166件中 31 - 40件表示
  • ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 1...6形電車

    ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 1...6形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1916年から1917年にかけてスイス西部レマン湖畔のニヨンからスイス - フランス国境の街であるラ・キュールまで26kmが開業し、1921年には国境を越えたフランス側のジュラ電気鉄道(1931年以降はモレ-ラ・キュール鉄道となる)を経由してフランス国鉄に接続するモレまで直通していたニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道は、開業当初よりスイス国内では珍しい架線電圧DC2200Vで電化されていた。イタリアではその後一般的となる直流の高電圧による電化であるが、スイス国内においては1914年に開業したクール・アローザ鉄道でDC2000V(後に2400Vに昇圧)が採用されたのに続きニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道が2例目であったが、以後他の鉄道では直流電化は従来通りのDC750-1500Vが主流となり、高電圧での電化はこの2鉄道のみであった。このニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道は電車が客車や貨車を牽引する列車で運行されることとなり、1916年のニヨン - サン・セルゲ間19kmの開業に際してBC 20-21形およびBC 22-24形客車計4両、貨車と共に総額250,000スイス・フランで用意された機体が車軸配置Bo'Bo'のBCe4/4 1号機と、同一形式で車軸配置を2'Bo'としたBCe2/4 5および6号機の計3機の2等/3等合造電車である。さらにその後1917年のサン・セルゲ - ラ・キュール間の開業に合わせて1918年に同型で室内配置を変更して3等/荷物/郵便合造電車のCFZe 4/4 10-11形が増備されたほか、フランス側でも同じく同型で室内配置を変更したBCFZe4/4 1形およびBCFe4/4 2形が24年、36年に用意されており、この一連の機体はニヨン市街における併用軌道通過に対応した幅2170mmの狭幅で、大型の側面窓やRが大きく平たい屋根を持つ車体と、比較的大出力の主電動機による43.1kN(BCe2/4 5、6号機は21.6kN)の牽引力を特徴とする勾配線用機であり、再急勾配60パーミルのニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道線で旅客列車、貨物列車を牽引できる性能を有している。これらの機体のうち、本項で記述するABDe4/4 1...6形はBCe4/4形の1号機およびBCe2/4形の5、6号機として製造された機体を出自としており、BCe2/4 5、6号機は1917年に主電動機2基を増設して、製造当初から4基搭載であったBCe4/4 1号機と合わせてBCe4/4 1...6形に、その後1956年の称号改正によりABe4/4 1...6形、1966年の荷物室設置によりABDe4/4 1...6形となったものであり、車体、機械部分、台車をSWSが、電機部分、主電動機はBBCが担当して製造されている。ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 1...6形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 10-11形電車

    ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 10-11形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1916年から1917年にかけてスイス西部レマン湖畔のニヨンからスイス - フランス国境の街であるラ・キュールまで26kmが開業し、1921年には国境を越えたフランス側のジュラ電気鉄道(1931年以降はモレ-ラ・キュール鉄道となる)を経由してフランス国鉄に接続するモレまで直通していたニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道は、開業当初よりスイス国内では珍しい架線電圧DC2200Vで電化されていた。イタリアではその後一般的となる直流の高電圧による電化であるが、スイス国内においては1914年に開業したクール・アローザ鉄道でDC2000V(後に2400Vに昇圧)が採用されたのに続きニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道が2例目であったが、以後他の鉄道では直流電化は従来通りのDC750-1500Vが主流となり、高電圧での電化はこの2鉄道のみであった。このニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道は電車が客車や貨車を牽引する列車で運行されており、1916年のニヨン - サン・セルゲ間19kmの開業に際してBCe4/4 1形1機と、同一形式で車軸配置のみ異なるBCe2/4 5-6形2機の計3機の2等/3等合造電車が客車4両、貨車と共に総額250,000スイス・フランで用意され、その後1917年のサン・セルゲ - ラ・キュール間の開業に合わせて1918年に同型で室内配置を変更して3等/荷物/郵便合造電車としたCFZe 4/4 10-11形2機と客車x両、貨車x両が増備されている。また、ラ・キュール - モレ間がジュラ電気鉄道として1921年に開業したフランス側でも同じく同型で室内配置を変更したBCFZe4/4 1形およびBCFe4/4 2形が24年、36年に用意されており、この一連の機体はニヨン市街における併用軌道通過に対応した幅2170mmの狭幅で、大型の側面窓やRが大きく平たい屋根を持つ車体と、比較的大出力の主電動機による43.1kN(BCe2/4 5、6号機は21.6kN)の牽引力を特徴とする勾配線用機であり、再急勾配60パーミルのニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道線で旅客列車、貨物列車を牽引できる性能を有している。これらの機体のうち、本項で記述するABDe4/4 10-11形はCFZe4/4形の10号機および11号機として製造された機体を出自としており、1937年に荷物室を2/3等室に改造してBCZe4/4 10-11形に、その後1952-53年に郵便室を荷物室に変更する形式変更をしてBCFe4/4 10-11形、1956年の称号改正によりABFe4/4 10-11形、1962年の称号改正rによりABDe4/4 10-11形となったものである。本形式はベースとなったABe4/4 1...6形と同じく車体、機械部分、台車をSWSが、電機部分、主電動機はBBCが担当して製造されている。ニヨン-サン=セルゲ-モレ鉄道ABDe4/4 10-11形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-ソロトゥルン地域交通RABe4/12 21-26形電車

    ベルン-ソロトゥルン地域交通RABe4/12 21-26形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本機はスイスのシュタッドラーが2004年から製造している都市近郊列車用部分低床式電車であるFLIRTシリーズのコンセプトを採り入れたシュタッドラー社のテーラーメードシリーズの車両であり、可変電圧可変周波数制御により、最大出力1200kW、最大牽引力120kNの性能を持つ都市近郊列車用機であり、床面高さレール面上400mmの低床部を60%以上確保したバリアフリー対応の機体でもある。車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当しており、「NExT」(Niederflur-Express-Triebzug、低床式急行電車)の名称がつけられている。ベルン-ソロトゥルン地域交通RABe4/12 21-26形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車

    ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイスのベルナーオーバーラント地方のラウターブルンネン谷の谷底のラウターブルンネンからケーブルカー(2006年まで)もしくは索道(2006年以降)と連絡をして崖の上にあるミューレンへ至る山岳鉄道であるラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道では、1960年代までは1913年製のBDe2/4 11-12形電車および1925年製のBDe4/4 13形電車が使用されていたが、これらは木造車体の旧型機であったため老朽化が進んでおり、1964年にはBDe4/4 13号機が事故により使用不能となり65年には廃車となったため、使用機材を一新するために1967年に導入された機体が本形式であり、Be4/4形の21-23号機として3機が同時に運用を開始している。本形式はラウターブルンネンミューレン山岳鉄道の架線電圧525Vおよび最高速度30km/hという比較的特殊な運行条件と、他路線に接続しておらず、グリューシュアルプの小規模な工場でメンテナンスをする必要があるという立地条件に対応した機体として製造されたもので、車体、台車の製造をSIG、電機品、主電動機の製造をBBCおよびSAASがそれぞれ担当しており、機番と製造年、製造社は下記のとおりである。ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア鉄道

    エリトリア鉄道から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    また、現役ではないが、スイスのブラウン・ボベリ社製と推定されている4輪の車体がアスマラに置かれている。エリトリア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 上田丸子電鉄丸子線

    上田丸子電鉄丸子線から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    大屋 - 丸子町間は開業から1924年(大正13年)まで蒸気機関車による運転であった。電化にあたり大屋変電所 を建設明電舎製回転変流器(300KW)1台により運転した。1926年(大正15年)4月に同型を増設し常用1予備1とした。1953年(昭和28年)9月に東急より水銀整流器(600KW)BBC製を譲受け750Vに昇圧した。上田丸子電鉄丸子線 フレッシュアイペディアより)

  • GT 101

    GT 101から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    ハイデルベルクのアセア・ブラウン・ボベリのW. Hryniszakは改良前のGT 102に熱交換器を追加してGT 103を開発した。使用された熱交換器は回転するセラミック製の円筒が十字型のダクト内に設けられた。ガス発生器からの排気ガスはダクトの外部に送られ500℃に加熱して350℃で放出される。セラミック製の円筒は加熱部の過熱を防ぐ為にゆっくりと回転する。出力タービンへ流れる圧縮空気が円筒の中を流れ約180℃から約300℃に加熱される。GT 101 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国鉄クラス482電車

    イギリス国鉄クラス482電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    クラス482電車は1940年代に製造され、老朽化していたクラス487電車の置き換え用として1992年、1993年に導入された。同時期に製造されたロンドン地下鉄セントラル線用1992形電車とほぼ同一の設計である。ユニット番号482501-510の2両ユニット10組がABBで製造された。各ユニットは車両番号65501-510の制御電動車、67501-510の中間電動車で構成される。2組のユニットが制御電動車が外側をむくように連結されて運用される。イギリス国鉄クラス482電車 フレッシュアイペディアより)

  • ロイクハイム

    ロイクハイムから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    ロイクハイムの最も重要な雇用主は、Pucaro Elektro-Isolierstoffeで、電子部品のプレスボードを製造する会社で、従業員数は約250人である。この企業は、1668年にヨプスト・レターが創設した製紙業者をその起源とし、名前の Pucaroは、"Pressspan- und Cartonagenfabrik Roigheim" を短縮したものである。この会社は、1989年にアセア・ブラウン・ボベリ社に買収された。ロイクハイム フレッシュアイペディアより)

  • ボルボ・ECC

    ボルボ・ECCから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    ボルボ ECCはボルボ・850のプラットフォームを使用して製造され、将来の環境規制への適合を目的としたボルボの3番目の環境対策車で、ガスタービン発電機と電気モータと大容量の蓄電池を組み合わせた前輪駆動のシリーズハイブリッド式ハイブリッドカーだった。蓄電池は駐車中に外部電源から充電したり軽油を燃料とするガスタービン発電機で充電することができた。現在のプラグインハイブリッド(PHEV)と同様の使い方も可能だった。パワートレーンはボルボのKöpingの変速機工場によって開発され、モーターや発電機や制御装置、パワーエレクトロニクスや直流変換器等の電装品関係はABBが開発に携わった。ボルボ・ECC フレッシュアイペディアより)

166件中 31 - 40件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選