167件中 41 - 50件表示
  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    本機はアルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道が、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)のRe460形の改良型として、ピニンファリーナによるデザイン、自己操舵台車による高い曲線走行性能はそのままとし、VVVFインバータ制御を1C2Mから1C1Mに変更するとともによる出力を増強し、最大出力を6100kWから7000kWに、最大牽引力を300kNから320kNに、レッチュベルクルートの27パーミルでの650t列車の牽引速度を80km/hから100km/hとしたものである。まずBLSが8両(機番465 001-6から465 008-1まで)を、のちにスイス国鉄が10両(機番465 009-9から465 018-0まで)の計18両が発注され、1994年9月に初号機がロールアウトしている。なお、スイス国鉄所有機は全機BLSレッチュベルク鉄道にリースされており、2003年4月30日には全機が同鉄道に売却されている。製造は車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが担当した。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄RABe523形電車

    スイス国鉄RABe523形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    2000年代までのスイス国鉄の近郊列車やローカル列車は旧型のRe420形、RBe540形や1980-90年代に製造されたRBDe560形が近郊形改造をした旧型のEW I形およびEW II形客車を牽引するシャトルトレインが主力であったが、老朽化が進んでいた。一方、1990-2000年代の欧州においてはバリアフリー化やコスト低減といった要請の高まりによって低床式車体でプラットフォームの概念を採入れた電車および気動車が各鉄道車両メーカーで用意されるようになり、タルボット車両工場のタレントやシーメンスのデジロといったシリーズが大量生産され始めていた。スイスにおいてもシュタッドラーが1997年から、走行機器を集中搭載した4輪単車の動力ユニットに1車体片側1台車で片持ち式の客車を組み合わせたモジュラー式構造のGTWシリーズを生産しており、国鉄でもゼータル線専用機としてRABe520形を2002-03年にかけて17編成を導入していた。こういった状況の中、スイス国鉄ではバーゼルやルツェルンなどを中心とした都市近郊列車の拡充と旧型車両の代替を目的として本格的に低床式電車をシュタッドラー社から導入することとなり、GTWシリーズより走行性能の向上、輸送力の増強、冗長性の向上などを図ったFLIRT(Flinker Leichter Innovativer Regional-Triebzug)シリーズをスイス国内用のRABe523形およびその派生形としてドイツ乗入用のRABe521形、フランス乗入用の2電源機RABe522形、イタリア乗入用の2電源機RABe524形として2002年以降順次発注をし、2004年より順次投入している。本系列は4車体もしくは6車体連接式で低床部の床面高さをレール面上570mmとしたバリアフリー対応の機体であり、VVVFインバータ制御により最大182kN、1時間定格95kNの牽引力と160km/hの最高速度の性能を持つ汎用機である。RABe521-524の各形式は使用路線の違いにより搭載機器が一部異なるほかは同型であり、2002年以降117編成が製造され、もしくは製造中であり、車体と機械部分の製造およに最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB SchweizおよびABB Sécheronが担当している。スイス国鉄RABe523形電車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄RAe2/4形、RBe2/4 1003-1007形電車

    スイス国鉄RAe2/4形、RBe2/4 1003-1007形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    本機は2'Bo'の車軸配置と、低圧タップ切換制御による最大24.5kNの牽引力と125km/hの最高速度を特徴としており、車体、台車、機械部分の製造をSLMが、主電動機、電機部分の製造をBBC、MFO、SAASが担当している。スイス国鉄RAe2/4形、RBe2/4 1003-1007形電車 フレッシュアイペディアより)

  • VR Sr1電気機関車

    VR Sr1電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    Sr1はフィンランドの鉄道会社VRグループのために作られた電気機関車。25kV電圧であり、ノヴォチェルカースク電気機関車工場にて1973年から1985年にかけて製造された。電機品はフィンランドのOy Strömberg Ab社(後のアセア・ブラウン・ボベリ)から供給された。この型の追加機関車が2両VRヒュヴィンカー機械製造場で1993年から1995年に、3111番は予備部品から、3112番はVRでは使われることの無かった原型試作機から作られた。VR Sr1電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABDe4/4 481-486形電車

    レーティッシュ鉄道ABDe4/4 481-486形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    クール・アローザ線は1960年代にいたるまで開業以来の電車とベルニナ線からの借入車で運行されていたが、ベルニナ線へ車両を戻しつつ近代化も図るため、1957、1958年に製造された電車で、車体、機械部分、台車の製造をSWS、電機部分、主電動機の製造をBBCおよびSAASが担当しており、価格は1両408,000スイス・フランである。抵抗制御により1時間定格出力500kW、牽引力64kNを発揮する汎用機であり、さらに、本機の同型機として1両が製造されたベリンツォーナ・メソッコ線用のBDe4/4 491形の予備機として483II、484II号機が架線電圧直流2400V/1500V両用として製造され、車両不足時には転用することとしていた。機番と製造所、製造年は下記のとおりであるが、製造当初はABFe4/4形と呼称され、また、いずれの機番も2代目であるためそれぞれ"II"として区分している。レーティッシュ鉄道ABDe4/4 481-486形電車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge2/4形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge2/4形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    レーティッシュ鉄道の本線系統は、1913年に最初から電化で開通したエンガディン線を手始めに1922年までに全線が交流11kV16.7Hzで電化されたが、使用される電気機関車としては、軸配置1'D1'のGe4/6形8両とともに、軸配置1'B1'のGe2/4形7両が用意された。この機体は4軸駆動、主電動機2台搭載のGe4/6形に対して、主電動機を1台搭載としたロッド式の2軸駆動機であり、1912年に2両、1913年に5両が、SLM製の車体、機械部分、走行装置に、BBCが製の電機部分、主電動機を搭載して製造されたもので、価格は1両72,000スイスフランである。また、性能的にもGe4/6形の約半分であり、1時間定格出力220kW、牽引力26kNを発揮し、25パーミルで90tを28km/hで牽引可能であった。レーティッシュ鉄道Ge2/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車

    レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ベルニナ線は開業以来1960年代に至るまで開業以来のABe4/4 31-37形、ABe4/4 30形、ABDe4/4 38形電車が主力として使用されてきたが、これらの一部置換えと輸送力増強を図るため、クール・アローザ線のABDe4/4 481II-486II形をベースとして1964、65年に6両、1972年に3両が製造されたのが本機であり、車体、機械部分、台車の製造をSWS、主電動機の製造をBBC、電機部分の製造をSAASが担当しており、価格は1両760,000スイス・フランである。抵抗制御により1時間定格出力680kW、牽引力106kNを発揮する汎用機であり、現在ではABe4/4 51-56形電車や本機と同一性能のGem4/4形ディーゼル/電気機関車とともにベルニナ線の主力として客車列車を牽引している。なお、設計時の性能要件は以下の通り。レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車 フレッシュアイペディアより)

  • VR Sr2電気機関車

    VR Sr2電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    Sr2はスイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークスとアセア・ブラウン・ボベリがフィンランドの鉄道会社VRグループのために製作した電気機関車。Sr2はスイス国鉄Re460を基礎としているVR Sr2電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国鉄道8000形電気機関車

    韓国鉄道8000形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    この機関車は、アルストムを幹事にした、GEC、MTE、ACEC、AEG、ブラウン・ボベリ、シーメンスが参与したコンソーシアムが開発した。サイリスタ位相制御により650kWクラスの直流電動機6個を制御し、3900kWの総出力を持つ。特に、山岳地形に最適化するためにB'o-B'o-B'oの車軸配列を採用しており、歯車比は大きくとられ、最高速度は85km/hに抑制されているが、牽引力を最大限に高め、名実ともに山岳専用機関車としての面貌を備えている。韓国鉄道8000形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国鉄8K型電気機関車

    中国国鉄8K型電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1985年初,?解决当?晋煤外运运力不足、造成运?瓶?的??,?道部决定从国外引?一批?于当?国?先?水平的大功率?力机?。8K型?力机?是双机重?8?交-直流??大功率干??运用?力机?,由欧洲五十赫?集?(由法国阿?斯通公司??的包括法国阿?斯通、?国AEG及西?子、瑞士ABB等公司在内的生?50赫??机??的集?)???中国?路??制造的,中方派出人?参与了8K型机???。8K型机?于1987年-1988年整机?口了共148台(?号001?148),另外,由株洲?力机?厂于1989年制造了两台(?号149、150)。在?口机?同?中方完成了技?引?,引?技??用于国?的韶山型?力机?。中国国鉄8K型電気機関車 フレッシュアイペディアより)

167件中 41 - 50件表示

「ABB」のニューストピックワード