する中で培われた技術は、水力発電の実用化に伴い、発電用水車の製造に発展した。電機メーカーのブラウン・ボベリ(現・アセア・ブラウン・ボベリ)社へもエッシャーウイスから多くの人材が渡っている。エッシャーウイス フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・126CK

    フェラーリ・126CKから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    ターボラグを嫌ったマウロ・フォルギエリは、ブラウン・ボベリ社が開発したプレッシャーウェーブ・スーパーチャージャー(コンプレックスチャージャー)を採用したエンジンも試作した。このエンジンを搭載した試作マシンは「126CX」と呼ばれた。このエンジンはテスト走行行ったジル・ヴィルヌーヴとディディエ・ピローニの両ドライバーからスロットルレスポンスが良いと好評を得たが、システムが複雑化することとターボの場合よりも車体の重心が高くなることから、1981年の開幕戦アメリカ西GPのフリー走行で試されただけで、採用が見送られた。フェラーリ・126CK フレッシュアイペディアより)

  • System80

    System80から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    System80はコンバッション・エンジニアリング社(現ウェスチングハウス)が設計を行った加圧水型軽水炉。で3台が建設された。System80+はその改良型で、改良型軽水炉などとも呼ばれる。改良によって炉心損傷頻度は1/121にまで下がっているとされ、出力が130万kwに増加、経済性も向上している。なお、コンバッション・エンジニアリング社はアセア・ブラウン・ボベリ社に買収された後に、ウェスチングハウスの傘下に入っている。System80 フレッシュアイペディアより)

  • ベルナーオーバーラント鉄道ABeh4/4 II形電車

    ベルナーオーバーラント鉄道ABeh4/4 II形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1890年に開業したベルナーオーバーラント鉄道は、その後1914年の直流1500Vでの電化に際してHGe3/3形電気機関車9機を用意したが、その後ABDeh4/4形3機とABeh4/4I形7機を増備し、1980年代初めにはHGe3/3形4機と10機の電車で運行をしていた。しかし、この頃にはベルナーオーバーラント鉄道の輸送量は毎年大幅な伸びを示しており、輸送力の増強が望まれていたため、牽引力が小さく最高速度の遅いHGe3/3形を置き換えて、同時に電車が牽引する客車列車の反対端に制御客車を連結したシャトルトレインを運行することとなり導入された機体がベルナーオーバーラント鉄道で初めて重連総括制御機能を持った電車である本形式3機と、本形式と編成を組むBDt 401-403形2等/荷物合造制御客車3両であり、同時にBDt 401-403形客車と同形の2等客車であるB 261-262形2両も導入されている。本形式は車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機はBBCが担当して製造されており、通常のスイスの電車では車体製造を担当しないSLMが車体を製造しているのが特徴で、1時間定格出力1256kWで牽引力144kNを発揮する強力機であり、機番と製造年月日、製造所、機体名は下記のとおりである。ベルナーオーバーラント鉄道ABeh4/4 II形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野鉄道電機51形電気機関車

    吉野鉄道電機51形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    新製当時、吉野鉄道においては既に電機1形1 - 3として電化開業の際にスイスから輸入された、比較的コンパクトな設計かつ低出力のブラウン・ボベリ(BBC)社製凸型電気機関車が使用されていたが、本形式は大阪鉄道との直通運転実施に伴う変電所の増強や軌道の強化を背景として、この時代の私鉄向けとしては大型の箱形車体を備え、しかも大出力の電動機を搭載した48t級機として完成している。吉野鉄道電機51形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ティチーノ州地域鉄道/アルプス山麓鉄道ABe4/6形電車

    ティチーノ州地域鉄道/アルプス山麓鉄道ABe4/6形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本機はイタリア語で”100の谷”を意味するスイス南部のロカルノとイタリア北部のドモドッソラを結ぶ1000mm軌間の路線であるチェントヴァッリ鉄道に1992、93年に12編成24両が投入された2車体連接式の電車で、同鉄道を運営するスイス側のティチーノ州地域鉄道が1/2等合造のABe4/6形6編成と1等のみのAe4/6形2編成を、イタリア側のアルプス山麓鉄道が1/2等合造のABe4/6形4編成をそれぞれ導入している。なお、ABe4/6形とAe4/6形はいずれも客室等級の違いにより一部座席配置が異なるのみの同型の機体であったが、Ae4/6形は後に座席配置を変更してABe4/6形に改造されている。製造は車体、台車の製造をACM VeveyおよびSIG、電機部分、主電動機の製造をABBが担当しており、VVVF制御方式で、低床部の床面高さを530mmとしたバリアフリー対応の機体である。所属ごとの各機体の形式名と機番、製造年、機体名(主に沿線の街の名前)は以下の通り。ティチーノ州地域鉄道/アルプス山麓鉄道ABe4/6形電車 フレッシュアイペディアより)

  • アセア・ブラウン・ボベリ

    アセア・ブラウン・ボベリから見たABBグループABBグループ

    アセア・ブラウン・ボベリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    この機体は、1930年代後半から1940、50年代にかけて SLMとBBCが製造し、モントルー-グリオン鉄道、グリオン-ロシェ・ド・ネー鉄道、エーグル-レザン鉄道、ベー-ヴィラー-ブルタユ鉄道の各鉄道に導入されていた、2軸ボギー台車にラック式もしくは粘着式/ラック式の1軸駆動式駆動装置を組み込んだ定格出力150-250kWの小出力のラック式電車をベースに、4軸駆動で客車列車を押し上げることができる電車に発展させた機体であり、1962年からは列車の反対端に制御車を連結した遠隔制御による運行が開始されていた。ヴェンゲルンアルプ鉄道は1列車当たりの編成両数が2もしくは3両に限られており、多客時には続行運転で列車が運行する方式であったが、1960年代の利用客増加により、さらにラック式電車の増備がなされることとなり、1970年にラウターブルンネンからクライネ・シャイデックに至る通称右回りルートの増発用として本項で述べるABDhe4/4形119-124号機の6両が導入されている。ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車 フレッシュアイペディアより)

166件中 11 - 20件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選