796件中 21 - 30件表示
  • フィリップ・メクセス

    フィリップ・メクセスから見たACミランACミラン

    2011年5月9日に、かねてから噂されていたACミランへの移籍がマッシミリアーノ・アッレグリから、翌日には副会長のアドリアーノ・ガッリアーニから発表された。契約満了に伴うフリートランスファーでの移籍で、4年契約を結んだ。しかし、チアゴ・シウバ、アレッサンドロ・ネスタに次ぐ第3CBとなりまた故障もあったため14試合の出場に留まった。フィリップ・メクセス フレッシュアイペディアより)

  • カルロ・アンチェロッティ

    カルロ・アンチェロッティから見たACミランACミラン

    下部リーグの弱小クラブであったパルマFCでキャリアをスタートする。1979年にASローマに移籍し、1982-83シーズンにスクデットを獲得。1984年のチャンピオンズカップでは決勝に進出したが出場はしていない。この後ローマで主力となり、主将も務めた。1987年にACミランに移籍し、1988年にスクデット獲得。1989年のUEFAチャンピオンズカップ準決勝のレアル・マドリード戦2ndレグではキャリアのハイライトとも言える見事なミドルシュートで先制点を挙げチームを5-0の勝利に導いた。決勝でもスタメンで出場して優勝も経験している。1990年のUEFAチャンピオンズカップでもレギュラーとして活躍、ミランの2連覇に貢献している。1991年1992年シーズンの優勝を置き土産に現役を引退、そのセリエAの最終節で現役最後のベローナとの試合で2得点を記録した。カルロ・アンチェロッティ フレッシュアイペディアより)

  • ハカン・チャルハノール

    ハカン・チャルハノールから見たACミランACミラン

    ハカン・チャルハノール(Hakan Çalhanoğlu, 1994年2月8日 - )は、ドイツ・マンハイム出身のトルコ代表サッカー選手。ポジションはFW。ACミラン所属のトルコ系ドイツ人である。ハカン・チャルハノール フレッシュアイペディアより)

  • カリム・ベンゼマ

    カリム・ベンゼマから見たACミランACミラン

    FCバルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドFCなどのビッグクラブ、他にもインテル・ミラノ、ACミランなどからもオファーが届き、2009年オフにはマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードが争奪戦を繰り広げた。ベンゼマは当初「あと1シーズンはリヨンに残る」としていたが、7月1日、レアル・マドリードへの移籍がリヨンのホームページで発表された。移籍金は3500万ユーロで移籍後の活躍次第で最大600万ユーロが追加される。2009年8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビュー。9月20日のシェレス戦で移籍後初得点を挙げた。開幕当初はスタメン起用されていたが、チームやリーグにあまり馴染めずに昨季チーム得点王であったゴンサロ・イグアインにスタメンの位置を奪われる。結局、27試合の出場で9得点にとどまり、結果的に南アフリカW杯出場を逃した。さらに、W杯後の2010年7月21日にはフランク・リベリーとともに買春容疑で事情聴取されるなど公私にわたって惨憺たるシーズンとなった。カリム・ベンゼマ フレッシュアイペディアより)

  • ボカ・ジュニアーズ

    ボカ・ジュニアーズから見たACミランACミラン

    アルゼンチンでもっとも成功を収めたサッカークラブのひとつであり、主要大会で48のタイトル(国内タイトル30、国際タイトル18)を獲得している。国際タイトル数はACミラン(イタリア)と並んで世界最多であるが、南米サッカー連盟 (CONMEBOL) 設立前のアマチュア時代にはさらに2個(1919年のタイ・カップと1920年のコパ・デ・オノール・コウセニエール)の国際タイトルを獲得している。18個の内訳はコパ・リベルタドーレスで6個、レコパ・スダメリカーナで4個、インターコンチネンタルカップで3個、コパ・スダメリカーナで2個、コパ・デ・オロで1個、スーペルコパ・スダメリカーナで1個、スーペルコパ・マステルスで1個である。また、南米サッカー連盟主催大会の3冠を達成したことのある8クラブ(ボカの他にはクラブ・オリンピア、サンパウロFC、CAインデペンディエンテ、CAベレス・サルスフィエルド、クルゼイロEC、SCインテルナシオナル、LDUキト)のひとつである。国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) によるクラブ世界ランキングでは6度1位に輝いており、そのほとんどをカルロス・ビアンチ監督下で記録した。IFFHS は21世紀最初の10年間の南米最優秀クラブにボカを選出している。ボカ・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たACミランACミラン

    2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグのFCルビン・カザン戦で1点目をアシストし、さらに長距離からの無回転フリーキックを決めるなど試合に出れば活躍も見せる一方で、問題行動が目立つようになった。監督のジョゼ・モウリーニョはバロテッリがチームの規律を乱すとして度々招集外とし、最大で6試合連続で招集外は続いた。また罰金はバロテッリのためにならないと、サテライトチームへ降格させたこともあった。2010年1月6日のキエーヴォ・ヴェローナ戦でキエーヴォサポーターへ挑発的な拍手をしたとして処分された。この背景にはキエーヴォサポーターからの人種差別があったとされ、処分については疑問の声も上がった。モウリーニョとの対立が深くなる中で、3月にイタリアのテレビ番組に出演した際にはインテルのライバルであるACミランのユニフォームに袖を通し批判された。チームから謹慎処分を受けたものの、バロテッリはインテルのホームページ上で謝罪し、復帰した4月2日のボローニャFC戦では得点も挙げた。しかし2010年4月20日のFCバルセロナ戦では、彼のパフォーマンスに満足せずブーイングしたファンへの抗議として、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけた。5月5日のコッパ・イタリアの決勝戦では、ASローマのフランチェスコ・トッティから後ろから蹴り飛ばされる悪質なファウルを受けた。このプレーでトッティは退場処分を受けている。後にトッティは自身の過ちを認め、試合後には握手を交した一方で「バロテッリはローマとローマの人々を侮辱した」とコメントし、ダニエレ・デ・ロッシやルカ・トーニも「トッティはバロテッリから侮辱され、酷いファウルを浴びていた」と証言し、物議を醸した。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • フィリッポ・インザーギ

    フィリッポ・インザーギから見たACミランACミラン

    ユヴェントスがトレゼゲを獲得、そして彼がフィットしていくに連れて出場機会が減っていったために2001年にACミランへ移籍金約27億円で移籍した。フィリッポ・インザーギ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ライカールト

    フランク・ライカールトから見たACミランACミラン

    様々なポジションをこなすユーティリティ性、身体能力だけでなく的確な判断に基づいた守備力、中盤の底で正確なパスを散らすゲームメイク力を併せ持ち、現役時代には「最も現代的なサッカー選手」「トータルミッドフィールダー」と評された。オランダ代表では1988年のUEFA欧州選手権優勝、クラブレベルではアヤックスやACミランで国際タイトル獲得に貢献した。引退後は指導者に転じ、オランダ代表やFCバルセロナなどの監督を務めている。フランク・ライカールト フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たACミランACミラン

    サレジオ会系の寄宿学校「リチェオ・サンタブロージオ」在学中に第二次世界大戦と王政廃止を経験している。卒業後にミラノ大学で法律学を学び、広告業における法律を専攻分野にして1961年に卒業資格を得ている。学校での成績は「優等」として記録されているが、一方で徴兵制であった当時のイタリアで兵役義務を回避したとのスキャンダルが報道された事もある。在学中は音楽に熱中しており、コントラバス奏者のコミュニティに参加していた。このグループでの友人知人は後にベルルスコーニの事業に関わる人脈となっている。現在でも音楽に対する嗜好は変わらず、自身が保有するサッカークラブACミランの応援詩を自ら作曲したりしている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • アヤックス・アムステルダム

    アヤックス・アムステルダムから見たACミランACミラン

    UEFA主催のリーグにおいてはチャンピオンズカップ1968-69シーズンの決勝でACミランに1-4で敗れたものの、この敗戦が、それから続く全ての栄光の始まりとなる。翌シーズンはクライフの他ヨハン・ニースケンスやアドリアナス・ハーンなどの若手が育ち、1970-71シーズンからチャンピオンズカップ3連覇を果たす。ロンドン(ウェンブリー)でのパナシナイコスとの決勝戦2-0、監督はシュテファン・コヴァチに代わるも、ロッテルダムでの対インテル・ミラノ戦2-0、ベオグラードでの対ユヴェントス戦1-0。アヤックスにとって輝かしい3シーズンであった。これらの成功の多くは選手達を鍛え上げたミケルスの功績にあった。アヤックス・アムステルダム フレッシュアイペディアより)

796件中 21 - 30件表示

「ACミラン」のニューストピックワード