166件中 71 - 80件表示
  • 樫野 (給兵艦)

    樫野 (給兵艦)から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    機関は技術吸収の意味もあり外国から輸入、スイスのブラウン・ボベリ社製のタービンとアメリカのラモント社製の缶(ボイラー)を搭載している。缶は蒸気温度450度、圧力50kg/平方cmと、島風型駆逐艦島風の400度、40kg/平方cmを上回る高温・高圧缶だった。更に、輸入した缶が不調だった場合に備え、日本製のホ号艦本式缶も2基搭載、これだけで全力発揮できるようにし、2種類の缶の比較実験も兼ねた。また輸入が間に合わなくなった場合に備え、タービンは樅型駆逐艦樅のもの、缶は戦艦伊勢から陸揚げしたものを臨時に搭載する第2案も準備されていた。樫野 (給兵艦) フレッシュアイペディアより)

  • インベストール

    インベストールから見たABBグループABBグループ

    1916年10月、スウェーデンでの法律改正により、銀行が企業の株式を長期間保有し続けることが困難となったため、ヴァレンベリ家のコントロールする(B、現在のスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン)から、投資企業としてスピンオフさせる形で設立された。当初から(現在のアトラスコプコ)やスカニアに投資を行い、1924年に(現在のアストラゼネカ)への投資を開始した。1932年に世界のマッチ王と称されたイーヴァル・クルーガーの影響力が消滅すると、その中心企業であったスウェーデン・マッチ()、エリクソン、SKFに次々に投資、主要株主となった。インベストールのCEOはSEBの出身者が占め続ける中、1956年にエレクトロラックスへの投資を開始、1970年代にはスウェーデンの製紙大手4社を投資対象に加えた。1980年代に入り、ストックホルム証券取引所の運営企業である(後のOMX)が設立されるとその主要株主となった。1990年代にストラ・エンソが設立されると投資対象とし、2010年代に入り、ABBグループ、ハスクバーナ、SAABやアメリカ合衆国のNASDAQへの投資を強化、メンリッケヘルスケア()の9割以上の株を保有し、2012年にフィンランドのバルチラに投資を開始した。現在の投資対象の中核は、ABBグループ、アストラゼネカ、アトラスコプコ、エレクトロラックス、エリクソン、ハスクバーナ、NASDAQ、SAAB、スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンとなっている。インベストール フレッシュアイペディアより)

  • アドトランツ

    アドトランツから見たABBグループABBグループ

    1996年、スウェーデンに本社を置く総合電機メーカー・アセア・ブラウン・ボベリ(ABB)の鉄道システム部門と、ダイムラーの前身で、欧州最大の企業グループ「ダイムラー・ベンツグループ」の鉄道システム部門AEGが統合され、ABBダイムラー・ベンツトランスポーテーション (ABB Daimler Benz Transportation)、略称「アドトランツ」(Adtranz)設立。アドトランツ フレッシュアイペディアより)

  • ライン=ネッカー広域連合

    ライン=ネッカー広域連合から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    ヨーロッパ大都市帯の、フランクフルト・ライン=マイン広域連合とシュトゥットガルトの中間に位置し、全方面への交通の便がよいという地理条件は、大変に魅力的な環境である。このため、この産業集中地域にはいくつかの大規模な工業およびサービス業の企業が拠点を構えている。たとえば、ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインのBASF、マンハイムのダイムラー、John Deere(トラクタ製造)、アセア・ブラウン・ボベリ、ハイデルベルクのHeidelberger Druckmaschinen(印刷機)、HeidelbergCement(セメント製造)、ヴァルドルフのSAP、エッペルハイムのRudolf Wild GmbH & Co. KG(香料)、ヴィースロッホのMLP AG(保険会社)、ヴァインハイムのフロイデンベルク企業複合体などがある。この地域の失業率は、2007年10月現在、5.7%である。ライン=ネッカー広域連合 フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ国鉄V162形ディーゼル機関車

    西ドイツ国鉄V162形ディーゼル機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    前述の通り、機関車の製造元はクルップであるが、発電機の製造元により試作車が3タイプある。発電機の製造元はそれぞれ、V162 001はアセア・ブラウン・ボベリ、V162 002はAEG(アドトランツを経て現ボンバルディア・トランスポーテーション)、V162 003はシーメンス製である。001と002は1965年、003は翌年の製造である。西ドイツ国鉄V162形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • BDWM交通ABe4/8形電車

    BDWM交通ABe4/8形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    本機はスイスのシュタッドラーが2004年から製造している都市近郊列車用部分低床式電車であるFLIRTシリーズのコンセプトを取り入れ、基本構造や寸法はアーレ・ゼーラント交通のBe4/8形を、電機品はベルン-ソロトゥルン地域交通のRABe4/12 21-26形をベースとしたシュタッドラー社のテーラーメードシリーズの車両であり、可変電圧可変周波数制御により連続定格出力800kW、最大牽引力120kNで1.2m2の加速度を持つ都市近郊列車用機であり、床面高さレール面上385mmの低床部を60%以上確保したバリアフリー対応の機体でもある。車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当しており、「DIAMANT」(Dynamischer, Innovativer, Attraktiver, Moderner und Agiler Niederflur-GelenkTriebzug、ダイナミックで革新的、魅力的、現代的で機敏な連接式低床電車)の名称がつけられている。また、下記の通り一部機体には機体名と紋章がつけられている。BDWM交通ABe4/8形電車 フレッシュアイペディアより)

  • FS E.464機関車

    FS E.464機関車から見たABBグループABBグループ

    原型はABB Trazione(後のアドトランツ、現ボンバルディアグループの一部門)がイタリアのヴァード・リーグレ工場で生産したものである。FS E.464機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車

    ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    本機はアルプス越えルートの一つであるレッチュベルクルートを擁するベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道が、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)のRe460形の改良型として、ピニンファリーナによるデザイン、自己操舵台車による高い曲線走行性能はそのままとし、VVVFインバータ制御を1C2Mから1C1Mに変更するとともによる出力を増強し、最大出力を6100kWから7000kWに、最大牽引力を300kNから320kNに、レッチュベルクルートの27パーミルでの650t列車の牽引速度を80km/hから100km/hとしたものである。まずBLSが8両(機番465 001-6から465 008-1まで)を、のちにスイス国鉄が10両(機番465 009-9から465 018-0まで)の計18両が発注され、1994年9月に初号機がロールアウトしている。なお、スイス国鉄所有機は全機BLSレッチュベルク鉄道にリースされており、2003年4月30日には全機が同鉄道に売却されている。製造は車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが担当した。ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道Re465形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Re450形電気機関車

    スイス国鉄Re450形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    スイス国鉄がチューリッヒのSバーン用2階建て列車(通称DPZ)を導入する際に、その専用機として450 000号機から114号機までの115両が製造されたもので、2階建て客車とあわせた大型断面で固定編成を前提とした片運転台、手荷物室付の車体と、VVVFインバータ制御による最大240kNの牽引力と130km/hの最高速度、曲線での軌道への横圧を抑える自己操舵台車を特徴とする機体である。また、形態は大きく異なるが、SLMおよびABBによる私鉄用標準型機関車Re4/4形シリーズの機体であり、基本構造、電機品や台車などが共通となっている。まず1987年に発注された1次車が車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが担当して24両が製造された。スイス国鉄Re450形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • VR Sr1電気機関車

    VR Sr1電気機関車から見たABBグループABBグループ

    Sr1は、フィンランド国鉄(VRグループ)向けに製造された電気機関車。25kV電圧であり、ロシアのノヴォチェルカースク電気機関車工場にて1973年から1985年にかけて製造された。電機品はフィンランドのOy Strömberg Ab社(後のアセア・ブラウン・ボベリ)から供給された。増備車2両はVRヒュヴィンカー機械製造場で1993年から1995年に、3111番は予備部品から、3112番はVRでは使われることの無かった原型試作機から作られた。VR Sr1電気機関車 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選