796件中 91 - 100件表示
  • アルベリゴ・エヴァーニ

    アルベリゴ・エヴァーニから見たACミランACミラン

    13年間、ACミランの選手として活躍し、数々のタイトル獲得に貢献、ACミランの殿堂入りも果たしている。1989年トヨタカップの対アトレティコ・ナシオナル戦における0-0の延長戦119分の決勝フリーキックを決めMVPに選出された。翌年のUEFAチャンピオンズカップ、UEFAスーパーカップ連覇にも貢献した。1993-94シーズンからはルート・フリットと共にサンプドリアに移籍、リーグ優勝は出来なかったものの、攻守に渡り活躍、1994年のコパイタリア獲得に貢献した。1997-98年レッジャーナでプレーしたのを最後に引退。アルベリゴ・エヴァーニ フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ (漫画)

    ファンタジスタ (漫画)から見たACミランACミラン

    所属(背番号):水本高校(18)→ACミラン・プリマヴェーラ(10)→ACミラン(18)→アーセルナル(7→18)→R・マドリッド(5)、ユース日本代表(14)、五輪日本代表(14)、日本代表(14)ファンタジスタ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • カルチョ・スキャンダル

    カルチョ・スキャンダルから見たACミランACミラン

    ユヴェントスのルチアーノ・モッジ元ゼネラルマネージャー (GM) やアントニオ・ジラウド元最高経営責任者 (CEO) らが主犯格とされ、組織的に審判(主審、副審)を買収、脅迫し、自チームに有利な判定を行うよう指示していた。また、イタリアサッカー連盟 (FIGC) の元会長であるフランコ・カラーロや審判協会 (AIA) の元会長であるトゥーリオ・ラネーゼもこれに協力していたとされており、イタリアサッカー界の腐敗体質が世に知れ渡ることとなった。ユヴェントスの他にも ACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオ、レッジーナが関与していた。カルチョ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダル

    オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダルから見たACミランACミラン

    1992-93シーズンのマルセイユはディヴィジョン・アン(1部)とUEFAチャンピオンズリーグの双方で優勝争いに加わった。1993年5月20日にはUSヴァランシエンヌ=アンザンとのリーグ戦に1-0で勝利し、リーグ最終節を待たずして優勝を事実上確定させ、5月26日にはUEFAチャンピオンズリーグ決勝でACミラン(イタリア)に勝利して優勝を決めた。しかし後に、ヴァランシエンヌ戦で八百長行為を行っていたことが明らかとなり、ディヴィジョン・アンのタイトルを剥奪されてディヴィジョン・ドゥ(2部)への強制降格処分を受けたほか、スキャンダルにかかわったクラブ関係者は懲役刑・罰金刑やサッカー界からの追放処分などを受けた。UEFAチャンピオンズリーグのタイトルは剥奪されなかったが、優勝クラブとして活動する権利を失った。オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • トトネロ

    トトネロから見たACミランACミラン

    このスキャンダルにおける主役はセリエAのミラン、ラツィオ、ペルージャ、ボローニャ、アヴェリーノ、セリエBのターラント、パレルモであった。特に、パオロ・ロッシは3年間の出場停止処分を受けた(後に2年間の出場停止処分に軽減)。トトネロ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ルイ・コスタ

    マヌエル・ルイ・コスタから見たACミランACミラン

    現役時代は「マエストロ」の愛称で知られ、卓越したテクニックと広い視野、優れたパスセンスで知られていた。また、両足での正確な得点力も兼ね備えていた。選手時代にはSLベンフィカ、ACFフィオレンティーナ、ACミランなどでプレーし、プリメイラ・リーガ、ポルトガルカップ、セリエA、コッパ・イタリア、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップなどのタイトルを獲得している。また、サッカーポルトガル代表では94試合に出場して26得点を挙げている他、UEFA欧州選手権に3度とFIFAワールドカップに1度それぞれ出場している。マヌエル・ルイ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ファン・ヒンケル

    マルコ・ファン・ヒンケルから見たACミランACミラン

    2014年9月1日、ACミランへのレンタル移籍が発表された。マルコ・ファン・ヒンケル フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ

    レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョから見たACミランACミラン

    17歳でプロ契約を結び、フラメンゴ、鹿島アントラーズ、ACミランなどでプレー。ブラジル代表の一員として、1994年、1998年と2度のワールドカップに出場し、優勝と準優勝を1度ずつ経験した。2011年までインテル・ミラノの監督を務めた。レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • ファウスティーノ・アスプリージャ

    ファウスティーノ・アスプリージャから見たACミランACミラン

    、1992年にイタリアの新鋭パルマACへ移籍。翌1993年3月にACミラン戦では、その当時58試合無敗記録を打ち立てたミランに対しフリーキックから得点を決め1-0で下し記録を阻止する活躍を見せた。1993-94シーズンにSSCナポリから移籍したテクニシャンのジャンフランコ・ゾラとのコンビプレーを組み、2人のパス交換、ワンツー、互いのアシスト等でパルマ攻撃陣の核となり、数年間に渡ってユヴェントスやACミランとの間で優勝争いを繰り広げた。1994-95シーズンにはUEFAカップ決勝でユヴェントスを破り初優勝を成し遂げた。ファウスティーノ・アスプリージャ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ブロッキ

    クリスティアン・ブロッキから見たACミランACミラン

    地元のACミランユースにおいてキャリアをスタート。レンタル移籍を経て1998年には当時セリエBのエラス・ヴェローナへと売却される。そのシーズンにチームは昇格し、ブロッキはセリエAの舞台で1年間戦った。その活躍をインテルに認められ移籍。翌シーズンには古巣のミランへと戻ることになった。クリスティアン・ブロッキ フレッシュアイペディアより)

796件中 91 - 100件表示

「ACミラン」のニューストピックワード