166件中 41 - 50件表示
  • 電気式ガスタービン機関車

    電気式ガスタービン機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイス連邦鉄道(スイス国鉄)では1939年に電気式ガスタービン機関車が試用され1941年/42年に運行された。ブラウンボベリ社によって製造され、車軸配置は1A-Bo-A1で2200馬力 (1.6MW) のガスタービンエンジンを搭載していた。電気式ガスタービン機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン国鉄Rc形電気機関車

    スウェーデン国鉄Rc形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    1966年から1988年にの約20年間にわたりスウェーデンの機関車としては最多となる366両がアセア(現・ABB)にて製造された。なお、スウェーデン国鉄 (SJ) は2001年1月1日付で以下の会社に分割、民営化されており本項でも以下の表記を用いる。また、上下分離経営の進んだスウェーデンでは以下の会社以外にもヴェオリア・トランスポール(旧:コネックス)のように本系列を所有し、線路を借りて列車を運行するという形を取る会社がいくつかある。スウェーデン国鉄Rc形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間周波数変換所

    佐久間周波数変換所から見たABBグループABBグループ

    周波数の異なる2種類の電気を融通するという構想は、1958年(昭和33年)に広域運営視察団によってもたらされたという。イギリス・フランス間において両国が直流送電によって電力系統を接続することを計画し、容量16万kWの設備をスウェーデンの電力機器メーカー・アセア社(現ABB)に発注していた。この技術を日本の異周波数系統間の電力融通に利用できないかと持ちかけたのである。佐久間周波数変換所 フレッシュアイペディアより)

  • 池上電気鉄道

    池上電気鉄道から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    嶺変電所、水銀整流器(交流側500V直流側550V)直流側の出力500KW、常用2、製造所BBC池上電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • アッペンツェル鉄道ABDeh4/4 1-5形電車

    アッペンツェル鉄道ABDeh4/4 1-5形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイスにおけるラック式の電気機関車および電車は1890年代以降、ラック区間用ピニオンと粘着動輪の駆動装置に様々なシステムが採用されていたが、本形式が製造された1930年代頃には、1905年に実用化された、2軸ボギー台車に吊掛式に装荷した主電動機からピニオンおよび粘着動輪の双方に歯車で駆動力を振り分ける駆動装置を使用する方式が主力となっていた。しかし、ザンクト・ガレン-ガイス-アッペンツェル電気鉄道の路線は併用軌道もしくは街道沿いの路線が大半を占めており、最小曲線半径が30mと小さかったため、台車の固定軸距および全長を短縮する必要があり、通常の場合固定軸距が約2500-3000mmになり、主電動機と駆動装置を車軸の外側に装荷して固定軸距を2000mm程度に短縮しても台車全長が長く転向性能に劣る前述の方式は使用することができなかった。そこで、本形式では台車には粘着動輪および動軸に滑合されたラック用ピニオンの駆動装置のみを装荷し、車体床下に装荷した主電動機からプロペラシャフトで動力を伝達する車体装架カルダン駆動方式を採用して台車の固定軸距を1850mmとし、1時間定格出力419kW、牽引力84.3kNの性能を発揮して、客車列車、貨物列車の牽引を可能としたラック式鉄道用機となっており、台車および駆動装置の製造をSLM、車体の製造をSIG、主電動機、電気機器の製造をBBCが担当している。なお、各機体の機番とSLM製番、製造年、製造所は以下の通り。アッペンツェル鉄道ABDeh4/4 1-5形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1893年に開業したヴェンゲルンアルプ鉄道はベルナーオーバーラント鉄道、ユングフラウ鉄道の間を結ぶ、ベルナーオーバーラント地方の軌間800mmの登山鉄道であり、これらの鉄道にラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道を加えてユングフラウ鉄道グループを形成しており、1909-10年に直流1500Vで電化されて小型ラック式電気機関車のHe2/2 51-65形が客車を押し上げある形態の列車で運行されていたが、1940年代には輸送力の増強が必要な状況となっていた。一方、当時のスイスでは、1930年代後半から1940、50年代にかけて SLMとBBCが製造した、2軸ボギー台車にコンパクトにまとめたラック式もしくは粘着式/ラック式の駆動装置を組み込んだ動軸2軸で定格出力150-250kWの小出力のラック式電車がモントルー-グリオン鉄道、グリオン-ロシェ・ド・ネー鉄道、エーグル-レザン鉄道、ベー-ヴィラー-ブルタユ鉄道の各鉄道に導入されていた。これらの機体は主電動機を1台車あたり1台装荷して片側軸を駆動する2軸ボギー式鋼材組立台車を装備しており、単行での運転を基本としたものであったため、ヴェンゲルンアルプ鉄道では4軸駆動で客車列車を押し上げることができる電車を導入することとなり、1945年に試作機であるBCFhe4/4 101号機を導入し、1963年にかけて18機を導入した機体がBCFhe4/4形の101-118号機であり、称号改正および客室等級の変更を経て現在ではBDhe4/4 101-118形となっている。本形式は同時期の1946年にベルナーオーバーラント鉄道で導入されたBCFeh4/4形(後のABDeh4/4形)電車と類似のデザインおよび設計で、本線用の軽量高速電車用に開発が進められていたプレス鋼溶接組立式台車に直角カルダン駆動方式に小型高速回転の主電動機とラック式駆動装置を組み込んだ走行装置と軽量車体の組合せで定格出力440kWと牽引力83kNを発揮する汎用機であり、車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機はBBCが担当して製造されたもので、機番とSLM製番、運行開始年月日(101-103号機製造年)、製造所は下記のとおりである。ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ブダペスト登山鉄道

    ブダペスト登山鉄道から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1973年8月20日に設備の一新にあわせ登場した新型電車は、オーストリア製で、電気部品はブラウン・ボベリ社が提供した。電気ブレーキを有するが、電力回生はできない。電車は7編成あり、1M1Tの2両永久連結で、制御付随車が山上側を向いている。1987年1月には激しい雪の中、ブレーキが無効となり、列車が衝突して死傷者を出す事故があった。この悲劇に学び、ブレーキの改良が施された。1993年には車内に自転車スペースが設けられた。ブダペスト登山鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • フード・ユニット

    フード・ユニットから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    DC11形 - MAN(ドイツ)+ブラウン・ボベリ(スイス)フード・ユニット フレッシュアイペディアより)

  • コーラルスプリングス (フロリダ州)

    コーラルスプリングス (フロリダ州)から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    コーラルスプリングス市はその管理の優秀さでフロリダ州スターリング賞を2回受けた。ファースト・データとアライアンス・エンタテインメントの2社が市内企業パークに事務所を構える最大企業である。ABBアセア・ブラウン・ボベリとロイヤル・プラスティック・グループも系列企業の本社を置いている。市内最大のショッピングセンターはコーラル・スクエアであり、1984年開業、売り場床面積945,000平方フィート (87,700 m?)、120店以上の小売店が入っている。プレファード・イクスチェンジ・タワーが市内で最も高いオフィスビルであり、10階建て、床面積203,000平方フィート (18,800 m?) である。コーラルスプリングス (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • ルガーノ-カドロ-ディノ鉄道BDe2/3 1-4形電車

    ルガーノ-カドロ-ディノ鉄道BDe2/3 1-4形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイス南部、イタリア語圏内のティチーノ州のルガーノ湖北岸の都市ルガーノ近郊の私鉄であるルガーノ-カドロ-ディノ鉄道は1911年の開業に際して電車4両、客車2両、貨車1両を用意し、その後1957年にかけてさらに電車5両、客車3両を増備し、ルガーノ市内線及びルガーノ湖の港と連絡するルガーノ湖畔のルガーノ・マンツォーニ広場からカドロを経由してディノへ至る全長7.8kmの併用軌道もしくは街道に沿った専用軌道の路線であり、同時期に開業したルガーノ-ポンテ・トレーザ鉄道、ルガーノ-テッセレテ鉄道が集結するスイス国鉄ゴッタルド線のルガーノSBB駅へルガーノ市内線で連絡していた。この開業に際して用意された3等・荷物合造電車が本項で述べるBDe2/3形であり、当初形式はCFe2/2形で、1911年に2軸単台車を装備した路面電車形態の小型車両として車体、台車、機械部分をSWSが、主電動機、電気機器はAliothが担当して1-4号機の4両が用意され、その後1943-48年に曲線通過性能の向上を図るために台車をSLM製の3軸式自己操舵台車に変更して形式名がCFe2/3形となっているほか、客車列車の両端に本形式もしくは後に製造されたBe4/4 9形を連結し、前後の動力車の4基もしくは6基の主電動機を先頭側動力車の主制御器で制御できるBBC製の主制御器に換装している。BFe2/3形はその後、スイスの鉄道における1956年の客室等級の1-3等の3段階から1-2等への2段階への統合と、これに伴う称号改正により3等室が2等室となって形式記号もCからBに変更となって形式名がBFe2/3形となり、さらに1962年の称号改正により荷物室の形式記号がFからDに変更となったため、形式名がBDe2/3形となって1970年の路線廃止まで運行されていた。なお、各機体の機番と製造年、製造所は以下の通りルガーノ-カドロ-ディノ鉄道BDe2/3 1-4形電車 フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選