167件中 51 - 60件表示
  • イギリス国鉄クラス92電気機関車

    イギリス国鉄クラス92電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    クラス92全46両はABB及びブラッシュトラクションによって1993年から1996年にかけてラフバラーの工場にて製造された。車体の外観はクラス60を参考にしているが、先頭部の設計が改められている。イギリス国鉄クラス92電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄デ1形電気機関車

    近鉄デ1形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    1923年(大正12年) - 1924年(大正13年)、スイスのブラウン・ボベリー社から輸入された吉野鉄道1 - 3である。近鉄デ1形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • BDWM交通ABe4/8形電車

    BDWM交通ABe4/8形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    本機はスイスのシュタッドラーが2004年から製造している都市近郊列車用部分低床式電車であるFLIRTシリーズのコンセプトを取り入れ、基本構造や寸法はアーレ・ゼーラント交通のBe4/8形を、電機品はベルン-ソロトゥルン地域交通のRABe4/12 21-26形をベースとしたシュタッドラー社のテーラーメードシリーズの車両であり、可変電圧可変周波数制御により連続定格出力800kW、最大牽引力120kNで1.2m2の加速度を持つ都市近郊列車用機であり、床面高さレール面上385mmの低床部を60%以上確保したバリアフリー対応の機体でもある。車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当しており、「DIAMANT」(Dynamischer, Innovativer, Attraktiver, Moderner und Agiler Niederflur-GelenkTriebzug、ダイナミックで革新的、魅力的、現代的で機敏な連接式低床電車)の名称がつけられている。また、下記の通り一部機体には機体名と紋章がつけられている。BDWM交通ABe4/8形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 南向ダム

    南向ダムから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    天竜川の水資源を活用した水力発電所を建設すべく1926年(大正15年)3月5日に発足した天竜川電力は、その先駆けとして大久保発電所の建設工事を同年11月に、続いて下流の南向発電所の建設工事を1927年(昭和2年)7月に着工。南向発電所の工事用電力を確保するため、先んじて建設が進められていた大久保発電所が1927年(昭和2年)9月に完成し、南向発電所に至る22キロボルトの送電線が敷設されると、これを機に南向発電所の建設工事が本格着手となった。上伊那郡中沢村(現・駒ヶ根市中沢)吉瀬に天竜川をせき止める南向ダムを建設し、下流の発電所まで長さ11.732キロメートルの水路が開削された。水路の長さが当初の計画よりも1,305メートル長くとられたことで有効落差が3メートル増え、それに伴って出力規模も2万1,300キロワットから2万4,100キロワットに拡大されている。発電用水車はスウェーデンのボービング製、発電機はイギリスのブラウンボベリ製で、当時世界最高水準の技術が投入された。南向ダム フレッシュアイペディアより)

  • ヘンシェル

    ヘンシェルから見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    ラインシュタールは、1976年にアウグスト・ティッセン・ヒュッテAG(August Thyssen-Hütte AG 、現在のティッセンクルップ)に吸収され、カッセルの機関車工場はティッセン・ヘンシェルと呼ばれるようになった。ただし、鉄道の機関車で伝統のあるヘンシェルの名前は維持された。1990年には、アセア・ブラウン・ボベリ(ABB)と合同で、マンハイムに本社を置くABBヘンシェルAGを設立した。1995年、ABBとダイムラー・ベンツは、ABBダイムラー・ベンツ・トランスポーテーション・アドトランツ(ABB Daimler Benz Transportation Adtranz )の名で交通事業セクションについて世界規模で協力した。この結果として1996年1月1日、車両メーカとしてのヘンシェルの名がついに消滅した。鉄道車両製造事業はアドトランツのものとなり、1999年にはダイムラークライスラーの100%子会社となった。2001年、ボンバルディア・トランスポーテーションがアドトランツを買収した。今日に至るまで、電気機関車とディーゼル機関車の多くはカッセルで製造され、改良されてきている。ドイツ鉄道向けには101型、145型、146型、185型などが製造されている。ヘンシェル フレッシュアイペディアより)

  • System80

    System80から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    System80はコンバッション・エンジニアリング社(現ウェスチングハウス)が設計を行った加圧水型軽水炉。で3台が建設された。System80+はその改良型で、改良型軽水炉などとも呼ばれる。改良によって炉心損傷頻度は1/121にまで下がっているとされ、出力が130万kwに増加、経済性も向上している。なお、コンバッション・エンジニアリング社はアセア・ブラウン・ボベリ社に買収された後に、ウェスチングハウスの傘下に入っている。System80 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge4/6形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge4/6形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    レーティッシュ鉄道の本線系統は、1913年に最初から電化で開通したエンガディン線を手始めに、1922年までに全線が交流11kV16 2/3Hzで電化され、使用される電気機関車として、車軸配置1'B1'のGe2/4形7機とともに、車軸配置1'D1'のGe4/6形8機が用意された。この機関車は主電動機1台搭載のGe2/4形を大型化して主電動機2台搭載としたロッド式の4軸駆動機であり、1912年から1918年にかけて、SLM、が製造した車体、機械部分、走行装置に、BBC、MFOもしくはAEGが製造した電機部分、主電動機の製造を搭載したもので、機体により性能が異なるが、1時間定格出力440-588kW、牽引力55-71kNを発揮し、25パーミルで180-210tを28-30km/hで牽引可能な性能を持つ。それぞれの機番と製造所、SLM製番、製造年、価格(スイス・フラン)は下記のとおりである。レーティッシュ鉄道Ge4/6形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車

    ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    スイス北部バーゼル=ラント準州の首都リースタル近郊に路線を持つスイス唯一の750mm軌間の私鉄であるヴァルデンブルグ鉄道は1880年の開業以来蒸気機関車の牽引による列車で運行されてきたが、1953年に直流1500Vで電化されることとなり、CFe4/4形の1-3号機として3機が導入された3等・荷物合造電車が本形式であり、スイスの鉄道における1956年の客室等級の1-3等の3段階から1-2等への2段階への統合と、これに伴う称号改正により3等室が2等室となって形式記号もCからBに変更となって形式名がBFe4/4形となり、さらに1962年の称号改正により荷物室の形式記号がFからDに変更となったため、形式名がBDe4/4形となっている。本形式は車体、台車、機械部分の製造をSWP、主電動機、電気機器の製造はBBCが担当しており、通常のスイスの1000mm軌間用車両では2600-2700mm程度である車体幅を2200mmに抑えた軽量構造の鋼製車体に抵抗制御と直流電動機を組み合わせた制御装置を搭載して1時間定格出力373kW、牽引力34kNを発揮する小型の機体であり、750mm軌間であることから駆動装置が当時としては珍しい吊掛式となっているのが特徴である。なお、各機体の機番、製造年、製造所は以下のとおりとなっている。ヴァルデンブルグ鉄道BDe4/4 1-3形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車

    ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    スイスのベルナーオーバーラント地方のラウターブルンネン谷の谷底のラウターブルンネンからケーブルカー(2006年まで)もしくは索道(2006年以降)と連絡をして崖の上にあるミューレンへ至る山岳鉄道であるラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道では、1960年代までは1913年製のBDe2/4 11-12形電車および1925年製のBDe4/4 13形電車が使用されていたが、これらは木造車体の旧型機であったため老朽化が進んでおり、1964年にはBDe4/4 13号機が事故により使用不能となり65年には廃車となったため、使用機材を一新するために1967年に導入された機体が本形式であり、Be4/4形の21-23号機として3機が同時に運用を開始している。本形式はラウターブルンネンミューレン山岳鉄道の架線電圧525Vおよび最高速度30km/hという比較的特殊な運行条件と、他路線に接続しておらず、グリューシュアルプの小規模な工場でメンテナンスをする必要があるという立地条件に対応した機体として製造されたもので、車体、台車の製造をSIG、電機品、主電動機の製造をBBCおよびSAASがそれぞれ担当しており、機番と製造年、製造社は下記のとおりである。ラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道Be4/4 21-23形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED41形電気機関車

    国鉄ED41形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリアセア・ブラウン・ボベリ

    信越本線横川 - 軽井沢間(碓氷峠)用のアプト式電気機関車で、1926年に2両がスイスのブラウン・ボベリ社(Brown Boveri.)・スイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス(S.L.M.)の合作で製造された。アプト式電気機関車の出力増強を目論み、プロトタイプとして輸入したもので、本形の使用実績に基づき、ED42形が量産されることになる。国鉄ED41形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

167件中 51 - 60件表示

「ABB」のニューストピックワード