572件中 41 - 50件表示
  • マウロ・タソッティ

    マウロ・タソッティから見たACミランACミラン

    マウロ・タソッティ(Mauro Tassotti、1960年1月19日- )は、イタリアローマ出身の元サッカー選手。ACミランの黄金期を支えた一人であり、1988年のソウルオリンピックではイタリア代表主将を務めた。W杯には、1994年米国大会に出場している。マウロ・タソッティ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジェ・ジェズス

    ジョルジェ・ジェズスから見たACミランACミラン

    2008年5月にはCFベレネンセスの監督の地位を離れたが、その翌日にはSCブラガ監督に就任した。2008-09シーズンは優勝したFCポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンや2位となったスポルティングの本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルバラーデから勝ち点を持ちかえるなどし、リーグ戦ではUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得できる5位を確保した。名称変更前のラストシーズンとなったUEFAカップのグループリーグでは、ACミラン(イタリア)、VfLヴォルフスブルク(ドイツ)、ポーツマスFC(イングランド)、SCヘーレンフェーン(オランダ)と同組となった。5クラブ中3位となり、ポルトガル勢で唯一決勝トーナメントに進出すると、決勝トーナメント1回戦ではスタンダール・リエージュ(ベルギー)を破ってベスト16となった。UEFAカップでのハイライトはホームでポーツマスFCを3-0で下した試合であり、またロスタイムの失点により0-1で惜しくも敗れたサン・シーロでのACミラン戦である。ジョルジェ・ジェズス フレッシュアイペディアより)

  • マッシモ・アンブロジーニ

    マッシモ・アンブロジーニから見たACミランACミラン

    マッシモ・アンブロジーニ(Massimo Ambrosini, 1977年5月29日 - )は、イタリア・ペーザロ出身のセリエA・ACミラン所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。マッシモ・アンブロジーニ フレッシュアイペディアより)

  • アテネ・オリンピックスタジアム

    アテネ・オリンピックスタジアムから見たACミランACミラン

    また、オリンピアコスの本拠地ゲオルギス・カライスカキス・スタジアムと共に、サッカーギリシャ代表の試合もここで行われる。UEFAチャンピオンズリーグ(旧UEFAチャンピオンズカップ)の決勝戦も数回行われている(1982-83シーズンにハンブルガーSV対ユヴェントス(1-0)、1993-94シーズンにACミラン対FCバルセロナ(4-0)、2006-07シーズンにACミラン対リヴァプールFC(2-1))。アテネ・オリンピックスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチから見たACミランACミラン

    サンパウロFCユースを経て、2004年に兄カカを追うようにACミランプリマヴェーラ(U-20チーム)に入団。2005年からはセリエBのリミニCFCへ2年間の武者修行に出た。2007年夏に晴れてミランのトップチームに登録。同年8月17日開催のベルルスコーニ杯、対ユヴェントス戦にて途中出場しミランでのデビューを果たした。ミランは2010-2011シーズン限りでジゴンとの契約を解除した。ロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンパオロ・パッツィーニ

    ジャンパオロ・パッツィーニから見たACミランACミラン

    ジャンパオロ・パッツィーニ(Giampaolo Pazzini, 1984年8月2日 - )は、イタリア・トスカーナ州フィレンツェ近郊ペーシャ出身で同国代表、ACミラン所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。ジャンパオロ・パッツィーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たACミランACミラン

    ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手、同国代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザースなど変幻自在のプレーで見る者を魅了する。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシから見たACミランACミラン

    2008-09シーズンは怪我で出遅れたものの、復帰後は得点を積み重ね、2月9日のCDヌマンシア戦では1試合2得点を挙げた。2月終了時点で早くも2007-08シーズンの得点数を抜いたが、3月にはいってからは得点がぴたりと途絶え、結局12点でシーズンを終えた。UEFAチャンピオンズリーグではオールボーBK戦やパナシナイコスFC戦などで計3得点した。2009年7月27日、ACミランの公式サイト上でロッシ獲得が発表され、数秒後にそのニュースは削除された。これはクラッカー(ハッカー)がいたずらで掲載したものだという。2010年2月には、父親の看病のために期限を定めずにアメリカに帰国したが、父親は2月23日に亡くなった。ジュゼッペ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ルイ・コスタ

    マヌエル・ルイ・コスタから見たACミランACミラン

    2001年にはフィオレンティーナの財政が悪化した為、フィレンツェを後にしてイタリアの名門・ACミランへ移籍。2002年日韓ワールドカップで念願のW杯出場を果たすも、怪我からコンディションを崩しており本大会では3試合で途中交代、途中出場、出場なしと大きな活躍を見せることは出来ないまま大会を去った。EURO2004を最後にポルトガル代表を引退した。33歳となっても華麗なプレーで観客を楽しませていたが、ブラジル代表のカカの活躍により途中出場が多くなり、05-06シーズンをもってミランを去り、古巣ベンフィカに復帰した。この復帰は「最後はベンフィカでキャリアを終えたい」という約束を果たすものでもあった。マヌエル・ルイ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • アルベリゴ・エヴァーニ

    アルベリゴ・エヴァーニから見たACミランACミラン

    長年、ACミランの選手として活躍し、1989年トヨタカップの対ナシオナル・メデジン戦における0-0の延長戦119分の決勝フリーキックを決めMVPに選出された。翌年のUEFAチャンピオンズカップ、UEFAスーパーカップ連覇にも貢献した。アルベリゴ・エヴァーニ フレッシュアイペディアより)

572件中 41 - 50件表示

「ACミラン」のニューストピックワード