166件中 81 - 90件表示
  • VR Sr2電気機関車

    VR Sr2電気機関車から見たABBグループABBグループ

    Sr2は、フィンランドの鉄道会社VRグループが運用する電気機関車である。従来のSr1形電気機関車の後継機として、1995年から2003年にかけて46両がスイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークスとアセア・ブラウン・ボベリにより製造された。VR Sr2電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge4/4 III形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge4/4 III形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    1999年に開通したフェライナ峠を越える全長19kmのフェライナトンネルを含む新線を通る列車フェリーの牽引および本線系統の急激な旅客及び貨物輸送量の増加とクール - アローザ線の電源方式の変更に伴う慢性的な機関車不足に対応するために1993-1994年と1999年にそれぞれ9機と3機が製造された電気機関車で、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)のRe460形機関車をベースに、1993-94年製造分は車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが、1999年製造分はAdtranzが製造を担当しており、価格は1機約6,500,000スイス・フランである。レーティッシュ鉄道Ge4/4 III形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Re460形電気機関車

    スイス国鉄Re460形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    製造は車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが担当したが、Re450形と並行して生産されていたため、SLMの製造能力の関係で3次車のうち30両は車体をドイツのクラウス=マッファイで製造している。スイス国鉄Re460形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • モルジュ-ビエール-コソネイ地域交通Ge4/4形電気機関車

    モルジュ-ビエール-コソネイ地域交通Ge4/4形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    このGe4/4形は1990年に発注されたビエール-アプル-モルジュ鉄道初の電気機関車であり、1989、91、96年にスイス最大の私鉄であるレーティッシュ鉄道が全長19kmのフェライナトンネルを含む新線を通る列車フェリーの牽引および本線系統の輸送力増強用に各6機と3機、3機を発注したGe4/4III形をベースにロールボック積載貨車の牽引に対応させた機体であり、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)のRe460形機関車の技術を用いて設計、製造された、VVVFインバータ制御により定格出力3200kWを発揮する強力機であるとともに、操舵台車による高い曲線通過性能が特徴となっている。なお、車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが製造を担当しており、各機体の機番とSLM製番、製造所、製造年、機体名は下記のとおりである。モルジュ-ビエール-コソネイ地域交通Ge4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道Ge4/4形電気機関車

    モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道Ge4/4形電気機関車から見たABBグループABBグループ

    このGe4/4形は1983年に導入されたGDe4/4形に続くモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道2機種目の電気機関車であり、1989-96年にスイス最大の私鉄であるレーティッシュ鉄道が全長19kmのフェライナトンネルを含む新線および本線系統の輸送力増強用に計12機を発注したGe4/4III形および、スイス西部の私鉄であるビエール-アプル-モルジュ鉄道が1990年に軍用列車の増強用に3機を発注したGe4/4形をベースにAC15kVとDC900Vの2電源に対応できる設計とした機体であり、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)のRe460形機関車の技術を用いて設計、製造された、VVVFインバータ制御により最大牽引力200kNを発揮する強力機であるとともに、操舵台車による高い曲線通過性能が特徴となっている。なお、車体、機械部分、台車をSLM、電機部分、主電動機をABBが製造を担当しており、各機体の機番と、製造所、製造年は下記のとおりである。モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道Ge4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国鉄クラス92電気機関車

    イギリス国鉄クラス92電気機関車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    92形全46両はABB及びブラッシュトラクションによって1993年から1996年にかけてラフバラーの工場にて製造された。車体の外観は60形を参考にしているが、先頭部の設計が改められている。イギリス国鉄クラス92電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原電気鉄道チキ2形電車

    小田原電気鉄道チキ2形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリABBグループ

    主電動機はブラウン・ボベリ (BBC) 製の直流直巻電動機であるBBC-GDTM42型を採用し、1車両に4基ずつ搭載した。駆動装置は吊り掛け駆動方式で、歯数比は79:16=4.90である。主制御器はBBC製の直接制御器を使用した。制動装置(ブレーキ)は通常の空気ブレーキ・手ブレーキのほか、下り勾配で使用する発電ブレーキ、非常用のレール圧着ブレーキを装備した。発電ブレーキ用の大容量抵抗器は屋根上に装備した。小田原電気鉄道チキ2形電車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄IC2000形客車

    スイス国鉄IC2000形客車から見たABBグループABBグループ

    スイス国鉄が推進する高速化、接続の改善、車両の近代化などを柱とする鉄道網改良計画である「バーン2000計画」の要となる200km/h列車用としてRe460形電気機関車とともに製造されたもので、1997年から導入が開始された最高速度200km/hのスイス国内のインターシティおよびインターレギオ用の客車である。本形式はバーン2000計画で当初予定されていたプラットホームの延長工事を不要とするため、1両あたりの座席定員を確保して編成長を短く抑える目的から全車2階建てで設計されており、2等制御客車、2等客車、ビュフェ/2等車もしくは食堂車、1等客車、1等/荷物合造客車の5つの車種に分けられている。本形式は当初最終組み立てをSWPが、構体をFFAが、電機品をABBが製造を担当していたが、その後これらの後身のAdtranzおよびボンバルディア・トランスポーテーションが担当しており、台車の製造はFIAT-SIGおよびその後身のアルストムが担当して製造されているが、食堂車は2002-03年にビュフェ/2等車のBR 66-94 000-015号車から改造されたものである。各車の車番と車種、両数、製造年は以下の通りスイス国鉄IC2000形客車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄RBDe560形電車

    スイス国鉄RBDe560形電車から見たABBグループABBグループ

    1980年までのスイス国鉄のローカル列車は電気機関車および電車が牽引するもの主であったが、スイス国鉄では「Bahn + Bus 2000」計画などによってこれらの近代化を計画し、その計画に基づいてAe3/6I形やAe4/7形、Re410形といった旧型の電気機関車の代替、BDe4/4形やRBe540形といった電車が牽引した列車の制御客車を使用したシャトルトレインへの代替、主要都市におけるSバーンの列車での使用を念頭に置いて設計、製造された車両がNPZと呼ばれる本形式およびその制御客車である。本形式は1980年代にスイス国内のベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道とその各系列会社、ボーデンゼー-トゲンブルク鉄道とフリブール・グリュエール-フリブール-モラ鉄道が共同開発し、それらの会社に加えてヴァル=ド=トラヴェール地域鉄道、EBTグループのエメンタル-ブルクドルフ-トゥーン鉄道とその各系列会社でも導入された「Privatbahn-NPZ」もしくは「EAV-Triebwagen II」と呼ばれるシリーズをベースとして設計された車両であり、サイリスタ位相制御により最大182kN、1時間定格95kNの牽引力と140km/hの最高速度の性能を持ち、専用の制御客車と客車との編成で使用を前提とした汎用車両である。1984年に試作車が4編成、その結果をもとに1987年から1次量産車が80編成、1993年から42編成の計126編成が製造されたもので、試作車の車体と機械部分の製造をFFA、SWPが、台車の製造をSIG、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当しており、1次量産車は車体、機械部分の製造がSWAとSWPとなり、台車はSIG、電機部分、主電動機の製造は021号機までがBBC、022号機以降はABBが担当しており、最終増備の2次量産車では1次量産車と同じく車体と機械部分の製造がSWAとSWP、台車はSIG、電機部分、主電動機はABBが製造を担当している。なお、本形式の試作車と1次量産車は当初はRBDe4/4形の2100-2183編成として製造されており、1989年の称号改正によってRBDe560形の000-083編成となったものであり、称号改正後に製造された第100編成以降は当初より新形式名となっている。スイス国鉄RBDe560形電車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄RABe523形電車

    スイス国鉄RABe523形電車から見たABBグループABBグループ

    こういった状況の中、スイス国鉄ではバーゼルやルツェルンなどを中心とした都市近郊列車の拡充と旧型車両の代替を目的として本格的に低床式電車をシュタッドラー社から導入することとなり、GTWシリーズより走行性能の向上、輸送力の増強、冗長性の向上などを図ったFLIRT(Flinker Leichter Innovativer Regional-Triebzug)シリーズをスイス国内用のRABe523形およびその派生形としてドイツ乗入用のRABe521形、フランス乗入用の2電源機RABe522形、イタリア乗入用の2電源機RABe524形として2002年以降順次発注をし、2004年より順次投入している。本系列は4車体もしくは6車体連接式で低床部の床面高さをレール面上570mmとしたバリアフリー対応の機体であり、VVVFインバータ制御により最大182kN、1時間定格95kNの牽引力と160km/hの最高速度の性能を持つ汎用機である。RABe521-524の各形式は使用路線の違いにより搭載機器が一部異なるほかは同型であり、2002年以降117編成が製造され、もしくは製造中であり、車体と機械部分の製造およに最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB SchweizおよびABB Sécheronが担当している。スイス国鉄RABe523形電車 フレッシュアイペディアより)

166件中 81 - 90件表示

「ABB」のニューストピックワード

  • Ohsumi/BloombergPhotographer

  • Bloomberg/BloombergPhotographer

  • 出直し選