572件中 21 - 30件表示
  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たACミランACミラン

    その後は再び低迷期に入り、1961年にはクラブの英雄的な存在だったジミー・グリーブスをACミランに引き抜かれるなどして、1961-62シーズンには2部降格の憂き目に遭う。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たACミランACミラン

    クラブの全盛期にはリーグ戦、コッパ・イタリア、カップウィナーズカップなどで優勝を経験するなど、インテル、ミラン、ユヴェントス、ローマなどのトップグループに次ぐ強豪クラブとして確固たる地位を築いた。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • アヤックス・アムステルダム

    アヤックス・アムステルダムから見たACミランACミラン

    ヨーロッパにおいてはチャンピオンズカップ1968-69シーズン、決勝でACミランに1-4で敗れたものの、この敗戦が、それから続く全ての栄光の始まりとなる。翌シーズンはクライフの他ヨハン・ニースケンスやアドリアナス・ハーンなどの若手が育ち、1970-71シーズンからチャンピオンズカップ3連覇を果たす。ロンドン(ウェンブリー)でのパナシナイコスとの決勝戦2-0、監督はシュテファン・コヴァチに代わるも、ロッテルダムでの対インテル・ミラノ戦2-0、ベオグラードでの対ユヴェントス戦1-0。アヤックスにとって輝かしい3シーズンであった。これらの成功の多くは選手達を鍛え上げたミケルスの功績にあった。アヤックス・アムステルダム フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たACミランACミラン

    マリオ・バロテッリ(Mario Balotelli , 1990年8月12日 - )は、イタリア・パレルモ出身のサッカー選手。出生名はマリオ・バルウアー(Mario Barwuah)。セリエAのACミランに所属する。ポジションはフォワード。イタリア代表。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見たACミランACミラン

    マッシモ・アンブロジーニ(ACミラン、1995年-)※フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たACミランACミラン

    2006年にイギリスのテレビ番組制作会社IMGロンドンによる、世界を代表する10クラブを題材にした番組「キングス・オブ・クラブス」の対象としてノミネートされた。同番組では、他にレアル・マドリード(スペイン)、チェルシー(イングランド)、ACミラン(イタリア)、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)など世界的な12クラブがノミネートされ、そのうち10クラブが「トップ10」として紹介される。IMGロンドンのプロデューサー、ゲイル・ファーマーは「浦和の知名度は欧州でも高い」と話している。番組は2007年3月から、日本を含めた世界130カ国で放送された。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ズラタン・イブラヒモビッチ

    ズラタン・イブラヒモビッチから見たACミランACミラン

    2004年7月1日、移籍金1900万ユーロ(約26億円)でユヴェントスに移籍。当初は、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダビド・トレゼゲに次ぐ3番手のFWと目されていたが、2004-2005シーズンのセリエA開幕戦ブレシア戦でデビューし、早速ゴールを挙げると、トレゼゲやデル・ピエロの故障もあって、カペッロ監督の信頼を得始める。彼らの復帰後もユヴェントスフォワード陣の柱となり、最終的に35試合16点の成績を挙げ、ACミランからのセリエA王座奪回に貢献した。2005-2006シーズンも2トップの一角として、ユヴェントスのセリエA首位独走に貢献した。2006/2007シーズンからは、ユヴェントスの審判操作疑惑によるチームのセリエB降格の影響により、ACミランへの移籍も噂されたが2006年8月10日に2460万ユーロ(約37億円)の移籍金でユヴェントス最大のライバルであるインテルナツィオナーレ・ミラノへの移籍が発表された。ズラタン・イブラヒモビッチ フレッシュアイペディアより)

  • カリム・ベンゼマ

    カリム・ベンゼマから見たACミランACミラン

    インテル・ミラノ、ACミラン、マンチェスター・ユナイテッドFC、FCバルセロナ、レアル・マドリードなどのビッグクラブからオファーが届き、2009年オフにはマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードが争奪戦を繰り広げた。ベンゼマは当初「あと1シーズンはリヨンに残る」としていたが、7月1日、レアル・マドリードへの移籍がリヨンのホームページで発表された。移籍金は3500万ユーロで移籍後の活躍次第で最大600万ユーロが追加される。2009年8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビュー。9月20日のシェレス戦で移籍後初得点を挙げた。開幕当初はスターティングメンバーとして起用されていたが、チームやリーグにあまり馴染めずに昨季チーム得点王であったゴンサロ・イグアインにスタメンの位置を奪われてしまう。結局、27試合の出場で9得点にとどまり、結果的に南アフリカW杯出場を逃した。さらに、W杯後の2010年7月21日にはフランク・リベリーとともに買春容疑で事情聴取されるなど公私にわたって惨憺たるシーズンとなった。カリム・ベンゼマ フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・バ

    イブラヒム・バから見たACミランACミラン

    イブラヒム・バ(Ibrahim N'Gom Ba, 1973年11月12日 - )は、セネガル出身の元フランス代表サッカー選手。ポジションはMF。現在はセリエA、ACミランのアフリカ担当スカウトとして働いている。イブラヒム・バ フレッシュアイペディアより)

  • エリア・レガーティ

    エリア・レガーティから見たACミランACミラン

    ミラン・プリマヴェーラ出身。レニャーノで主力となると2008年夏にはフランスの名門モナコへレンタルされたが出場は無かった。その後は主にセリエBのクラブで試合に出ている。エリア・レガーティ フレッシュアイペディアより)

572件中 21 - 30件表示