572件中 31 - 40件表示
  • リーノ・マルツォラッティ

    リーノ・マルツォラッティから見たACミランACミラン

    2004-2005シーズンにセリエAデビューを果たしたACミランの下部組織出身選手。U-20イタリア代表でもレギュラーとしてプレー、2005 FIFA ワールドユース選手権8強入りに貢献した。アレッサンドロ・ネスタが30代に突入し、ヤープ・スタムの去ったミランではパオロ・マルディーニの後継者として期待されていた。リーノ・マルツォラッティ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のバロンドール

    2004年のバロンドールから見たACミランACミラン

    2004年のバロンドールは、欧州各国のスポーツジャーナリストの投票によってサッカーの欧州年間最優秀選手を決める賞で、ACミランのアンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ)が受賞した。授賞式は2004年12月14日に行われた。2004年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ

    ダヴィデ・ディ・ジェンナーロから見たACミランACミラン

    2007年5月19日のウディネーゼ戦(アレッサンドロ・コスタクルタの引退試合)で、そのコスタクルタと交代でピッチに立ち、セリエAデビューを飾った。ポジションは主にトップ下、1.5列目などの攻撃的な位置を取ることが多い。ACミランの下部組織で背番号10を背負い2006-2007シーズンは14ゴールを上げた。2007-2008シーズンはセリエBボローニャにレンタル移籍、2得点を挙げる。2008-2009シーズンはマルコ・ボリエッロと入れ替わる形でジェノアに移籍したものの、レッジーナにレンタル移籍。2009年、2月7日の古巣ミラン戦でセリエA初得点。2009-2010シーズンから古巣ACミランに買い戻され復帰。2010年1月28日、ASリヴォルノ・カルチョにシーズン終了までレンタル移籍した。ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ フレッシュアイペディアより)

  • マッティア・ヴァローティ

    マッティア・ヴァローティから見たACミランACミラン

    マッティア・ヴァローティ(Mattia Valoti、1993年9月6日 - )は、イタリア・ヴィチェンツァ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。ポジションはMF。マッティア・ヴァローティ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・コスタクルタ

    アレッサンドロ・コスタクルタから見たACミランACミラン

    アレッサンドロ・コスタクルタ(Alessandro Costacurta, 1966年4月24日 - )は、イタリアの元サッカー選手である。現役時代はセリエAのACミランを代表するディフェンダーだった。アレッサンドロ・コスタクルタ フレッシュアイペディアより)

  • ゾーンプレス

    ゾーンプレスから見たACミランACミラン

    1960年代後半、リヌス・ミケルスが率いたオランダのアヤックスとオランダ代表が用いたトータルフットボールに原型があるといわれる。80年代末に、当時鬼才と評されたアリーゴ・サッキ監督が率いたイタリアのACミランがトータルフットボールからゾーンディフェンスとプレッシングの要素を取り出し、そこに高いディフェンスラインとオフサイドトラップの戦術を組み合わせることで効果を高めた。この戦術を確立させたACミランは80年代末から90年代前半まで世界最強を誇り、同クラブの代名詞となった。日本ではJリーグ開幕当初、加茂周率いる横浜フリューゲルスがその戦術として売り出したことからその名称が浸透した。ゾーンプレス フレッシュアイペディアより)

  • ディダク・ビラ

    ディダク・ビラから見たACミランACミラン

    ディダク・ビラ・ロセージョ(Dídac Vilà Rosselló、1989年6月9日 - )は、スペイン・バルセロナ県出身のサッカー選手。ACミラン所属。ポジションはDF(左サイドバック)。ディダク・ビラ フレッシュアイペディアより)

  • アントワーヌ・コンブアレ

    アントワーヌ・コンブアレから見たACミランACミラン

    1982年にFCナントからデビューし、1990年までにリーグ戦で177試合に出場した。1990年にパリ・サンジェルマンFCに移籍。1992-93シーズンのUEFAカップ準々決勝・レアル・マドリード戦セカンドレグでは、ロスタイムに決勝点となるヘディングシュートを決め、準決勝進出に貢献した。この大会ではRSCアンデルレヒト戦でも同様に決勝点を挙げている。たびたび決定的なヘディングシュートを決めたため、Casque d'Or(ゴールデン・ヘルメット)という愛称が付けられた。1994-95シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝ではヨハン・クライフ率いるエル・ドリーム・チームのFCバルセロナと対戦し、2-1で予期せぬ勝利を収めて準決勝に進出したが、ACミランに敗れてベスト4に終わった。パリ・サンジェルマンFCでは5シーズンプレーし、1992-93シーズンと1994-95シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を、1995年にはクープ・ドゥ・ラ・リーグ優勝を果たした。1993-94シーズンにはアルトゥール・ジョルジェ監督率いるチームでリーグ戦9試合に出場し、自身初のリーグ優勝を果たした。1992-93シーズン以降はアラン・ロチェ、ポール・ル・グエン、リカルド・ゴメスなどが在籍していたため、コンブアレの出場機会は限られたが、しばしばロスタイムに決勝点を挙げること、ビッグゲームでも冷静に試合に臨んで活躍することから、パリ・サンジェルマンFCのサポーターの間のカルト・ヒーローとなった。アントワーヌ・コンブアレ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たACミランACミラン

    ほんの2、3例を挙げるだけでもリリアン・テュラム(パルマFC、ユヴェントスFC)、ダヴィド・トレゼゲ(ユヴェントスFC)、マルセル・デサイー(ACミラン)、ジネディーヌ・ジダン(ユヴェントス)など、近年では多くのフランス人選手がイタリアのセリエAでプレーしており、両者のライバル意識はより明確になっている。この対戦は過去のFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権で数々の名勝負を繰り広げていることでも知られ、1998 FIFAワールドカップ準々決勝(PK戦の結果フランスが勝ち上がり)、UEFA欧州選手権2000決勝(延長戦の結果フランスが勝利)や2006 FIFAワールドカップ決勝(PK戦の結果イタリアが勝利)などが記憶に残る。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • マッシモ・ゴッビ

    マッシモ・ゴッビから見たACミランACミラン

    名門のACミランユース出身であり、アッリエーヴィ時代はカンピオナート・アッリエーヴィ・ナツィオナーリで優勝もしている。その後イタリアのビッグクラブの若手選手に対する慣例によって、トレヴィーゾやカリアリといったいわゆるプロビンチャのクラブを転々とする。しかしフィオレンティーナの敏腕スポーツディレクターであるパンタレオ・コルヴィーノが埋もれかけていた才能を見出し、2006年ゴッビが26歳のときにフィオレンティーナに移籍。その年のプレシーズンの好調さから、同年にイタリア代表監督に就任したロベルト・ドナドーニによって念願のイタリア代表に招集されている。ワールドカップを制したばかりのアズーリが新体制となったドナドーニ監督就任後の初のメンバーとあって、フィオレンティーナティフォージにも注目されたが、このシーズンは怪我による長期離脱で思うような結果が残せなかった。マッシモ・ゴッビ フレッシュアイペディアより)

572件中 31 - 40件表示

「ACミラン」のニューストピックワード