572件中 91 - 100件表示
  • マルコ・ファン・バステン

    マルコ・ファン・バステンから見たACミランACミラン

    1987年から在籍したイタリアセリエAのACミランでは、ルート・フリット、フランク・ライカールトらと共に「オランダトリオ」と呼ばれ、国内リーグ優勝やUEFAチャンピオンズカップなどの数々のタイトルを獲得。ACミラン黄金期の象徴的存在となった。マルコ・ファン・バステン フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ハート (サッカー選手)

    イアン・ハート (サッカー選手)から見たACミランACミラン

    00/01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、1次リーグでACミラン、FCバルセロナと互角に渡り合い2位で通過、続く2次リーグもレアル・マドリード、SSラツィオと同じグループを2位で通過した。イアン・ハート (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たACミランACミラン

    1986年にはレッドスター・ベオグラードに移籍し、スタジアムに照明塔を付けられるだけの巨額の移籍金とレッドスターの選手レギュラー5人が対価として支払われた。移籍直後からヴェリボル・ヴァソヴィッチ監督に実力や人間性を高く評価され、レッドスター史上最年少でキャプテンに就任すると、1986-87シーズンはいきなりチームトップとなる17得点を記録、1987-88シーズンにもチームトップ、リーグでも得点王争い2位の15得点を記録しディナモ・ザグレブから移籍してきた若き天才ロベルト・プロシネツキや古巣のラドニツキ・ニシュから移籍してきた親友ドラギシャ・ビニッチとともにプルヴァ・リーガを制した。1988-89シーズンのUEFAチャンピオンズカップ2回戦ではACミランと対戦し、敗れはしたもののこの2試合で2得点を決め、大会通じで全4試合に出場し3ゴール4アシストの大活躍で自身の名前を西側のクラブに印象付けた。1988年にはソウルオリンピックに出場し、3試合に出場して2得点1アシストと活躍した。1990 FIFAワールドカップ欧州予選ではフランスを破る得点を決め、8勝2分0敗という圧倒的な成績で本大会出場を決めた。1989年5月には人格・人気・実力を兼ね備えた選手に贈られるクラブの「星人」(Zvezdina Zvezda)の称号を手にした。この称号はクラブに長く貢献した選手への功労賞のような側面を持っており、在籍わずか3年の24歳の若手であったストイコビッチの受賞は極めて画期的なことであった。レッドスターでは1988年から1990年まで3年連続でリーグ最優秀選手に選ばれた。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たACミランACミラン

    ペレはこれらのオファーに乗り気ではなく、所属クラブのサントスもペレを放出する意思がないことを示したが、この移籍騒動は、後にブラジル政府が「ペレは輸出対象外の国宝である」と公式に宣言して移籍を阻止する事態にまで発展した。また所属するサントスFCはペレを慰留させるための多額の金銭を工面した。なおペレは欧州のクラブでプレーをしなかった理由について「ジジがレアル・マドリード、ジノ・サニとジョゼ・アルタフィーニがACミランへ移籍したように欧州のクラブでプレーをした選手が何人かいたが、私はサントスFCでの生活に満足していた」「欧州に移籍することも考えたが、サントスFCと共にあることを選んだ」と発言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・マルディーニ

    パオロ・マルディーニから見たACミランACミラン

    セリエAのACミランの前主将であり、ミランの象徴とまで呼ばれたディフェンダー。元イタリア代表選手(ワールドカップ・日韓大会後に代表引退を表明)。イタリア代表でもキャプテンをつとめた。父は息子と同じくACミランのキャプテンであり、1962-63シーズンのUEFAチャンピオンズカップを優勝するなどし、イタリア代表監督も経験したチェーザレ・マルディーニである。また、フランコ・バレージの引退後は彼のキャプテンシーを継承した。パオロ・マルディーニ フレッシュアイペディアより)

  • フィリッポ・インザーギ

    フィリッポ・インザーギから見たACミランACミラン

    ユヴェントスがトレゼゲを獲得、そして彼がフィットしていくに連れて出場機会が減っていったために2001年にACミランへ移籍金約27億円で移籍した。フィリッポ・インザーギ フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー)

    セリエA (サッカー)から見たACミランACミラン

    1950年代から1990年代前半まで、セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ミラン、インテルのビッグ3に加え、サンプドリア、ナポリ、トリノ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ、ボローニャ、ジェノアなどの中堅名門クラブ、次いでプロヴィンチャという構図が基本的であった。セリエA (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • レアンドロ・グリミ

    レアンドロ・グリミから見たACミランACミラン

    2006/2007年冬の移籍市場にて、ディフェンスラインの若返りの一環として移籍金200万ユーロ(約3億円)でアルゼンチンのラシンからセリエAのACミランへ移籍したことで注目を集めた。しかし、ラシンでは出場機会が少ないこともありあまり活躍できなく、アルゼンチン国内では彼はACミランにふさわしくないのではないかと懐疑的な声もあがっている。レアンドロ・グリミ フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たACミランACミラン

    コンフェデレーションズカップでは、セリエAの首位を走っていたASローマと日本代表監督フィリップ・トルシエとの間で、中田の招集を巡って軋轢が起こった。「グループリーグ3試合のみ」という条件で日本に帰国して戦ったが、日本代表がグループリーグを突破すると、トルシエは中田に準決勝以降も出場するよう要請した。日本サッカー協会とASローマとの話し合いの結果、準決勝まで参加を延長し、その後イタリアに戻ることになった。中田自身も「日本人初のセリエA優勝」の瞬間に立ち会うことを望んでいた 。準決勝では豪雨の中、強いグラウンダー(ゴロ)のフリーキックで直接ゴールをあげ、このゴールが決勝点となって日本をフル代表初の国際大会決勝に導き、チームを離れた。セリエAでは90年代からACミランとユベントスの2強がスクデットを独占していたが、ASローマが18シーズンぶりにスクデットを獲得、日本人で初めてセリエA優勝メンバーとなった。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・メクセス

    フィリップ・メクセスから見たACミランACミラン

    5月9日に、かねてから噂されていたACミランへの移籍がマッシミリアーノ・アッレグリから、翌日には副会長のアドリアーノ・ガッリアーニから発表された。契約満了に伴うフリートランスファーでの移籍で、4年契約を結んだ。しかし、チアゴ・シウバ、アレッサンドロ・ネスタに次ぐ第3CBとなりまた故障もあったため14試合の出場に留まった。フィリップ・メクセス フレッシュアイペディアより)

572件中 91 - 100件表示

「ACミラン」のニューストピックワード