572件中 51 - 60件表示
  • マウリツィオ・ガンツ

    マウリツィオ・ガンツから見たACミランACミラン

    セリエAを代表する点取り屋であり、「いつもゴールを決める男」というあだ名がある。サンプドリアデビュー後はインテル、ミラン、フィオレンティーナを含む多くのクラブを渡り歩き、2007年に引退した。現役通算469試合204得点。息子にシモーネ・アンドレア・ガンツがおり、現在ミランのプリマヴェーラに所属している。マウリツィオ・ガンツ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンマルコ・ジゴーニ

    ジャンマルコ・ジゴーニから見たACミランACミラン

    しかしながら、セリエBのクラブではあるもののトップチームでのスタメンでの起用は少なく結果的にこのシーズンを僅か2ゴールで終えた。ところが、才能をACミラン、インテル、ユヴェントス等、ビッグクラブのスカウトに認められ、競合の末にACミランが獲得、2009-2010シーズンにはミラノへと活躍の場を移している。ジャンマルコ・ジゴーニ フレッシュアイペディアより)

  • ドメニコ・モルフェオ

    ドメニコ・モルフェオから見たACミランACミラン

    ドメニコ・モルフェオ(Domenico Morfeo、1976年1月16日 - )はイタリア、ロンバルディア州ベルガモ県出身で、ACミラン、インテル・ミラノやパルマFCに所属したサッカー選手。ポジションはMF。ドメニコ・モルフェオ フレッシュアイペディアより)

  • フィニンヴェスト

    フィニンヴェストから見たACミランACミラン

    1986年にシルヴィオ・ベルルスコーニはサッカークラブ運営会社ミランを手に入れ、1988年には、イタリアで最も大きな百貨店の一つスタンダ(1997年に譲渡)を取得した。1995年にはメドゥーザ・フィルムを起こし映画製造配給業に参入した。1996年にグループは、パージネ・ウーティリの初版を発行しディレクトリ業界に参入した。フィニンヴェスト フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・チリッロ

    ブルーノ・チリッロから見たACミランACミラン

    レッジーナのユースで育ったチリッロは1996-97シーズンにローンで移籍したセリエC1のトリカーゼ・カルチョで初めてトップチームでプレーする。2シーズンのレンタル中リーグ戦54試合に出場した後、レッジーナに戻るとそのシーズン32試合に出場し大きく成長する。翌シーズンも同様の活躍を見せると冬に国内屈指の名門、インテルナツィオナーレ・ミラノに引き抜かれる。インテルでも出番をもらったが結局2001-02シーズンにUSレッチェへ移籍、さらに同年冬には古巣、レッジーナにレンタル、翌シーズンから2年間ACシエナにレンタルとチームを転々とする。2005-06年からはギリシャの名門AEKアテネへ移籍、久々にヨーロッパの舞台へ戻る。2006-07シーズンはACミランを欧州チャンピオンズリーグで完封するなど活躍し、07-08シーズンスペインのレバンテUDに移籍した。しかしレバンテでは給料未納やイタリア人監督更迭など問題が多く発生し、冬に他の主力選手同様移籍、再びレッジーナでプレーしている。ブルーノ・チリッロ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ブロッキ

    クリスティアン・ブロッキから見たACミランACミラン

    地元のACミランユースにおいてキャリアをスタート。レンタル移籍を経て1998年には当時セリエBのヴェローナへと売却される。そのシーズンにチームは昇格し、ブロッキはセリエAの舞台で1年間戦った。その活躍をインテルに認められ移籍。翌シーズンには古巣のミランへと戻ることになった。クリスティアン・ブロッキ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィデ・アストリ

    ダヴィデ・アストリから見たACミランACミラン

    ミラン・プリマヴェーラ出身、他の名門クラブのユース選手同様下部リーグのセリエC1、ピッツィゲトーネでキャリアをスタート。チームはセリエC2に転落してしまうが、準レギュラーとして活躍、翌年もC1のクレモネーゼへ移籍。2年のC1での活躍により2008年からはセリエA、カリアリ・カルチョへ移籍。1年目はあまり出番が無かったものの2年目からはマルケッティ、カニーニらと共にDFラインを形成し古巣ミランへの復帰も囁かれていた。2011年6月22日、入団4年目にしてミランから保有権を買い取り、完全移籍となった。ダヴィデ・アストリ フレッシュアイペディアより)

  • 俺たちのフィールド

    俺たちのフィールドから見たACミランACミラン

    ブラジルから帰国後、ヴェルディに入団、1993年のJリーグ開幕前から「ミスター・Jリーグ」と呼ばれた。鹿野からその豪胆さを買われ、代表に抜擢される。初代表にしてハットトリックを果たすなど頭角を現すが、ドーハの悲劇を経験。さらにヴェルディから移籍したセリエAのACミランでダミアンを始めとした世界レベルのプレーを肌で感じ、正規の代表ではW杯には出場できないと考え、才能ある若手を自ら選出したリザーブ・ドックスを結成。その後、海外で非公式な強化試合(一応、試合の申請に必要な資金は日本サッカー協会から出資されている)を重ね、そのレベルを上げていく。1997年アジア最終予選では足を骨折しながらもゴールを決めている。俺たちのフィールド フレッシュアイペディアより)

  • ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ

    ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァから見たACミランACミラン

    その直後にACミランへの移籍を果たすが、2000年から2シーズンでリーグの出場試合は僅かに1。イタリア語でのコーチングがままならず、コリンチャンスへ戻されてしまう。しかし、1シーズンもかからない内にミランに復帰。復帰直後の2002-2003シーズンにはクリスティアン・アッビアーティからレギュラーを奪取。カルロ・アンチェロッティ監督の信頼にこたえて、リーグ30試合に正GKとして出場。リーグは3位で終えたものの、UEFAチャンピオンズリーグとコッパ・イタリアの2冠を達成。チャンピオンズリーグ決勝ではユベントスとのPK戦で自身のセーブ、相手のミス併せて3度シュートを防ぎ、3-2で勝利を掴んだ。ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • カルチョ・スキャンダル

    カルチョ・スキャンダルから見たACミランACミラン

    ユヴェントスのルチアーノ・モッジ元 GM やアントニオ・ジラウド元 CEO らが主犯格とされ、組織的に審判(主審、副審)を買収、脅迫し、自チームに有利な判定を行うよう指示していた。また、イタリアサッカー協会 (FIGC) の元会長であるフランコ・カッラーロや審判協会 (AIA) の元会長であるトゥッリオ・ラネーゼもこれに協力していたとされており、イタリアサッカー界の腐敗体質が世に知れ渡ることとなった。ユヴェントスの他にも ACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオ、レッジーナが関与していた。カルチョ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

572件中 51 - 60件表示

「ACミラン」のニューストピックワード