796件中 31 - 40件表示
  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たACミランACミラン

    2008-09シーズンは、ACミランに移籍したロナウジーニョに代わって背番号10を背負ってチームを牽引。これまで孤立しがちだった右サイドにダニエウ・アウヴェスという心強い相棒が加わったこともあって、前線のエトオ、アンリと共にゴールを量産。初めて年間通して故障らしい故障もなく過ごし、チームはUEFAチャンピオンズリーグなどで優勝し見事に三冠を達成。メッシは大会を通じて9得点を挙げ得点王に輝いた。2008-09シーズンの総計38得点は、チーム得点王。リーガ第21節、ラシン・サンタンデール戦(エル・サルディネーロ)では、バルセロナのリーガ通算5000ゴール目を決めた。ラシン・サンタンデールは、リーガ初年度第1節(1929年2月12日、エル・サルディネーロ)でマヌエル・パレーラがバルセロナのリーガ初得点を記録した相手でもある。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たACミランACミラン

    2003年、880万ユーロ(約12億円)の移籍金でACミランへ移籍。サンパウロでは背番号8番を、2002 FIFAワールドカップでは23番をそれぞれ着けていたが、ミランでは既にジェンナーロ・ガットゥーゾとマッシモ・アンブロジーニがそれぞれの背番号を着けていたため、自身の誕生日の日付にちなんで22番を背負うことになった。入団時のメディカルチェックでは特にずば抜けていた加速値と絶対スピードの項目をはじめ、それまでの選手とはかけ離れて高い数値を記録。ミランラボの担当者は「こんな数字は見たことがなかった」と証言した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ザッケローニ

    アルベルト・ザッケローニから見たACミランACミラン

    1983年、30歳で当時セリエC2のチェゼナティコの監督に就任。その後、指導者として経験を積み、ウディネーゼ、ACミラン、SSラツィオ、インテル、トリノFC、ユヴェントスFCとイタリアのクラブチームの監督を務める。「ビッグ4」と呼ばれるACミラン、インテル、ユヴェントス、ASローマの内3クラブを率いた経験を持つのは、ファビオ・カペッロ、ジョバンニ・トラパットーニとザッケローニの3人だけである。ACミラン監督時代には、就任初年度の1998-1999シーズンにセリエAでリーグ優勝しスクデットを獲得。同年のイタリアサッカー選手協会年間最優秀監督賞を受賞した。アルベルト・ザッケローニ フレッシュアイペディアより)

  • ASローマ

    ASローマから見たACミランACミラン

    2012年2月、『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグによると、2010-11シーズンのクラブ収入は1億4350万ユーロ(約160億円)であり、欧州第15位、イタリアではACミラン、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ユヴェントスFCに次ぐ第4位である。ASローマ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・カリニッチ

    ニコラ・カリニッチから見たACミランACミラン

    ニコラ・カリニッチ(Nikola Kalinić, 1988年1月5日 ? )は、クロアチア・ソリン出身のサッカー選手。クロアチア代表。セリエA、ACミラン所属。ポジションはフォワード。ニコラ・カリニッチ フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たACミランACミラン

    セリエAにおいて最も成功したクラブの一つである。セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、「ユヴェントス」、「ACミラン」、「インテル」のビッグ3の一角を占め、スクデット獲得回数はセリエA最多の32回で、ACミラン、インテルナツィオナーレ・ミラノ(共にスクデット獲得18回)と並んでイタリアのみならず、世界でも指折りのビッグクラブの一つである。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去8度決勝に進むもうち6度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFCから見たACミランACミラン

    シーズン開幕前にラファエル・ベニテスが監督に就任すると、ルイス・ガルシア、シャビ・アロンソなどリーガ・エスパニョーラの選手を獲得し、積極的に登用し始める。一方、エースのマイケル・オーウェンをレアル・マドリードへ放出した。チャンピオンズリーグではユヴェントス、チェルシーらの強豪を破り、決勝進出を果たす。決勝のACミラン戦において、前半終了時0-3のビハインドから、後半の6分間にジェラード、スミチェル、アロンソが立て続けに得点し、同点に持ち込んだ。そして、PK戦でACミランを下し、21年ぶりの欧州一の称号を手にした。この試合はイスタンブールの奇跡と呼ばれるようになる。また、UEFAチャンピオンズカップとUEFAチャンピオンズリーグの合計優勝回数が5回となり、5チーム目となる優勝カップの永久保持が認められたクラブとなった。リヴァプールFC フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たACミランACミラン

    その後は再び低迷期に入り、1961年にはクラブの英雄的な存在だったジミー・グリーブスをACミランに引き抜かれるなどして、1961-62シーズンには2部降格の憂き目に遭う。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・バロッタ

    マルコ・バロッタから見たACミランACミラン

    ボローニャFCのユースで技を磨く。ここでアマチュア登録だった1981年、17歳の時に初めてベンチに入るがその時の出場はなかった。1982年地元のSSカザレッキオ1921でプロとしてキャリアを始める。1984年、モデナFCに移籍するまで22試合に出場した。モデナFCでは6年在籍し178試合に出場。1990年移籍したACチェゼーナでは出場機会に恵まれなかったが、同年12月16日の対ジェノア戦でセリエA初出場を記録している(試合は4対1でジェノアの勝利)。翌シーズンにパルマへ移籍。バックアッパーとして33試合で出場。特に1992-93シーズン、彼はセリエA3位とUEFAカップウィナーズカップ優勝(ロイヤル・アントワープに3-1で勝利)を経験した。しかし翌シーズンまでその勢いは続かずわずか3試合しか出場できなかった。その年に行われたUEFAスーパーカップでの勝利(ACミランに2-0で勝利)でもルカ・ブッチの控えだった。マルコ・バロッタ フレッシュアイペディアより)

  • トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ

    トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニから見たACミランACミラン

    トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ (Luigi Berlusconi Trophy) は、イタリアのサッカークラブ、ミランによって毎年8月にホームスタジアムのサン・シーロで開催されるフレンドリーマッチである。トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

796件中 31 - 40件表示

「ACミラン」のニューストピックワード