166件中 21 - 30件表示
  • ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車

    ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイス北部バーゼル=ラント準州の首都リースタル近郊に路線を持つスイス唯一の750mm軌間の私鉄であるヴァルデンブルグ鉄道は1880年の開業以来蒸気機関車の牽引による列車で運行されてきたが、1953年に直流1500Vで電化されることとなり、CFe4/4形の1-3号機として3機が導入された3等・荷物合造電車が本形式であり、スイスの鉄道における1956年の客室等級の1-3等の3段階から1-2等への2段階への統合と、これに伴う称号改正により3等室が2等室となって形式記号もCからBに変更となって形式名がBFe4/4形となり、さらに1962年の称号改正により荷物室の形式記号がFからDに変更となったため、形式名がBDe4/4形となっている。本形式は車体、台車、機械部分の製造をSWP、主電動機、電気機器の製造はBBCが担当しており、通常のスイスの1000mm軌間用車両では2600-2700mm程度である車体幅を2200mmに抑えた軽量構造の鋼製車体に抵抗制御と直流電動機を組み合わせた制御装置を搭載して1時間定格出力373kW、牽引力34kNを発揮する小型の機体であり、750mm軌間であることから駆動装置が当時としては珍しい吊掛式となっているのが特徴である。なお、各機体の機番、製造年、製造所は以下のとおりとなっている。ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国標準型原子炉

    韓国標準型原子炉から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1983年から1991年にかけてスイスのアセア・ブラウン・ボベリ社(ABB社)と技術提携を行い、同社の原子炉System80をベースに設計された出力100万kWのOPR1000を開発。1995年、同国内の霊光原子力発電所3号機で使用された。また1990年代末にかけてアセア・ブラウン・ボベリ・アトム・コンバッション・エンジニアリング社(ABB-CE社)のSystem80+をベースにした140万kWのAPR1400が開発され、蔚珍原子力発電所など韓国内の原子力発電所に採用されている。韓国標準型原子炉 フレッシュアイペディアより)

  • 南向ダム

    南向ダムから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    天竜川の水資源を活用した水力発電所を建設すべく1926年(大正15年)3月5日に発足した天竜川電力は、その先駆けとして大久保発電所の建設工事を同年11月に、続いて下流の南向発電所の建設工事を1927年(昭和2年)7月に着工。南向発電所の工事用電力を確保するため、先んじて建設が進められていた大久保発電所が1927年(昭和2年)9月に完成し、南向発電所に至る22キロボルトの送電線が敷設されると、これを機に南向発電所の建設工事が本格着手となった。上伊那郡中沢村(現・駒ヶ根市中沢)吉瀬に天竜川をせき止める南向ダムを建設し、下流の発電所まで長さ11.732キロメートルの水路が開削された。水路の長さが当初の計画よりも1,305メートル長くとられたことで有効落差が3メートル増え、それに伴って出力規模も2万1,300キロワットから2万4,100キロワットに拡大されている。発電用水車はスウェーデンのボービング製、発電機はイギリスのブラウンボベリ製で、当時世界最高水準の技術が投入された。南向ダム フレッシュアイペディアより)

  • マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 91-96形電車

    マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 91-96形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本形式はシャトルトレイン方式の列車の増発、老朽化したHGe2/2形電気機関車や事業用ながら営業列車にも使用されていたHGm4/4形ディーゼル機関車の営業用運行の代替、フルカベーストンネルで運行される列車フェリー専用機であるGe4/4形電気機関車の検査予備、オーバーアルプ峠を越える列車フェリーなどの季節列車や事業用列車の牽引といったさまざまな運用で使用されることを想定したラック式の荷物電車となっており、車体、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。また、ラック式台車と駆動装置はHGm4/4形とDeh4/4 51-55形で、タップ切換制御の主制御装置はDeh4/4 51-55形でそれぞれ実績のあるものを採用し、1時間定格出力1032kW、牽引力247kNを発揮して最大勾配179パーミルで114tの列車を牽引可能な性能を有する機体となっている。なお、ベースとなったDeh4/4 51-55形からの変更点は以下の通りである。マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 91-96形電車 フレッシュアイペディアより)

  • フルカ・オーバーアルプ鉄道BDeh2/4形電車

    フルカ・オーバーアルプ鉄道BDeh2/4形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本形式は車体、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCおよびSAASが担当し、低圧タップ切換制御により1時間定格出力426kW、牽引力118kNを発揮する山岳鉄道用の機体であり、シェレネン鉄道の179パーミル区間では客車1両を、フルカ・オーバーアルプ鉄道の110パーミル区間では2両、90パーミル区間では3両を牽引可能であった。それぞれの機番とSLM製番、製造年、形式称号の変遷は下記のとおりである。フルカ・オーバーアルプ鉄道BDeh2/4形電車 フレッシュアイペディアより)

  • マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 51-55形電車

    マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 51-55形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    なお、HGe4/4I形は1時間定格出力911kWで荷重2.0tの荷物室を備えており、本形式も同様に1時間定格出力1032kWで荷重2.5tの荷物室を備えるという類似の機体であるが、形式上は前者は電気機関車、後者は荷物電車に分類されている。本形式は、ラック式台車と駆動装置は1967年より運行しているHGm4/4形で実績のあるものを採用し、1時間定格出力1032kW、牽引力247kNを発揮して最大勾配179パーミルで114tの列車を牽引可能な性能を有するラック式の荷物電車となっており、車体の製造をSIG、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当している。なお、それぞれの機番、製造所、製造年、機体名(主に沿線の街の名称、各機体に一覧の通りエンブレムが設置される)は下記のとおりである。マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 51-55形電車 フレッシュアイペディアより)

  • エーグル-レザン線

    エーグル-レザン線から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    Arseh 2/4形201号 SLM/BBC1946年製、サロン車に改造されているエーグル-レザン線 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン地下鉄1992形電車

    ロンドン地下鉄1992形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1992形電車はセントラル線で運用されていた1962形電車の置換用としてABB(アドトランツを経てボンバルディア・トランスポーテーション)で、2両1ユニット4組からなる8両編成85本が製造され、1993年4月から1962形を2年間で置き換えた。本形式は元BREL(イギリス国鉄車両部門)のダービー工場を引き継いだ設備で製造された。本形式の製造に先立ち、1986形3両での長期試験が行われた。ロンドン地下鉄で初めてのチョッパ制御車で、イギリスの電車としてはマイクロコンピュータ制御され、装置間をネットワーク接続した初期のものと位置づけられる。ロンドン地下鉄1992形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 英国核燃料会社

    英国核燃料会社から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    2000年、アセア・ブラウン・ボベリから原子力事業を3億ポンドで購入した。この部門はアジア・欧州・米国での原子力市場に興味を持っていたウェスティングハウスに統合された。2000年6月、BNFLは南アフリカの22.5%の株式を取得した。英国核燃料会社 フレッシュアイペディアより)

  • ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道Be4/4 201-205形電車

    ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道Be4/4 201-205形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1916年から1917年にかけてスイス西部レマン湖畔のニヨンからスイス - フランス国境の街であるラ・キュールまで26kmが開業し、1921年には国境を越えたフランス側のジュラ電気鉄道(1931年以降はモレ-ラ・キュール鉄道となる)を経由してフランス国鉄に接続するモレまで直通していたニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道は、開業当初よりスイス国内では珍しい架線電圧DC2200Vで電化されていた。その後1958年にはフランス国内のモレ-ラ・キュール鉄道のラ・キュール - モレ間が廃止となり、スイス国内の残存区間での営業を続けていたが、電化方式がスイス国内では珍しい架線電圧DC2200Vであったこともあり、開業以来のABDe4/4 1...6形を初めとする1916-36年製の計7機の電車が客車および貨車を牽引する列車で運行されており、変電所などの送電設備も開業以来のものが使用され続けていた。イタリアでは一般的な直流の高電圧による電化はスイス国内にはニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道のほかにはレーティッシュ鉄道のクール・アローザ線でDC2400Vが採用されていたのみで、同線もレーティッシュ鉄道の本線系統と同じAC11kV 16.7Hzへの変更が長らく計画されていたなど一般的ではなかったこともあり、ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道では、老朽化した諸施設を一新し、軌道の重軌条化等を図ると同時にスイスでも一般的な架線電圧DC1500Vに置き換える、総額2,700万スイス・フランの近代化計画を1982年に立案している。本形式はこの計画に基づき、ヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道のほぼ全ての営業用車両を入れ替えるために用意されたもので、2等電動車のBe4/4 201-205形が5機、同形の制御客車のBt 301-305形が5機が1985-86年に導入され、その後1991年に増備機として客室の一部を荷物室に変更したBDe4/4 211形2等・荷物合造電動車1機が導入されている。スイスでは古くからいくつかの私鉄と車両メーカーが共同で同一設計や共通設計の電車を導入する事例が多く存在していたが、本形式もスイス西部のヴェヴェイを本拠地とする車両メーカーであるACMVが企画した、モジュール構造を採り入れた1000mm軌間用標準型電車シリーズの1つで、ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道とローザンヌ-エシャラン-ベルヒャー鉄道に導入されたのを手始めにスイス西部を中心にいくつかの私鉄に導入されたものである。製造は車体、機械部分、台車をACMVが、電機部分、主電動機はBBCもしくはその後身であるABBが担当しており、チョッパ制御により電動車1時間定格出力800kWで牽引力75kNを発揮する勾配線用機である。なお、形式毎の機番と製造年、製造所は下記のとおりである。ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道Be4/4 201-205形電車 フレッシュアイペディアより)

166件中 21 - 30件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選