796件中 51 - 60件表示
  • ウィリー・オーバメヤン

    ウィリー・オーバメヤンから見たACミランACミラン

    USトリエスティーナのユースチームでキャリアをスタートさせ、2005年にACミランのユースチームに移籍した。2007年12月20日、コッパ・イタリアのカルチョ・カターニア戦でプロデビューを果たした。2008-09シーズンは経験を積むためUSアヴェッリーノでプレー。さらに2009-10シーズンはKASオイペン、2010-11シーズンはACモンツァ・ブリアンツァ1912にそれぞれローン移籍している。ウィリー・オーバメヤン フレッシュアイペディアより)

  • アントワーヌ・コンブアレ

    アントワーヌ・コンブアレから見たACミランACミラン

    1982年にFCナントからデビューし、1990年までにリーグ戦で177試合に出場した。1990年にパリ・サンジェルマンFCに移籍。1992-93シーズンのUEFAカップ準々決勝・レアル・マドリード戦セカンドレグでは、ロスタイムに決勝点となるヘディングシュートを決め、準決勝進出に貢献した。この大会ではRSCアンデルレヒト戦でも同様に決勝点を挙げている。たびたび決定的なヘディングシュートを決めたため、Casque d'Or(ゴールデン・ヘルメット)という愛称が付けられた。1994-95シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝ではヨハン・クライフ率いるエル・ドリーム・チームのFCバルセロナと対戦し、2-1で予期せぬ勝利を収めて準決勝に進出したが、ACミランに敗れてベスト4に終わった。パリ・サンジェルマンFCでは5シーズンプレーし、1992-93シーズンと1994-95シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を、1995年にはクープ・ドゥ・ラ・リーグ優勝を果たした。1993-94シーズンにはアルトゥール・ジョルジェ監督率いるチームでリーグ戦9試合に出場し、自身初のリーグ優勝を果たした。1992-93シーズン以降はアラン・ロチェ、ポール・ル・グエン、リカルド・ゴメスなどが在籍していたため、コンブアレの出場機会は限られたが、しばしばロスタイムに決勝点を挙げること、ビッグゲームでも冷静に試合に臨んで活躍することから、パリ・サンジェルマンFCのサポーターの間のカルト・ヒーローとなった。アントワーヌ・コンブアレ フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・ビシュチャン

    イゴール・ビシュチャンから見たACミランACミラン

    ユヴェントスFC、FCバルセロナ、アヤックス・アムステルダム、ACミランと欧州各国のクラブが関心を寄せたが、最終的に2000年12月8日に移籍金550万ポンドでジェラール・ウリエ監督率いるイングランド1部のリヴァプールFCと契約。イプスウィッチ・タウンFC戦(0-1敗北)で71分にクリスティアン・ツィーゲと交代で初出場を飾り、1週間後のマンチェスター・ユナイテッドFC戦(1-0勝利)では、オールド・トラッフォードで3290分に渡り無敗という強さをもつ相手に、ビシュチャンは90分フル出場し勝利に貢献した。リヴァプールでの1季目は、途中加入してから程なくして守備的MFとしてディトマー・ハマンに代わり数試合先発出場を果たすというスタートを切り、最終的にハマンからポジションを奪取することは出来なかったものの公式戦で21試合(先発15、途中6)に出場した。また、2001年1月14日にフットボールリーグカップのクリスタル・パレスFC戦(5-0勝利)で移籍後初得点を挙げた。同シーズンのクラブはUEFAカップ2000-01を制したが、ディナモ・ザグレブ在籍時に同大会に出場していたため、リヴァプールでの出場が禁止されていた。イゴール・ビシュチャン フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・シミッチ

    ダリオ・シミッチから見たACミランACミラン

    NKディナモ・ザグレブの下部組織を経て同クラブでデビューを果たしたシミッチは、セリエAのインテルナツィオナーレ・ミラノとACミラン、リーグ・アンのASモナコに在籍し、2010年に古巣ディナモ・ザグレブへと戻り、同年で引退した。ダリオ・シミッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジェ・ジェズス

    ジョルジェ・ジェズスから見たACミランACミラン

    2008年5月にはCFベレネンセスの監督の地位を離れたが、その翌日にはSCブラガ監督に就任した。2008-09シーズンは優勝したFCポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンや2位となったスポルティングの本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデから勝ち点を持ちかえるなどし、リーグ戦ではUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得できる5位を確保した。名称変更前のラストシーズンとなったUEFAカップのグループリーグでは、ACミラン(イタリア)、VfLヴォルフスブルク(ドイツ)、ポーツマスFC(イングランド)、SCヘーレンフェーン(オランダ)と同組となった。5クラブ中3位となり、ポルトガル勢で唯一決勝トーナメントに進出すると、決勝トーナメント1回戦ではスタンダール・リエージュ(ベルギー)を破ってベスト16となった。UEFAカップでのハイライトはホームでポーツマスFCを3-0で下した試合であり、またロスタイムの失点により0-1で敗れたサン・シーロでのACミラン戦である。ジョルジェ・ジェズス フレッシュアイペディアより)

  • ズボニミール・ボバン

    ズボニミール・ボバンから見たACミランACミラン

    ユーゴスラビアのディナモ・ザグレブでプロデビューし、19歳にしてキャプテンを務めた。1990年5月13日、クロアチアとセルビアの対立を背景にしたディナモ・ザグレブ対レッドスター・ベオグラードの試合で起こった暴動の際に、セルビア側の警官隊と乱闘を起こし、9か月間の出場停止処分を受け、ワールドカップ・イタリア大会を棒に振った。1991年、謹慎が解けると才能を見込まれてセリエAのACミランへ入団。1年間バーリへレンタル移籍した後、ACミランに加入、当初は度々外国籍枠に悩まされ、出場は限られた。1993-94年シーズンは徐々にレギュラークラスの選手となり、リーグ優勝決定のウディネーゼ戦ではボレーシュートを決めるなど、リーグ優勝とチャンピオンズリーグ優勝の二冠に貢献した。1994年のトヨタカップ、CAベレス・サルスフィエルド戦では決定機を逃した。ミランでは1995-96年、1998-99年のセリエA優勝にも貢献した。しかし怪我などで徐々に出番を失い、2001年よりセルタへ移籍したが、アレクサンドル・モストボイの存在もあり、ここでもサブでの出場に限定され、シーズン途中に突如引退した。ズボニミール・ボバン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手)

    アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手)から見たACミランACミラン

    アンドレア・コンティ(Andrea Conti, 1994年3月2日 - )は、イタリア・レッコ出身のサッカー選手。ACミラン所属。ポジションはDF。アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ジェルソン・ベルガラ

    ジェルソン・ベルガラから見たACミランACミラン

    ジェルソン・ベルガラ(Jherson Vergara Amú, 1994年5月26日 - )は、コロンビア・フロリダ出身のサッカー選手。ACミラン所属。ポジションはDF。ジェルソン・ベルガラ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ロカテッリ

    マヌエル・ロカテッリから見たACミランACミラン

    マヌエル・ロカテッリ(、1998年1月8日 - )は、イタリア・ロンバルディア州レッコ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。ポジションはMF。マヌエル・ロカテッリ フレッシュアイペディアより)

  • アンジェロ・コロンボ

    アンジェロ・コロンボから見たACミランACミラン

    アンジェロ・コロンボ(Angelo Colombo、1961年2月24日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。ACミラン、ウディネーゼ・カルチョなどで活躍し、グランデ・ミランの中心選手を務めた。しかし、代表に招集されないまま引退した。アンジェロ・コロンボ フレッシュアイペディアより)

796件中 51 - 60件表示

「ACミラン」のニューストピックワード