166件中 61 - 70件表示
  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae6/8形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae6/8形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1954-56年には全機の発電ブレーキ力を増強するため、片側のパンタグラフを撤去して屋根上の主抵抗器を増設するとともに、タップ切換器を電磁空気制御式のものに交換し、主開閉器を油遮断器からBBC製の空気遮断器としてそれぞれ応答性を向上させている。また、201-208号機の運転室を205-208号機と同様の半流線型のものに改造して乗務員座席も設置されている。なお、前面は205-208号機と若干変更され、正面に幅広の窓が2枚窓を設置し、その反運転台側に乗務員室扉、運転台側に狭幅の窓を1枚設置した4枚窓構成となっており、乗務員室扉が幅広のため、正面の2枚窓は車体中心より若干運転台側に寄っている。また、正面屋根中央の前照灯が大型のものとなり、205-208号機では埋込式に設置されていた標識灯が屋根上へ外付式に設置されるよう変更されている。なお、同時に車体屋根全周に水切りを設置している。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Ae6/8形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス車両エレベーター製造

    スイス車両エレベーター製造から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    日本の鉄道向けの製品には、1920年代に製造されたブラウン・ボベリ(BBC)の電気機関車や電動機と台車のセットがある。スイス車両エレベーター製造 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道の食堂車

    レーティッシュ鉄道の食堂車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    キッチンにはシンク、調理台、食品庫が設置されているほか、調理器具はすべて暖房用引通線の電力を使用する電気機器で全てBBC製のシステムで電化されており、4.0kWの電熱プレート3台、2.5kWの電気オーブン2台、1.35kWの電熱保温プレート1台、1.7kWで容量50lのボイラーを搭載し、床下にAC285V 16 2/3HzをAC230Vおよび198Vと、同じく床下に搭載された蓄電池の充電用の36Vに変換する変圧器を搭載している。なお、水タンクは屋根裏に容量230lのものを搭載している。レーティッシュ鉄道の食堂車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABe4/4 51-56形電車

    レーティッシュ鉄道ABe4/4 51-56形電車から見たABBグループABBグループ

    レーティッシュ鉄道の路線のうち、本線系統と異なるDC1000V電化、最急勾配80パーミルの路線であるベルニナ線は、開業以来専用の機材で運行されており、1980年代になって開業以来使用されてきた電車の代替と、急激な旅客及び貨物輸送量の増加への対応が必要となっていた。本形式はそういった状況の中、1988年と1990年にそれぞれ3両ずつ、51号から56号の計6両が製造された電車で、企画・設計をレーティッシュ鉄道およびABB、車体、機械部分、台車の製造をSWA、電機品、主電動機の製造をABBが担当し、価格は1両約4,300,000スイス・フランである。レーティッシュ鉄道ABe4/4 51-56形電車 フレッシュアイペディアより)

  • アンセム・オブ・ザ・シーズ

    アンセム・オブ・ザ・シーズから見たABBグループABBグループ

    2011年2月11日、ロイヤル・カリビアン社は新しいクラスの客船2隻についてマイヤー・ヴェルフト社に発注、パーペンブルク造船所 (ドイツ・ニーダーザクセン州エムスラント郡) で建造すると発表した。建造計画の通称は「サンシャイン・プロジェクト」、当初の計画では1番船は2014年秋の到着を見込んだ。その後、20.5メガワットABBアジポッドXO推進ユニット2基を注文している。アンセム・オブ・ザ・シーズ フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDe2/8 701-705形電車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDe2/8 701-705形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    動力車は従台車側の運転台を撤去して制御車を連結して動台車側を前位側に変更しているほか、制御車からの遠隔制御に対応してタップ切換器を電磁空気式の新しいものに変更して重連総括制御も可能となっており、力行は15段のままであるが、発電ブレーキ段数が11段となっている。また、全機の車輪径を920mmに変更しているほか、二次形の駆動装置をBBC製のスプリングドライブ式の駆動装置に変更している。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDe2/8 701-705形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDZe4/6 731...737形電車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDZe4/6 731...737形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    1945、46年にはタップ切換器を電磁空気式の新しいものに変更し、これにあわせてマスターコントローラー等も改造されて重連総括制御も可能となっており、力行は15段のままであるが、発電ブレーキ段数が11段となっている。同時に駆動装置は摩耗による走行時の騒音が問題となっていたため、BBC製のスプリングドライブ式の駆動装置に変更されている。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道ABDZe4/6 731...737形電車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー-ヴヴェ-リヴィエラ交通Bhe2/4形電車

    モントルー-ヴヴェ-リヴィエラ交通Bhe2/4形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    その後1938年にはグリオン-ロシェ・ド・ネー鉄道も直流850Vで電化され、モントルー-グリオン鉄道と同じく直流750Vから850Vに昇圧されて一体として運行されることとなり、両鉄道に導入された機体が本項で述べるBChe2/4形(後のBhe2/4形)電車である。当時製造されていたラック式の電車は1905年製のマルティニ・シャトラール鉄道のABDeh4/4 1...15形電車や1908年製のモンテイ-シャンペリ-モルジャン鉄道のBCFeh4/4 1...6形に端を発する木鉄合造車体の中型のラック式の電車であったが、本形式は1930年代に本線用の軽量高速電車用や路面電車用に開発されていた軽量台車や台車装荷方式の小型高速回転の主電動機による駆動方式などの新技術をラック式の小型電車にも導入したものであり、1930-50年代に SLMとBBCが製造した、2軸ボギー台車にコンパクトにまとめた小型高速回転の電動機とラック式もしくは粘着式/ラック式の駆動装置を組み込んだ動軸2軸で定格出力150-250kWの小出力のラック式電車のシリーズである。このシリーズは本形式のほか、エーグル-レザン鉄道、ベー-ヴィラー-ブルタユ鉄道にも導入されおり、いずれも類似の車体デザインで、主電動機を1台車あたり1台装荷して片側軸を駆動する2軸ボギー式鋼材組立台車を装備し、単行での運転を基本としたものであった。モントルー-ヴヴェ-リヴィエラ交通Bhe2/4形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン・ボベリ

    ブラウン・ボベリから見たABBグループABBグループ

    1988年にスウェーデンのアセア社と合併し、ABBグループとなった。ブラウン・ボベリ フレッシュアイペディアより)

  • ESS 3200形電気機関車

    ESS 3200形電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    インドネシアの鉄道網の電化は、1923年に起工され、1925年にはジャカルタの都市圏で直流1500Vの架線のもと、運用が始められた。当時バタヴィアと呼ばれていたジャカルタとその周辺の電気鉄道の運営は、オランダ領東インドの国営鉄道 (SS) の下部組織である、Electrische Staats Spoorwegen (ESS) がおこなっていた。ESSは、3200形のほか、スイスのSLMおよびBBC製の3000形、ドイツのAEG製の3100形などの電気機関車も購入した。ESS 3200形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

166件中 61 - 70件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選