166件中 51 - 60件表示
  • マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 21-24形電車

    マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 21-24形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    主制御装置をBBC製のタップ切換制御装置からSAAS製のサイリスタ位相制御装置に変更マッターホルン・ゴッタルド鉄道Deh4/4 21-24形電車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道DZe6/6 2001-2002形電車

    モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道DZe6/6 2001-2002形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本形式は抵抗制御により1時間定格牽引力102kNを発揮し、72パーミルで150tを牽引可能な強力機であり、車体、台車、機械部分の製造をSIGが、主制御器、主電動機、電気機器の製造はBBCが担当しており、各機体の機番と機械品/電機品製造所、製造年は以下の通りである。モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道DZe6/6 2001-2002形電車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道De4/4 27-28形電車

    モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道De4/4 27-28形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本形式は抵抗制御により72パーミルで40tを牽引可能な強力機であり、車体、台車、機械部分の製造をSIGが、主制御器、主電動機、電気機器の製造はBBCが担当しており、各機体の機番と機械品/電機品製造所、製造年は以下の通りである。モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道De4/4 27-28形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ローザンヌ-エシャラン-ベルヒャー鉄道Be4/8 31-36形電車

    ローザンヌ-エシャラン-ベルヒャー鉄道Be4/8 31-36形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1916年から1921年にかけてスイス西部レマン湖畔のスイス西部レマン湖畔に位置するフランス語圏有数の大都市であるローザンヌから北方へ約24kmの路線でベルヒャーに至るローザンヌ-エシャラン-ベルヒャー鉄道では、スイス私鉄で一般的な電車が客車列車を牽引する列車で運行がなされていたが、ローザンヌ市街の発展に伴い、列車の増発とそれに必要な機材の近代化が必要となり、用意された2両固定編成の2等電動車と同形の制御客車のセットが本形式であるBe4/8 31-36形であり、1985年と1991年にそれぞれ3編成、6両ずつ導入されて旧型電車の置換えと輸送力の増強を図っている。スイスでは古くからいくつかの私鉄と車両メーカーが共同で同一設計や共通設計の電車を導入する事例が多く存在していたが、本形式もスイス西部のヴェヴェイを本拠地とする車両メーカーであるACMVがスイス各地の私鉄に導入していたモジュール構造を採り入れた1000mm軌間用標準型電車シリーズの1つであり、本形式はその中でも通常は別形式として製造される電動車と制御客車を本シリーズでは唯一の固定編成としたことが特徴であり、車体、機械部分、台車をACMVが、電機部分、主電動機はBBCもしくはその後身であるABBが担当して製造されており、電動車1時間定格出力808kWを発揮する都市近郊列車用機であり、機番と製造年、製造所、機体名は下記のとおりである。ローザンヌ-エシャラン-ベルヒャー鉄道Be4/8 31-36形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ロイク-ロイカーバート鉄道ABDeh4/4形電車

    ロイク-ロイカーバート鉄道ABDeh4/4形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイス国鉄の主要幹線であるローザンヌ-ブリーク線のロイク駅からロイカーバートまでの間を1915年に開業したロイク-ロイカーバート鉄道は、当初より直流1500Vでの電化となっており、開業に際して3機が用意されたラック式電車が本項で述べるABDeh4/4形である。なお、本形式はBCFe4/4形の10-12号機として製造され、その後1956年の称号改正でABFeh4/4形に、1965年の称号改正によってABDeh4/4形となったものであるが、現車の車体に表記された形式名は製造当初はBCFe2/4形、1956年の称号改正後はABFe2/4形となっており、客室等級やラック式駆動装置の有無、粘着動軸/総車軸数をもとに付されるスイス方式の形式名と合致しないものとなっている。本形式が製造された1910年代頃までのスイスのラック式登山鉄道では、2軸の小型電気機関車が客車を押し上げる列車が主であり、一部ではラック式と粘着式両方の駆動装置を組み込んだ2軸ボギー台車を使用した電車が採用され始めていたが、本形式は2軸の小型電気機関車と同構造の駆動装置を2軸ボギー台車として車体内に組込んだ独特の構成となっているのが特徴であり、スイスでは珍しいコンパートメント式の客室とともに他にあまり例を見ない構成の機体となっている。本形式は機械部分、台車をSLM、車体を電機部分をSWS、主電動機はBBCが担当して製造されており、1時間定格出力250kWを発揮する。なお、機番と製造年、製造所は下記のとおりである。ロイク-ロイカーバート鉄道ABDeh4/4形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの経済

    ポーランドの経済から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    2007年現在、ポーランド国内にはシーメンス、アセア・ブラウン・ボベリ(ABB)、インテルといった外資系の研究開発センターが40も設立されており、4500人が働いている。これは旧東欧諸国では最大規模である。ポーランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ABB

    ABBから見たABBグループABBグループ

    ABB フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄DC11形ディーゼル機関車

    国鉄DC11形ディーゼル機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    発注に当たっては、DC10形とともにディーゼル機関車の製造能力では当時世界最優秀といわれたメーカー群が選定され、本形式は車体を含む機械部分がエスリンゲン (Maschinenfabrik Esslingen) 、エンジンはMAN(Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg AG:アウクスブルク-ニュルンベルク機械工作所)、電気部分はスイスのブラウンボベリ (Brown, Boveri & Cie = BBC) の各社が担当した。国鉄DC11形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ロカルノ-ポンテ・ボロッラ-ビニャスコ鉄道ABDe4/4形電車

    ロカルノ-ポンテ・ボロッラ-ビニャスコ鉄道ABDe4/4形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    スイス南部ティチーノ州のマッジョーレ湖畔の都市ロカルノを起点としてポンテ・ボロッラからマッジア峡谷を遡り、マッジアを経由してビニャスコへ至る1000mm軌間の路線である通称マッジア渓谷鉄道は1907年の開業時に当時世界的にも鉄道への普及が始まったばかりの単相交流での電化がなされ、MFO製の機器を使用して1904年からロカルノ市街へ給電していた出力500kWのボンテ・ボロッラ水力発電所の余剰電力による交流5000V 20Hzを主として、ロカルノ市街地では安全のために電圧を下げた交流800V 20Hzが使用されていた。本形式はマッジア渓谷鉄道の開業にあたりBCFe4/4形1-3号機として用意された山岳鉄道用の電車であり、価格は1両49,447.85スイス・フラン、製造は車体をMAN、電機部品、主電動機をMFOが担当しており、最大速度45km/h、定格出力117kWを発揮する山岳鉄道用の機体で、軌道中心上の交流800Vの架線用のパンタグラフと軌道上左側の交流5000Vの側架線用のロッド式の集電装置を搭載するのが特徴である。なお、交流5000V架線用の屋根上車体左側車端部を軸として枕木方向に回転するロッド式の集電装置は、MFOが最初の単相交流式試作機関車として1904、05年に製造したCe4/4形13501号機および13502号機に搭載されたものと同一のものである。その後マッジア渓谷鉄道と同時に計画をされていたロカルノ-ドモドッソラ間のチェントヴァッリ鉄道が一般的な直流1200Vでの電化で開業したが、これに伴いマッジア渓谷鉄道も1925年から直流1200Vに変更され、本機は電機品をBBC製の直流用のものに交換をしているが、架線は交流電化の施設のままであったため、集電装置は二種を搭載したままとなっている。その後1952年1月1日にはロカルノ-ポンテ・ボロッラ-ビニャスコ鉄道はチェントヴァッリ鉄道のスイス側やバスなどを運営するティチーノ州地域鉄道に合併し、本機は1956年および1964年の称号改正でそれぞれABFe4/4形、ABDe4/4形となって運用されていたが、利用客の減少により、チェントヴァッリ鉄道に編入されていたロカルノ-ポンテ・ボロッラ間を除くマッジア渓谷鉄道は1965年11月28日に廃止となり、これに伴い2号機と3号機は1967年と1966年に廃車、解体されている。一方、1号機は1963-64年に車体更新改造を実施し、マッジア渓谷鉄道廃止後もABDe4/4形1号機としてチェントヴァッリ鉄道で運用され、その後1982年にはチェントヴァッリ鉄道のイタリア側を運営するアルプス山麓鉄道に譲渡されており、この間に事業用車であるXe4/4形1号機に形式変更されている。Xe4/4 1号機は最終的に1997年10月23日に廃車となり、鉄道車両保存団体に譲渡されて復元が計画されていたが2009年に断念されている。ロカルノ-ポンテ・ボロッラ-ビニャスコ鉄道ABDe4/4形電車 フレッシュアイペディアより)

  • デザーテック

    デザーテックから見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    EU-MENA地域でデザーテックを実現させるプロジェクトは、Munich Re を中心とするヨーロッパとアルジェリアの企業がミュンヘンで結成したコンソーシアム DII GmbH が発展させている。プロジェクト会社はドイツの法に従って結成された。コンソーシアムのメンバーは DESERTEC Foundation、Munich Re、ドイツ銀行、シーメンス、ABB、E.ON、RWE、Abengoa Solar、Cevital、HSHノルトバンク、M & W Zander Holding、MAN Solar Millennium、Schott Solar である。報道ではメンバー以外の関係企業も洗い出しており、エネル、フランス電力、Red Eléctrica de España、モロッコやチュニジアやエジプトの企業を挙げている。DII GmbH のCEOはエネルギー業界で国際的に活躍してきた Paul van Son である。デザーテック フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選