796件中 101 - 110件表示
  • アンドレア・ポーリ

    アンドレア・ポーリから見たACミランACミラン

    2006年、当時セリエBのFCトレヴィーゾで17歳の時にプロデビュー。マンチェスター・ユナイテッドFC、ACミランなどのビッグクラブから注目を集め、2007年1月31日にUCサンプドリアが共同保有権を獲得。シーズン終了までトレヴィーゾでプレーした後、サンプドリアが残りの保有権を買い取った。アンドレア・ポーリ フレッシュアイペディアより)

  • 俺たちのフィールド

    俺たちのフィールドから見たACミランACミラン

    ブラジルから帰国後、ヴェルディに入団、1993年のJリーグ開幕前から「ミスター・Jリーグ」と呼ばれた。鹿野からその豪胆さを買われ、代表に抜擢される。初代表にしてハットトリックを果たすなど頭角を現すが、ドーハの悲劇を経験。さらにヴェルディから移籍したセリエAのACミランでダミアンを始めとした世界レベルのプレーを肌で感じ、正規の代表ではW杯には出場できないと考え、才能ある若手を自ら選出したリザーブ・ドックスを結成。その後、海外で非公式な強化試合(一応、試合の申請に必要な資金は日本サッカー協会から出資されている)を重ね、そのレベルを上げていく。1997年アジア最終予選では足を骨折しながらもゴールを決めている。俺たちのフィールド フレッシュアイペディアより)

  • マテオ・ムサッキオ

    マテオ・ムサッキオから見たACミランACミラン

    マテオ・ムサッキオ(Mateo Musacchio、1990年8月26日 - )は、アルゼンチン・ロサリオ出身のサッカー選手。アルゼンチン代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはディフェンダー。洞察力と機動性に優れ、ボディコンタクトも強い。マテオ・ムサッキオ フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・アントネッリ

    ルカ・アントネッリから見たACミランACミラン

    ルカ・アントネッリ(Luca Antonelli , 1987年2月11日 - )は、イタリア・モンツァ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。イタリア代表。ポジションはDFで、主に左サイドバック。父のロベルト・アントネッリもサッカー選手であった。ルカ・アントネッリ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィデ・カラブリア

    ダヴィデ・カラブリアから見たACミランACミラン

    ダヴィデ・カラブリア(、1996年12月6日 - )は、イタリア・ロンバルディア州ブレシア出身のサッカー選手。ポジションはDF(RSB)。ACミラン所属。ダヴィデ・カラブリア フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・ボリーニ

    ファビオ・ボリーニから見たACミランACミラン

    ファビオ・ボリーニ(Fabio Borini, 1991年3月29日 - )は、イタリア・ベンティヴォーリオ出身のサッカー選手。ACミラン所属。ポジションはフォワード。ファビオ・ボリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・フェルナンデス・サエス

    ヘスス・フェルナンデス・サエスから見たACミランACミラン

    スソ(Suso)ことヘスス・ホアキン・フェルナンデス・サエス・デ・ラ・トーレス(Jesús Joaquín Fernández Sáez de la Torre、1993年11月19日 - )は、スペイン・アンダルシア州カディス出身のサッカー選手。スペイン代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはフォワード。ヘスス・フェルナンデス・サエス フレッシュアイペディアより)

  • ハキム・マストゥール

    ハキム・マストゥールから見たACミランACミラン

    レッジョ・エミリアでモロッコ人の両親のもとに生まれて2012年7月にACレッジャーナ1919からACミランに加入。若干15歳でフィリッポ・インザーギが監督を務めていたミラン・プリマベーラ (U-19) でプレーした。2014年5月18日には、クラレンス・セードルフ監督のもとセリエAのサッスオーロ戦で登録メンバー入りする。もし出場すれば、セリエA史上、ミランのトップチームでプレーした最年少選手、セリアA史上でも5番目に若い選手となっていた。2014年6月15日には、ACミランと2017年までプロ契約を結んだ。ハキム・マストゥール フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ケシエ

    フランク・ケシエから見たACミランACミラン

    フランク・ヤニック・ケシエ(Franck Yannick Kessié, 1996年12月19日 - )は、コートジボワール・ゴー州出身のサッカー選手。ACミラン所属。コートジボワール代表。ポジションはミッドフィールダー。フランク・ケシエ フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たACミランACミラン

    1986年にはレッドスター・ベオグラードに移籍し、スタジアムに照明塔を付けられるだけの巨額の移籍金とレッドスターの選手レギュラー5人が対価として支払われた。移籍直後からヴェリボル・ヴァソヴィッチ監督に実力や人間性を高く評価され、レッドスター史上最年少でキャプテンに就任すると、1986-87シーズンはいきなりチームトップとなる17得点を記録、1987-88シーズンにもチームトップ、リーグでも得点王争い2位の15得点を記録しディナモ・ザグレブから移籍してきた若き天才ロベルト・プロシネツキや古巣のラドニツキ・ニシュから移籍してきた親友ドラギシャ・ビニッチとともにプルヴァ・リーガを制した。1988-89シーズンのUEFAチャンピオンズカップ2回戦ではACミランと対戦し、敗れはしたもののこの2試合で2得点を決め、大会通じで全4試合に出場し3ゴール4アシストの大活躍で自身の名前を西側のクラブに印象付けた。1988年にはソウルオリンピックに出場し、3試合に出場して2得点1アシストと活躍した。1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではフランスを破る得点を決め、8勝2分の成績で本大会出場を決めた。1989年5月には人格・人気・実力を兼ね備えた選手に贈られるクラブの「星人」(Zvezdina Zvezda)の称号を手にした。この称号はクラブに長く貢献した選手への功労賞のような側面を持っており、在籍わずか3年の24歳の若手であったストイコビッチの受賞は極めて画期的なことであった。レッドスターでは1988年から1990年まで3年連続でリーグ最優秀選手に選ばれた。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

796件中 101 - 110件表示

「ACミラン」のニューストピックワード